意志の力を高める4つの方法

· 10月 20, 2018
意志の力は、変化を受け入れ新しいことに適応します。この力は、育て向上させることが出来ます。目標を決めてチャンスを無駄にしないことが己を律する力を維持していくのを助けてくれます。

挑戦しようとする目標が、思った以上に大きく見えることは誰にでもあります。それで悲観的になってしまい、挑戦すらせずその前に諦めてしまうこともよくあるでしょう。恐れやおののきは自然なものです。しかし、そうした不安をコントロールしていくことはできます。もちろんたやすいことではありませんが、不可能でもありません。そういう時に、意思の力、自分を律する力が大変重要になってくるのです。

意志の力を強くするためにおさえるべき4つのステップをご紹介しましょう。

1.考えたら動く

クエスチョン 意思の力

スティーブン・スピルバーグ監督のシンドラーのリストでもあるように、「コントロールはパワーだ」という名言は先ほど述べたことを説明するには最適です。

不可能に見えるものを達成するために、意志の力が必要となるのです。

それは、ただ自分を納得させることでなく、行動することです。決断することとと実際に行動に移すことの間には大きな差があり、決めても行動しなければ、目標を達成することはできないでしょう。

 

こちらの記事もオススメです:車の運転が怖いのはなぜ?:運転恐怖症とは

2.信じることをやめない

パソコンの前で考える人 意思の力

意志の力は頑固さではありません。そして、目標達成のための計画もなしに前に進み続けたり、ミスをし続けることでもないのです。

意志の力は変化を受け入れ、新しいことに適応することです。そして、全てが期待通りに結果を生み出す訳ではないことを理解し、それでも前進し続けるでしょう。

人は誰でも、すぐに結果が見えることや見返りが近い将来にあることに向かって動きがちです。しかし、長期的に私達を本当に満足させるのは、前へ進み、大成功を成し遂げるために行動することです。

言い換えると、私達は100m走に出るか、マラソンに出るか選べるのです。

目標を決める、その道のりを上手く調整する、チャンスを利用する、プランBやプランCを柔軟に使うといったことは、意志の力を生み維持していくためのツールとなります。

振り返ることなく前進して、目標を見失わずに自分を律することは、成功を掴むために非常に重要なことと言えるでしょう。

3.スポーツは最も良い例

靴ひもを結ぶ 意思の力

ちょっと気を付けて周囲を見てみると、意志の力を表す例があふれています。家族や友人が、困難に直面し、それを乗り越えていく姿。もっと大きく見てみても、世の中には意思の力を体現する良い例がたくさんあります。トップアスリートたちはそういう好例でしょう。

例えば、アルゼンチンのサッカー選手、リオネル・メッシ。現在では彼がどれほど才能に溢れているかは皆が知っていることですが、身体的接触の激しいスポーツで、少年期から身長で大変に苦労してきた彼が行ってきた努力も忘れてはいけません。今では、誰も彼の達成してきたことを疑う人はいないでしょう。

メッシは自分の競争力を向上させ、管理出来るという才能を持っているのです。

彼は勝ちたい、強くなりたい、そしてサッカーで成功したいという願望の為に、成長に関する問題を克服しました。問題に気づき、それを解決することは最も重要なことなのです。

才能を持つだけでは足りません。目標を達成したいという願望とその為の努力も持たなければいけないのです。

こちらの記事もどうですか?:ネガティブ思考を改善する方法

4.忍耐は神の味方

砂時計 意思の力

初めて失敗する人の多くが諦めてしまいます。これは一般的ですが、後悔を生むミスでもあります。そして、自分の望むことに闘い続ける自信が無いので、負けてしまったと感じるのです。

目標は非常に要求が厳しいものでなくても構いません。

例えば、ダイエットをするという目標は、誰もがもちろん難しいことが知っていますが、不可能ではありません。自分をコントロールするという自制の力はここで役割を果たします。今まで続けていたパターンを壊してしまう誘惑がやってくることは自然なことですが、そこで、その問題にある心が非常に大切になるのです。

最終的に、全ての問題に対処して目標を達成する時、あなたは自分自身に前例(経験)を作ります。これこそが、人間が学び、以前困難に見えていたものがそうでないと理解できる瞬間でもあります。

そしてその瞬間、今まで流した汗と涙に価値があったこと、意志の力は達成の為に自分の味方になってくれていたのだということがはっきりと分かるでしょう。