目の下の隈を自然に隠す方法

· 6月 25, 2015

 

目の下に隈やたるみがあると、実際に疲れていなくても人からはそう見られてしまうものです。時には顔のお手入れがしっかりされていないように見られたり、隠すのに苦労しすぎてストレスが溜まってしまったり、というのが隈に悩んでいる方の現実でなはいでしょうか。

 

 

隈が顔にできる原因としては、睡眠不足が挙がります。しかし他にもアレルギー、遺伝性、医薬品の副作用、水分の停滞などが挙げられます。

 

ここでは自然な方法で、どうやって隈や目の下のたるみを防ぐことができるか見ていきましょう。

 

 

目の下のたるみ、隈に別れを告げる方法

隈2

 

・バランスの取れた食事を心掛け、塩分の多い食べ物を控えて1日に最低2ℓのを飲みましょう。

 

・仰向けで寝て下さい(仰向けになることで、目の部分の水分が溜まらないようにするため)隈を防ぐには、最低8時間は睡眠をとりましょう。

 

・スプーン2つを冷凍庫に入れて一晩置いてください。翌朝起きたら冷凍庫から取り出し、顔を上げての下にそのスプーンを置いて下さい。冷たくなくなるまで約5分間置いて下さい。温度0度のスプーンを当てることで血管を収縮して目の腫れを抑えてくれます。

 

用の塗り薬を目の下の隈の気になる部分に午前中に1回塗ってください。抗炎症成分によって目の腫れぼったさを無くし、しわやたるみを目立たなくすることができます。

 

・コップに入った冷たい緑茶に布巾を浸けて、目のところに充てて20分放置して下さい。仕事から家に帰ってきた時に充てるのが理想です。緑茶が目の周りの血液の循環を良くして腫れを抑制する効果があります。

 

隈3

 

・朝起きたら水をさっと目に振りかけて、そこに生のじゃがいもか輪切りにしたきゅうりを充てて10分ほど放置すると、目の隈が目立たなくなります。週に3回は実践しなければなりません。

 

・薬指で各目10回ずつ、目の下の部分を内側から外側にトントンと刺激を与えて下さい。目の部分に溜まった水分を分散させて循環を良くします。

 

2個分の卵白を目の下のところに塗って乾くまで放置して下さい。ぬるま湯でしっかりゆすいだら、乾かしながら先ほどのように指で刺激を与えます。卵のビタミンBが目の周りの血液の循環を良くします。

 

隈に効く有効手段

隈は不健康な生活を送っているとできる症状の1つです。不眠症、栄養失調、皮膚の問題が原因であることが多いです。隈を防ぐには、以下のアドバイスを参考にしてみて下さい。

 

・睡眠をしっかり摂る

体はもちろん、皮膚や脳をしっかりと回復させることができます。

 

・水分をたくさん摂る

それにより、肌に潤いを与え、ハリと弾力さが増します。また体の毒素を排除することができます。

 

・健康的な食生活を送る

ダイエットと肌には密接な関連があります。隈で悩んではいけません。ミネラルとビタミンをたくさん摂れば顔に輝きを取り戻せます。

 

・肌の色素沈着を取り除くために自然素材の美白剤を使ってください。即座に効果をもたらすきゅうりとじゃがいもの汁を利用することもできます。

 

・ティーパック

どの種類でも大丈夫ですが、まず、いつも作るようにお茶を入れたらその後、置いて冷まします。そのお茶を布巾に少し湿らせて目の下の部分に塗って下さい。直接目のところに置くこともできます。そうすると目の腫れが引きます。

 

・スプーン1杯分の粉ミルクとはちみつを混ぜてペースト状のものを作り、気になる部分に塗りましょう。15分ほどそのままおいて、ぬるま湯でしっかりゆすいで下さい。

 

 

隈や目のたるみを化粧できれいに隠す秘訣

 

これまで紹介した家庭でできる簡単な方法や、良い習慣を実践して効果を待つ一方、化粧できれいに隠すコツをご紹介しましょう。

 

優れたメイクアップは肌に奇跡を起こせる、それは確かです。

お店などでは隈消し用の商品がたくさん売られていますが、これらは常にあなたの肌に合っているものとは限りません。中には顔にマスクを着用しているかのように見えてしまうものもあります。かな隈を隠せるものもありますが、肌が白い方には問題があります。なぜなら、白い肌に合う色のトーンが無いからです。あなたがプロのメイクアップアーティストでない限り、この『パンダ効果』に悩まされることでしょう。これは目の周りのトーンが明るい色か暗い色かによって地肌の色にコントラストが出てパンダのように見えるためパンダ効果と呼ばれています。

 

隈7

 

そんなパンダ効果を避けて、同時に醜い隈を隠すには、きれいに顔を洗って化粧水などで肌を潤した後、いつも使っているファンデーションを指の腹でトントンと軽く叩くように肌に乗せていきましょう。しっかり隠せているかどうか確認して数分置いて下さい。それからまた化粧を続けます。こうすると、上から塗ったファンデーションが初めに塗った部分を上塗りして台無しにすることを防げます。できれば隈の部分を避けて顔全体にファンデーションをなじませることをオススメします。隈の部分は化粧用の柔らかいブラシなどを使ってそっと優しくなじませましょう。

そうすることで隈と地肌の色のトーンの違いを目立たなくして、隈部分がシミのように見えるのを防ぐことができます。さらに念を入れてパンダ効果を避けたいなら、明るいトーンや輝きを出せるミネラル入り化粧パウダーを、顔全体にぼかして使うと良いでしょう。

もし、隈の部分の色のトーンが少し明るいなと思ったら、目の下から顎にかけてチークを入れましょう。そうすることで、あまり見て欲しくない部分に視線が集中するのを避けられます。目立つ赤いリップなどを塗っても良いでしょう。

 

あなたへおすすめ