ジャガイモの健康効果

7月 27, 2015

 

ジャガイモは、米、小麦、トウモロコシに続き、世界で4番目に消費されている食材で、様々な料理に使用されています。ジャガイモは美味しくて調理が簡単なだけでなく、栄養価に富んでいます。ジャガイモの健康効果をここで見てみましょう。

ダイエットに効果的

ダイエットをお考えですか?  ジャガイモには炭水化物や様々な栄養素が入っています。つまり、体に悪い食べ物ではなく、逆にたった26キロカロリーのジャガイモを適切に調理すれば、食事の素晴らしい選択肢となるのです。また、満腹感が長続きし、食欲を抑えることが出来ます。

ストレスを軽減する

ジャガイモは細胞の修復、健康的な神経系の形成及び精神の均衡を司るビタミン6が豊富です。ジャガイモ100 gをオーブンで焼くだけで、1日に必要なビタミンの21%を摂取できます。さらに、ジャガイモはGABA と呼ばれる、 ストレスを減らして脳をリラックスし、休ませるホルモン(ガンマアミノ酪酸)も生成します。

炎症鎮静効果

身体の内外部に慢性的な炎症を患っている時は、ジャガイモの効果を活用しましょう。オーブンで焼いたジャガイモは消化に優しく、消化器系の炎症を沈静します。生のジャガイモを患部に優しく擦るだけで外部の炎症(口内炎も含む)も緩和できます。

脳機能を改善する

ジャガイモを食事に取り入れることで、活動全般と健康に良い影響を期待できます。銅と鉄分が豊富なので、脳の活動が活性化されます。 ジャガイモを皮ごとオーブンで焼き、塩をかけずに召しあがると、記憶力の上昇にもつながります。ジャガイモに含まれるマンガン、カリウム、ビタミンB6及びCは脳機能を促進し、脂肪酸とアミノ酸には中枢神経が反応して活動が高まります。

胃腸を健康に保つ

ジャガイモは食物繊維が豊富で、適度に使用すると非常に優秀な効果を発揮する食材の一つです。ジャガイモ1つをオーブンで焼くだけで、食物繊維の1日推奨摂取量のおよそ12%を摂取できます。これは、全粒穀物、パスタ、シリアルの分量に相当します。

ポテト

ジャガイモの効果を最大限に生かすには、できるだけ調理したりオーブンで焼いて食べましょう。また、皮ごと食べると、食物繊維、フラボノイドなど、様々な栄養素をさらに摂取できます。フレンチフライなど、ジャガイモを油で料理するのは避けましょう。油は動脈を塞ぎ、カロリー値も上昇して不健康です。

 

写真提供:Buzz Hoffman様、rkazda様

あなたへおすすめ