人生の後半を健康的に過ごす方法

7月 4, 2018
自分自身とその人生を見直すのに「早すぎる」ことや「遅すぎる」ことはありません。 たばこや過剰なアルコール摂取を避け、運動を継続して行うことで人生の後半を健康的に過ごすことができます。

人生の後半にさしかかったときに、より健康な生活を送るのはさほど難しいことではありません。まだ人生の後半にさしかかっていない場合は、今からある一定の良い生活習慣を始めるだけで、人生の後半に入っても健康に過ごすことができます。

人生の早いうちに健康的な良い生活習慣を身に付けることで、これまでの悪習慣による負の影響を予防して、潜在的な病気のリスクを低下することができます。

誰でも人生の後半、そして老後を迎えますが、若いうちに行った「ツケ」が年齢を重ねると現れるという事実は否定できません。しかしその事実を認識して、今から良い習慣を始めることが大切です。

本記事では、人生の後半を健康に過ごすためにできることについて説明します。

運動

健康的に年齢を重ねるために大切なことの一つは、疑いもなく「運動をすること」です。

人生の後半に向けてプロのスポーツ選手を目指すような運動をする必要はありませんが、運動を毎日の日課に加えることが大切です。

ジムに入会し、エアロビクス、ズンバ、または自転車クラスなどに参加するのはいかがですか?

またジムが苦手な方は、自然の中でのランニングやサイクリング、または1時間から1時間半程度のウォーキングなどがお勧めです。

運動はスタイルを維持して見た目を良くするのに役立つだけではなく、人生の後半を健康的に過ごすのに役立ちます。

また、運動はストレスを解消して心がリラックスする効果があるため、より幸福感を感じて精神面のバランスを保つホルモンであるオキシトシンを放出するのに役立ちます。

こちらもお読みください:リラックスと安眠のための呼吸法

健康的な食生活

健康的な食生活

人生の後半を健康的に過ごすために大切なのは、食べるものに注意を払うことです。

「あなたが食べるものがあなたの体を作る」という言葉を聞いたことはありませんか?

外見ばかりに気を配るのではなく、自分の体の中に入るもの、つまり食事に気を配り体の内と外の両方の健康を目指しましょう

毎日の食事には野菜や果物を積極的に摂取し、できる限りオーガニックで自然な食品を食べましょう。

ハンバーガーやピザなどが食べたい時は、外食するのではなくできる限り手作りをすることをお勧めします。自宅で手作りすることで、健康的に美味しく食べることができるだけではなく、実はお金の節約にもなります。

ジュースや炭酸飲料などの甘い飲み物を避け、その代わりに水やハーブティーを選ぶことも不可欠です。

好きなものを全て我慢しなくてはいけないわけではありません。好きなものを全て食べずに健康的に生きるのではなく、体に悪い不健康な食べ物や飲み物は、「時々」楽しむようにするというバランスが大切です。

健康的な食生活を維持しながら、時折小さな喜びとして不健康ながら自分の好きな食品を食べることで、高コレステロール、糖尿病、食品への不耐性および他の多くの健康問題を発症するリスクを低下する効果があります。

こちらの記事もご参考に:時系列で見る禁煙の効果

不健康な生活習慣を避ける

不健康な生活習慣

 

飲酒や喫煙など、体には有害ながら社会的に受け入れられている生活習慣があります。しかしこれらの習慣は 健康に有毒であるだけでなく、ときには中毒症状などの、重大な健康被害を引き起こします。

頻繁にアルコールを摂取する人は、肝臓へのダメージを認識することが大切です。

食生活と同様に、アルコールの影響はすぐに現れるわけではありませんが、時間の経過とともにその悪影響が現れます。

喫煙習慣のある人は、肺がんに罹患するリスクが非常に高いことを留意してください。

飲酒や喫煙などの健康に有害な生活習慣は、一度にやめることが無理でも、徐々に量を減らして最終的にやめることが大切です。

人生の後半を健康的に過ごすために今すぐ始めるべきこと

健康的な人生

人生の後半を迎えた時、または老後と呼ばれる人生の時期に到達したときに質の高い健康的な生活を送りたいのであれば、本記事でご紹介した生活習慣を実践することが大切です。

運動、健康的な食生活、そして健康に有害な生活習慣の改善が大切です。

「有害な悪習慣」と言っても個人差があります。飲酒や喫煙の習慣がない人でも、パン類や菓子類などの加工食品の摂取が多い人もいます。

本記事を参考に自分の生活を見直し、人生の後半を健康的に過ごすための第一歩を踏み出しましょう。

 

あなたへおすすめ