人との関係に境界線を引く方法

7月 10, 2018
人とのつながりで不快に思う瞬間があれば、まずはその人と距離をおき、自分のことを一番に考える必要があります。

周りの人と距離をおきたいですか?

という質問に対して、多くの方は「いいえ」と答えるのではないでしょうか?

これは人間関係を大切に考えている人が多いからですが、相手にすべてを与える関係は、自分を傷つけたり、危険な人間関係や状態に追いやる可能性があります。

誰かと距離を置くことは、健全な関係性を邪魔することではなく、その関係性を良くすることもあります。

また、適度な距離を置かないと、自分のドアをすべての人に開いている状態になり、不誠実な人や有害な人々までもが近くにやってきて、私たちの心身の健康に大きなダメージを与える可能性が高まります

人との関係に距離を置くが難しい理由

誰かとの関係において、距離をとったり境界を引かない理由は、恐怖心や不安感、あるいは考え方や信条によるものかもしれません。

たとえば、自尊心が低ければ、相手からの屈辱や誹謗、そして不当な扱いを我慢して受け入れる傾向があります。

いじめ

また、口論することに対して、目に見えない恐怖心を抱いているのかもしれません。

これは、自分のことを認めてくれない、自分のことを気にかけてくれないという恐怖心、あるいはその衝突が自分の安全を壊すかもしれないという恐怖心です。

しかしここで最も大きな問題となるのは、自尊心が低いことや他人と口論したくないと思うことではなく、人間関係において境界線を引く方法を知らないことです。

毅然とした態度をとること、自分の希望を伝えたり信念を守ることを誰からも教えてもらえなかった人は、ぜひ今日学んでください。

  • 自分がやりたくないことや、時間がないからできないことすべてに「No」と言うこと他人が何と言おうと関係ありません。相手が怒ったり、自分が悪者に見える状況になっても気にする必要はありません。自分を一番に考えてください。
  • 自分が感じたことや希望は「私」という一人称を使って表現すること。例えばミーティングに出席したくないと感じるときは、言い訳を言わず「私はミーティングに行く気がしません」などということです。
  • 自分の希望を伝える時に、「すいません」という詫びる言葉を使わないこと。例えば、自分は今日家にいたいという考えを伝える時には「すいませんが今日は家にいます」ではなく「今日は家にいます」と言いましょう。
  • 自分が意見を言ったり、何かを決めるときには、自分を正当化しないこと。たとえ誰かがこちらの意見に反対したり怒ったとしても、正当化するのではなく、自分の意見や考えに自信を持ちましょう。

こちらもお読みください:幸せになるための古代の知恵3つ

自分らしくいる方法

人との関係に距離を置くことはまた、自分らしくいる方法を知ることでもあります。つまり、自分を信じ、他の人を喜ばせることをやめ、人から来るのを待つのをやめることです。

それはとても難しいことでしょう。子供のときのように、周りの人を喜ばせることを学んできたかもしれません。しかし、「No」と言ったり、自分がしたいと思ったことを人に変えられないようにすることなど、小さな一歩があなたを助けるでしょう。

こちらもご参考に:ありのままの自分を受け入れることを学びましょう

人との関係に境界をひく

他人と距離を置く必要があるのはいつか?

答えは、「私たちが不快に感じた時」です。

  • エネルギーをとられる
  • 不快に感じる
  • 全神経で注意を払う必要がある、

このような瞬間があれば、距離を置き始める必要があります。

家族や友達、恋人との間など、どのような人間関係においても、このような状況は起こりうる可能性があります。

いつでも、自分を自分らしく表現することが非常に重要です。

自分がやりたくないことを断ること、そして罪悪感や他の人がどう思うかを恐れずに自分を表現することなどを含みます。

他人が自分を利用しないように、毅然とした態度をとる方法を学び、罪悪感や他人の反応を恐れずに、自分を表現することを学びましょう。

今日から、不快に感じる人との関係に適切な距離を置いてみませんか?