人との関係に境界線を引く方法

人とのつながりで不快に思う瞬間があれば、まずはその人と距離をおき、自分のことを一番に考える必要があります。

人との間に距離を置くか、と自分に聞いてみてください。ほとんどの場合、その答えは「いいえ」でしょう。それはなぜでしょうか。おそらく、あなたが「関係性」というものを、全てを与えなければいけないつながりと考えているからでしょう。そのような考えは自分を傷つけてしまったり、自分を現実の危険な状態に追いやってしまう可能性があります。

人との間に距離を置くことは、健全な関係性を邪魔することではありません。むしろ、その関係性を良くしてくれます。

これは、距離を置いていないと、自分のドアを全ての人に開いている状態になるからです。ここには不誠実な人や、有害な人々、エナジーヴァンパイアを含みます。このような人々はあなたに多大なるダメージを与えてしまいます…

人との関係に距離を置くのはなぜ難しいのでしょうか?

人との関係に距離をとったり境界を引かない理由は単純なものではないでしょう。人それぞれの恐怖心や不安感、あるいは考え方や信条によるものかもしれません。

たとえば、自尊心が低ければ、自分は他の人ほどに大事な人ではないと思いこみ、そのせいで、屈辱や誹謗、不正に我慢をしてしまいます。

いじめ

あるいは、人と口論することに対して、目に見えない恐怖心を抱いているのかもしれません。自分のことを認めてくれない、自分のことを気にかけてくれないという恐怖心、あるいはその衝突が自分の安全を壊すかもしれないという恐怖心です。

そのいずれであれ、最も大きな問題なのは、自尊心が低いことや他人と口論したくないと思うことではありません。問題は人との関係性に距離を置く方法を知らないことです。

きっぱりとした態度をとることや、自分のしたいことを伝えたり守ったりすることを、教わったことがないのかもしれません。しかしそれらは必ず知っておく必要があります。どうやって学ぶことが出来るでしょうか?

  • まずはしたくないことや、その時間がないこと全てに「No」と言うこと他の人が何と言おうが関係ありません。もし他人が怒ったり、また自分がどれだけ悪者に見えても、気にする必要はありません。自分がしたいことを一番に考えましょう。
  • 自分が感じたことやしたいことは「私」を使って表現すること。たとえば、「私はミーティングに行く気がしない」などです。言い訳は使用しません。
  • 自分がしたいことをするときに毎回「すみません」と言わないこと。たとえば、「すみませんが、今日は家にいます」ではなく「今日は家にいます」に変えましょう。
  • 自分が意見を言ったり、何かを決めるときには、自分を正当化しないこと。たとえ他の人が怒ったとしても、正当化する必要はありません。自分自身に自信を持ちましょう。

こちらもお読みください:幸せになるための古代の知恵3つ

自分らしくいる方法

人との関係に距離を置くことはまた、自分らしくいる方法を知ることでもあります。つまり、自分を信じ、他の人を喜ばせることをやめ、人から来るのを待つのをやめることです。

それはとても難しいことでしょう。子供のときのように、周りの人を喜ばせることを学んできたかもしれません。しかし、「No」と言ったり、自分がしたいと思ったことを人に変えられないようにすることなど、小さな一歩があなたを助けるでしょう。

人との関係に境界をひく

いつ人との関係に距離を置く必要があるか?

答えは、あなたが不快に感じたときです。

エネルギーをとられる、不快に感じる、全神経で注意を払う必要がある、そのような瞬間があれば、距離を置き始める必要があります。

このようなことは全ての関係の中で起こります。家族や友達、恋人との間でも起こります。自分が1センチ距離を置くと、相手は1キロの距離を置くかもしれません。

そのため、自分を自分らしく表現することが非常に重要になります。

それには、自分がしたくないことを断ること、罪悪感や他の人がどう思うかを恐れずに自分を表現すること、そして説明し続けることをやめることなどを含みます。

自分の健康は自分で確立していく必要があります。それは他人が叶えるものではなく、自分で叶えるのです。

そうすることで、自分が変わっていくのがわかるでしょう。他の人が自分を利用しないようにきっぱりとした態度をとることを学び、罪悪感や他の人の反応を恐れずに、自分がしたいことを表現することを学びましょう。

今日から、人との関係に適切な距離を置いてみましょう。

 

カテゴリ: 健康習慣 タグ:
あなたへおすすめ