ストレスと疲労に対処する10の方法

3月 24, 2016
ストレスが悪化するのを防ぐために、コーヒーを飲むのは午前中、一日1杯に留めておきましょう。ソフトドリンクよりも、ヘルシーなエネルギー源になるフレッシュジュースを選びましょう。

疲労は多くの場合一時的なもので、身体的な活動や、睡眠不足、栄養不足などの結果として現れます。しかし、その疲労が、消えるどころか長期間続き、あなたの通常の生活を妨げる慢性疲労へと発展する場合もあります。

慢性疲労は、病気、ビタミン不足、原因不明の鬱状態などさまざまな要因によって引き起こされます。しかし今回の記事では、ストレスが原因となる疲労に焦点を当てたいと思います。

日々のプレッシャーは上手に扱うことが難しく、私たちを消耗させます。しかし、生活習慣を変え、ストレスへの対処を最優先とすることによって、状況を改善することができます。食事に気を付け、以下のようなアドバイスに従うと、疲労からの回復も早くなることでしょう。ストレスと疲労に対処する方法を学び、今日から実践してみましょう!

1. レモンを搾ったお湯で一日をスタートする

これは体の中をアルカリ性にする理想的な方法で、毒素を排出し、免疫機能を強化します。レモンの果汁は、疲労やストレスに対処するためのビタミンとミネラルの宝庫です。朝起きたときにレモンを搾ったお湯を飲むことを、毎日、5日間続け、週末はいったん休み、翌週からまた始めましょう。やがて変化に気付くことでしょう。

2. オートミールはストレスに対処する優れた方法です

オートミールはビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれているスーパーフードです。また、神経系の機能に対する薬効があり、穏やかな鎮静作用のある、アベニンと呼ばれるアルカロイドが含まれています。オートミールで適切な栄養を摂り、よりリラックスした気分で一日を始めることで、慢性疲労を予防することができます。

オートミールのボウルに少量のアーモンドを加えることで、さらに効果を高めることもできます。

3. コーヒーは一日1杯にし、ソフトドリンクはやめる

コーヒー

コーヒーには天然の刺激成分が含まれており、抗酸化物質の含有量も高く、朝食と一緒にカップ一杯のコーヒーを飲むのは良いことです。あなたをすっきりと目覚めさせ、気分を向上させるのに役立ちます

しかし、コーヒーの飲みすぎに注意し、また、午後には飲まないようにすることが大事です。神経系の働きがストレスによって変化しているときに、コーヒーでカフェインを摂ることは、心の状態を悪化させます。また、ストレスや疲労に悩まされている人たちの多くは、健康上のリスクを認識することなく、リフレッシュするための手段としてソーダを頻繁に飲んでいるということも指摘する必要があります。

糖分の摂りすぎは(低カロリーの糖分だとしても)疲労の症状を悪化させます。砂糖が含まれている飲み物の代わりに、フレッシュジュースや、レモンを搾ったコップ一杯の水を摂るようにしてください

4. 毎日少しずつ運動する

疲れを感じているとしても、その疲労の原因がストレスである場合は、散歩、水泳、自転車、ダンスなどの運動をすることがとても効果的な対処法だということを覚えておきましょう。運動はエンドルフィン値を高め、心臓の健康も向上させます。

5. 夜は8時間眠り、午後に20分間昼寝をする

よく眠る

たとえ、なかなか眠れなくても、目を閉じて休息するようにしてください。あなたの体と心は休息を必要としています。規則正しく生活し、毎日決まった時間に食事をし、眠るようにしましょう。睡眠の質が向上し、ストレスや疲労の軽減にも効果があります。

6. 自然の中できれいな空気を吸う

一日のうち、短時間でもよいので、自然を楽しむ時間を作ってください。 屋外の、緑のある場所で、30分程度過ごし、新鮮な空気を吸いましょう。そよ風や太陽の光を感じ、深呼吸して心を空っぽにしてください。何も考えず、ただ穏やかな自然の中で過ごすことは、心を癒す高い効果があります。

7. 無糖のナチュラルヨーグルト

ギリシャヨーグルト

朝食や午後の間食として優れた食品であるナチュラルヨーグルトは、腸内フローラを再生し、セロトニンや、気分を向上させるホルモンの分泌を促進するのに役立ちます。

また、ストレスの軽減や、より良い睡眠のための体温の調節にも効果があります。

8. 無糖のダークチョコレート

抗酸化物質、カルシウムとマグネシウムの天然の供給源として、ダークチョコレートには疲労やストレスを軽減する優れた効果があります。チョコレートは皆大好きですよね!疲労とストレスに対処するために、数オンスのダークチョコレートをバッグに入れておきましょう。一日の適切な摂取量は1~2オンス(約28~56グラム)です。

9. 赤身の肉よりも魚を食べる

魚には、たんぱく質とヘルシーな脂質が豊富に含まれており、疲労やストレスに対処するために不可欠な食品です。毎日の食事に取り入れることをおすすめします。

サーモンやトラウト(ます)、イワシは、血中のコレステロール値を下げるのに役立ちます。また、ストレスと関連した頭痛や関節痛を予防する効果もあります。積極的に魚を食べましょう!

10. 一日1杯の赤ワイン

赤ワイン

一日1杯の赤ワインを飲むことは、心臓の健康に効果があり、血圧の調整や、コレステロール値を下げるのに役立ち、不安やストレスを和らげる効果があります。ただし、あくまで適量を飲むようにしてください

あなたへおすすめ