心が迷ったときに自分に問いかける5つのこと

7月 1, 2017
心が迷ったときは一度立ち止まって、自分自身を見つめ、自分が本当にしたいことや、大切に思っていることは何か、ゆっくり考えてみましょう。

あなたは今どんな気分ですか? この記事のタイトルを見て、このページを開いたあなたは、もしかすると何かに迷っているか、心が少し疲れているのではないでしょうか?

はじめにお伝えしたいことは、心が迷うのは誰にでもあることで、心配する必要はないということです。

人生において、自分がどうしたらよいのかわからなくなる瞬間は、誰もが経験します。たとえ、素晴らしい家族や友人に囲まれていて、望んだような仕事を手にしていたとしても起きることです

あなたが今まさに、心が迷っている最中なら、これは決して悪いことではなく少し立ち止まって、自分を見つめるために良いタイミングであると知っておいてください。

あなたは、人生において最も重要な人物の一人:他でもないあなた自身を見失っていませんか?

この記事でご紹介する5つの問いが、進むべき方向を見つけるための助けになるかもしれません。

1. 今、人生をもっと楽しくハッピーにするにはどうしたらいい?

私たちは時々、自分の責任や、周囲が自分に対して抱いている期待にとらわれて、心が迷うことがあります。

周りとの関係を大事にするのは、もちろん悪いことではありません。しかし同時に、人生においては、自分自身の幸せや楽しみも大切にするべきであるということを忘れないでください。

自分が関わっている色々なことについて、少しだけ心配してもよいですが、何よりもまず、自分が幸せになれること、楽しいと感じることを大切にしてください

日々の小さなことは、良くも悪くも私たちの気分に影響します。心が疲れていると感じているときは特に、趣味を楽しんだり、好きな音楽を聴いたり、映画やドラマを見てユーモアを楽しんだりと、毎日少しずつでよいので、心の栄養になる時間を取るようにしてください。

2. 夢を叶えるために、どんな代償を払えるだろうか?

もしかするとあなたは、プロジェクトを成功させるためや、あなたのを叶えるために、あまりにもがんばりすぎていて、その結果心が迷っているのかもしれません。もうあきらめた方がよいのだろうか?という言葉が心をよぎっているのかもしれません。

何かをあきらめる前には、「これをやめた結果何が起きるか?」と考えることが大切です。

目標を実現するために、どれだけの犠牲を払えるだろうか?時には多大なストレスを感じるかもしれないし、人間関係にも影響するかもしれない。それでも求める価値があるものなのか?と一度じっくり考えてみましょう。

夢や目標を追うことも、あきらめることも、決めるのは他の誰でもないあなた自身です。自分自身が納得できるかどうか、ということを第一に考えましょう。

3. 夢を追い続けるために、どんな代償を払えるだろうか?

これは一つ前の問いと関連しています。

夢を追い続けることは、時にはストレスや疲労をもたらします。

また、時には何かを得るために、何かを手放さなければいけなくなるかもしれません

この場合も、それをやめることのメリットとデメリットについて考えてみましょう。また、無限にある他の選択肢に一度目を向けてみることも大事です。

感情に走らず、できる限り客観的に分析しましょう。あなたが夢を追い続けることで、家族や友人にも何らかの影響がある場合は、そのことについても考える必要があります。

繰り返しになりますが、決断を下せるのは他の誰でもないあなたであることを心に留めておいてください。そして、どんな道を選ぶにしても、それがもたらす結果を意識し、自分の心を見つめ、焦らず、穏やかな気持ちでゆっくり考えましょう。

4. なりたい自分に近付くために、できることは何?

あなたの心が迷っているのは、あなたが本当に大事に思っていることと、あなたの行動とが一致していないせいかもしれません。

何か決断をするときに、自分に嘘をついたのかもしれません自分の気持ちを無視して、何かしたくないことをしたのかもしれません

あるいは、目的に心がとらわれるあまり、他の大事なことを忘れてしまったのかもしれません。

そんなときは一度立ち止まって、自分がなりたい自分になるにはどうしたらよいか、考えてみてください。毎日を少しずつ、もっと幸せで楽しいものにしていくためには、あなたの持っている強さや情熱を、どうやって生かしていったらよいでしょうか?

なりたい自分に近付こうと努力することで、毎日はもっと充実していきます。

5. 自分自身についてどう感じている?

心が迷い、混乱して、どうしたらいいかわからないとき、この問いに簡単には答えられないかもしれません。しかしこの問いが、進むべき方向を見つけるカギでもあります

他人の意見はしばらくの間忘れて、自分自身だけを見つめてみてください。例えば、「自分のしていることを誇りに思っているか?」「それをしているとき本当に幸せか?」「親しい人に、自分はこれをしていると自信を持って言えるか?」といった問いを、自分に投げかけてみましょう。

人生において正しくないこと―自分自身をだますことを続けていると、結果として自分の心が傷つくことになります。

迷ったときは焦らずに、ここまでご紹介した5種類の問いについて考えてみてください。どれもシンプルな問いのように思えるかもしれませんが、一度考え始めると、自分自身の心を深く掘り下げていくことになります

最も大切なことは、自分に正直になることと、自分自身を批判するのをやめることです。あなたの心が本当に欲していることに耳を傾けてください

あなたへおすすめ