記憶力をアップさせる方法

· 3月 31, 2017

記憶は脳の中でも特に複雑かつ重要な機能です。脳のこの部分に関しては、未だにはっきりとわかっていないこともあるのは事実ですが、活性化させ、正常に機能させる方法を知っておくと良いでしょう。何もしなければ、年をとるにつれて記憶の喪失、記憶力の低下が始まるのです。今日は、記憶を改善する方法について見ていきましょう。

チョコレートを食べる

様々な研究の結果によると、純粋なチョコレートを食べることで私たちの体の認知機能が効果的に改善されるというのです。カカオには私たちの健康、特に記憶力を上げる、血圧を下げる、肥満を防ぐといったことに対し非常に効果的な物質、フラボノイドが豊富に含まれているからです。

心地よい音を聞きながら眠る

ドイツで行われた研究によると、緩やかな脳波のリズムと同期する音を聞きながら眠ると、脳波が強くなり、結果として記憶力がアップするそうです。

ヘッドホンの音量を調節する

大音量は耳に良くなく、難聴の原因とだけでなく、記憶力にも良くない影響を与えます。ラット実験によると、大きい音は2つの認知機能と関連する脳の細胞に影響を与えうるということがわかっています。わずか2時間集中的に95〜97デシベルの大音量を聞くだけで細胞レベルでダメージを受けてしまうのです。

お腹の脂肪を取り除く

お腹に脂肪がついてしまうと困るのは、心臓の健康、循環系のトラブル、見た目の問題だけではありません。記憶力にも影響を与えてしまうのです。幾つかの研究の結果によると、お腹の脂肪の代謝を任されるタンパク質は記憶や学習能力の機能をも司るのです。

肝臓と脳の間には、その両方に機能する分子があります。この分子はPPARと呼ばれています。お腹の脂肪を代謝しなければいけない場合、脳のタンパク質を取り除いてしまうこととなるのです。つまり、記憶力にダメージを与えてしまうのです。だから、お腹の脂肪が蓄積されないように調整することが大切なのです。

クロスワードパズルをする

クロスワードパズルは記憶力の改善、維持に良いとされています。健康に悪い影響を与えるような様々なトラブルを予防し、精神を集中させる効果があるからです。精神をエクササイズすることで精神が強くなり、きちんと機能することができるのです。クロスワードパズルや言葉探しゲームなど記憶を司る部分を活性化させるアクティビティを1日数時間行うと良いでしょう。