不安をコントロールするための5つのススメ

· 4月 8, 2018
不安は感情のバランスを乱したり、感情を支配することがあります。しかし、その影響が逆転することもあるのです。今回の記事では不安をコントロールするための5つのススメを紹介していこうと思います。

まずあなたに知ってもらいたいのは、不安は人間にとって必要なものということです。これは、困難な状況に直面した時に制御してくれるメカニズムとして考えられており、特に恐怖に敏感です。

ですので、警告するような出来事が起こった時、体が不安を感じるのは自然なことです。しかし、不安はその役割を失い私達を圧倒する可能性もあるのです。

そうなると、警告を促すメカニズムが役割を失い、不安という精神状態に変わってしまいます。このような状態になってしまうのは多くの原因が関係しますが、主に3つのグループに分けることが出来ます。

体質的要因

  • 生物学的、遺伝的な原因
  • 社会との関係や学習
  • 性格や生活習慣

活動的要因

活性的要因

  • 薬物、または刺激物の服用
  • 目標達成における問題
  • 大きな努力、または変化が必要だという認識

保持的要因

  • 推測能力の損失
  • 非生産的な解決方法
  • 問題への不適切な対処

不安について

不安の状態とうつ病は、多くの症状が一致するため、関係性があると言われています。

言葉に出来ない疲労感、発汗、動悸、そして眠気などは不安を示す主な症状で、これはあなたの生活の質を低下させてしまう専門的な治療の必要な病気です。

不安をコントロールする方法

不安は複雑な問題ですが、その症状を和らげるために多くの方法が存在します。

これから紹介する不安を対処するのに最も役に立ってくれるおすすめの方法を実践して、効果の有無を確かめるのは大切なことです。もし悩んでいるのなら見逃さないようにしましょう。

感情を表現する

不安を抱えた人の最も一般的な症状の一つに、考えや感情を表現することが出来ないというものがあります。そして、この問題を抱えたままだと抑圧された態度をとってしまうのです。

感情を表現する

その為、出来る限り感情を表現するよう心がけることをお勧めします。家族など、あなたにとって最も身近な社会の輪の中で練習を始めるのが最善の手段です。

進歩が徐々に見られてきたら、少し目標を上げてみましょう。友人や知り合いにあなたの気持ちを表現出来るようになると不安も解消されていきます。

感情や考えを書く

不安の症状は何もあなたの感情を会話の中で聞いてもらったり、理解してもらわないと改善しないわけではありません。そして、気持ちを話す代わりに、感情を書き綴ることで効果が得られることもあるのです。

この方法は特に人前で話したことが無い人に効果的です。どんな時でもノートとペンさえあれば、あなたの事や周りの人のことを書き出すことが出来ます。また、考えを表現するのにマナーを気にする必要もありません。

この段階よりさらに進みたいと思ったら、日記をつけるのも良い方法です。日記をつけるとあなたの成長や進歩が1日ずつ確認出来るのでより分かりやすくなります。

自分のことを知る

不安の症状を和らげる方法は多く存在しますが、大事なのはその量より質です。

どの方法も不安を抑える効果を持っていますが、自分に合っていなければ期待した結果は得られません。しかし、どのようなケースでも、自分自身について知ることはとても良い方法と言えます。

これはどんな時でも実践することが出来る方法で、たとえ不安を感じていなくても、その時間を何が不安の原因なのかを理解する為に費やしてみてください。

自分の事を読み取ることはその原因を突き止めるのに非常に良い方法です。あなたの症状や状態を確認したり、決断を下す為のチャンスだと捉えて自分を知るように努力しましょう。

笑う

幸せなことを求めるのはストレスを軽減し、不安も抑えてくれるシンプルな方法です。

笑う

そして、面白いことは幸せへのステップであり、笑顔はあなたに良い効果をもたらしてくれます。特に、その笑顔が心の底から溢れるものだとより良いでしょう。

笑ったり、面白いことを言うと不安を和らげるだけでなく、人生が社会的にも、心理的にもシンプルになります。

運動をする

運動をすることで分泌されるホルモンの量はとても高いです。そして、そのホルモンには幸福感や喜びを担うエンドルフィンが含まれています。

その為、運動をして体を動かすことは不安の症状を抑えるにはとても効果的な方法なのです。