その関係を本当に続けたいですか?

3月 2, 2018
もし、一緒にいたいという気持ちが一方通行になっていたら もうその2人に未来はありません。出来るだけ早く、関係を終わらせてしまいましょう。

一緒にいたいと努力することは、とてもロマンティックな響きにも聞こえます。
でももう終わってしまう恋愛に対して努力するのは本当に価値があることなのでしょうか?

その答えを出すためにはなぜ努力ししているのか、どんな努力をしているのかを見つめ直す必要があるかもしれません。

相手から暴力や嫌がらせを受けていたとしても、一緒にいたくて我慢しているというケースもありますが、どんな場合にでも一緒にいるという恋愛関係に意味があると思いますか?

愛とは、闘いではありません。愛は2人によって日に日に育てられてゆくものです。

関係を続けていくために悪戦苦闘しているのなら、何かが上手くいっていないサインです。

それを受け入れられなくて、2人の間に作られた壁を壊そうと一生懸命になっていませんか?

 

無理な関係を続けようとすると疲れてしまう

カップル、うつむく女性

何とか関係を続けようとしたり、問題を解決しようとする努力は、時に莫大なエネルギーを使います。
赤信号が灯った恋愛関係の為に多大な時間と労力を使うのはもったいないと思いませんか?

同じ人と何度も別れたり付き合ったりを繰り返しているパターンもあります。
また、相手と遠距離恋愛がずっと続いていて、一緒になる見込みが無いにも関わらず、非現実的な願いが叶うと信じて希望を持ち続けているという事も。

もちろん、自らの意思で関係を終わらせることも出来るのに、いざそうする事が出来ないのはなぜでしょう?

自分や相手の愛は正しいと思いたいから、愛には忍耐が必要だと思っているなどの背景がそこにはあります。

果たして本当に愛には忍耐が必要なのでしょうか?

こちらもお読みください: 毒のある恋愛の特徴

ずっと一緒にいなくても、一旦は距離を置いて、しばらくしてにまた一緒になるというスタイルが合っているのならそれが2人にとって最適なのかもしれません。

遠距離恋愛中で、将来一緒になる見込みが無さそうな状況の中で、いつまで希望を持ち続けて待ちますか?

 

“昔は恋愛関係を続けるのが今よりもっと大変だった”

考え事をする年配の女性

年配の方がよく言うセリフです。
何かと便利な現代では、恋愛も楽だろうと思われているのかもしれません。
ですが、実際はそう簡単にはいきません。

恋愛関係を続ける為に、相手から受ける嫌な仕打ちを我慢し、ないがしろにされる事に耐え、不誠実に扱われる事を黙認する必要はありません。
お互いを尊重する上で、ある程度の忍耐や理解は必要かもしれませんが、一方的に我慢を強いられるのは間違っています。

経済的に問題がある場合や、子供が反抗的で疲弊している場合は1人の力だけでは手に負えない状況にあるので、お互いが努力して解決方法を見つける必要があります。

ただし、あなたを苦しめる原因がパートナーにあるなら、何も我慢する必要はありません。

愛の全てに価値があるわけではない

ベンチで手をつなぐカップル

もし、関係を続ける為にエネルギーを費やしているのならその恋愛が本当にあなたにとって価値があるものなのかどうかを見つめ直す良い機会です。

もうこの関係に意味は無いかもしれない、と思っていても何とか修復しようと頑張りたくなるのは仕方のないことなのかもしれませんが、愛が全てではない、愛はオールマイティーではないという事を忘れてはいけません。

あなたを守ってくれる人と恋に落ちるのも良いですが、だからといって忍耐の日々を過ごす必要はありません。

自分を1番に考える事を忘れないで下さい。
あなた自身の幸せこそが最も重要なのです。
自分を騙しながら我慢し続ける。そんな無意味な闘いは終わりにしましょう。

最高の決断を下すには、物事を様々な視点から見るようにしましょう。
無駄な努力をしてしまったとしても、その責任は全て自分にあるのです。

あなたへおすすめ