言い訳をやめて正直な気持ちを話そう

10月 18, 2017
興味があるふりなどやめて、本当の気持ちを伝えてはどうでしょう? 人にも自分にも嘘をつくのはもうやめましょう。時間がないのではなく、興味がないだけなのです。それは別に悪い事ではありません。

時間がないからと良く自分に言い訳をしていませんか?

時間はいつでも作ることが出来ます。ですが人は「時間がないから出来ない」などと、それを理由に何かをする事を避けたりします。でも実はそうではなく、本当は興味がないだけなのです。

例えば友人から夕食に誘われたとします。ですがあなたは疲れている、または他にしたいことがあったりして行きたくありません

そんな時こういうでしょう。「ごめんなさい。今日は時間がないから行けない」

友人はそれが本当の事だと思うでしょう。ですが何度もそう言い訳をし続けると、その内何かがおかしい事に気付きます。

 

興味のあるふりをしない

会食

何かや誰かに興味があるふりをしてそれをしない、そこに行かない言い訳ばかりをしていると、人はあなたに対して間違ったイメージを持つようになります

誰も他人に悪い印象を与えたくなどありません。きっとあなたはこう育てられて来たでしょう。: 「ノー」と言わない。他人が優先すべきだと思う事を避けない。正しい事、やるべきことから逃げない。

ですが、あなたが求める事と社会があなたに求める物事の狭間で葛藤が起こる事があるかも知れません。もし友達と一緒に過ごしたい気分でないのなら、素直にそう伝えてください! 言い訳は必要ありません。本当の友達なら理解してくれるはずです。

言い訳の最大の問題点は、あなたが嘘をつく方法を心得てしまっているなどという事ではなく、あなたがその嘘を信じ、それがあなたの一部になっていくという事です

ですがそうなるまでには長い時間がかかっているはずです。つまり結局私たちは、子供の頃から他人の求めるものを満たすよう教えられて来たのです。

 

「ノー」と言っても良い。罪悪感を感じる必要はない。

ピノキオの鼻

自分の欲求を口に出して言ったり、必要なものを求めたり、自分にとって良くない事に「ノー」と拒絶する方法をこれまで教えてもらっていないかも知れません。

全ての事に「イエス」と言い、その後自分に都合が悪ければ言い訳をする、、という事を学んできたのでしょう。自分と他人に嘘をつく事でうわべだけを取り繕うとするのです。

「ノー」と言うのは罪悪感を感じるかも知れません。それは何かを断るという行動に対してだけでなく、人がそれに対してどう反応するかを恐れているのです。

自分の求めるものを自ら拒絶する行為は、非現実的な世界を作り上げます。まずは自分が欲しいもの、他人に求めるものを受け入れる事をせず、押さえつけてしまいます。次に自分が求めるものに対する答えがいつでも「イエス」であると信じるようになります。ですが覚えておいてください。あなたが自分を犠牲にしてでも他人の欲求を満たすからと言って、他の人もそうするとは限らないのです。

誰かに「イエス」と言った後に言い訳をしてそれをやめてしまうと、沢山の問題を引き起こします。今までこういう事をしたことがありますか?

難しいかも知れませんが、今が変わるチャンスです。今自分がしている事に気が付けば、自分の興味がないことに対して言い訳をするのをやめたりなど、少しずつ変えていく事が出来るのです。

本当に自分がしたい事、感じていることに気付き始めます

 

自分らしく生きよう

自分らしく生きる

身の回りの出来事、人、その他の事に対して、あなたがあまり興味がないのであれば、それをちゃんと伝えましょう。

言い訳をする必要などもうないのです。前に使った言い訳とかぶらないよう色々と心配する必要もありません。同じ言い訳ばかり言ってるとばれてしまいますからね!

時間がないというのは都合の良い言い訳かも知れませんが、今こそ誠実になる時ではありませんか? 自分は誠実ではないのに、他人にはそれを求めているかも知れません。

自分がしたくないと思ったら「ノー」と言ってください。あなたと時間を過ごしたいと思っている人たちに嘘をつかず正直であれば、その人たちを傷つける事はありません

興味がないんだという必要はありません。ですが、時間がないなどと嘘をつく必要もないのです。

恐れることなく自分らしく生きてください

 

 

あなたへおすすめ