感じたままに行動する個人の自由

· 9月 21, 2016
周りの人たちに尊敬の意を持って接している限り、自分の感じたままに行動することは悪いことではありません。人生の中に何か大切に思えるものがあるのであれば、それは自身の成長なのです。

個人の自由とは、だれもが人生の中で経験するものではありません。

「感じたままに行動する」この姿勢が示すのは自己認識で、常に敬意、知性、礼節、価値を持って行われるべきことです。

それは常に容易なことではありません。

「責任」というものがあなたを締めつけ、楽しむことを忘れて今まで以上に生活が窮屈なものになることもあります。

だからこそ、自分の中で優先するものを決めることが重要となります。あなたを傷つける人や、あなたの自由を奪う人たちへの責任を考える必要はありません。

あなたが抱えている負担や、足を引っ張っていることは、あなたの個人の成長の妨げになることもあります。

今回は、こんなことを考えてみてください。

感じていることは、あなたの心の声

人生で、あなたの世界でバランスを維持するために、たくさんの事や考えを隠していることでしょう。

  • 自分の願望や需要はパートナーや家族に理解してもらえないと思い、内に秘めてしまう
  • 他人を傷つけたくない一心で本音を内に秘めてしまう
  • 「今ではない」「遅すぎる」「周りに馬鹿にされる」と自分に言い聞かせて自分のしたいことをやめてしまう

わたしたちは、殻の中でしていることよりも殻の外でしていることの方がもっと意味のある生活を送ることができるとも言えるでしょう。だからこそ、シンプルで大切なことを頭の隅に置いておくべきなのです。

自分を飾らず、楽しむ

2-butterflies

自分の欲求を満たしたいという気持ちや、信仰・性格が赴くままに行動することはわがままなことではありません。

敬意とバランスの限度内で自分のしたいことをするのが大切なのです。

  • 週末の一人旅や、友人との旅行をしたいのであれば、家族やパートナーはそれをきちんと理解することが必要なのです。幸せの糧となるのは信頼と敬意なのです。

自由は人間である上で必要不可欠なゴールで、自分相応な生活の中でそのゴールに達成することが重要なのです。

  • 自分がしたいこと、したくないことは自由に選ぶべき
  • 個人的もしくは専門的にしたいことはどちらも自由に決めるべき
  • 感じること、考えること、することは全て成功に繋がっていることから、自由のコミュニケーションは最も重要なこと

これら3つの観点に不一致が生じた場合、結果的に非常に低い自尊心を持つことになってしまいます。

敬意と知性を持って感じるままに動き、他人の評価を気にしない

超えてはいけない一線、そして大切なことを意識して自分のしたいことをするのであれば、あなたを止められるものはないはずです。

あなたに子どもがいたら、子どもがなによりも最優先になり、家族への義務も意識しているはずです。しかし、これはあなた自身の成長の妨げになっているわけではありません。

だれも自分をコントロールすることのできないバランスの見つけ方を知ることなのです。

全てのことに熱意と感謝の気持ちを持って行動し、努力することは価値があることを忘れてはいけません。

個人の自由を鍛え上げることが大切

freedom

1.自分の優先順位を確立する

これは前回のセクションでも触れました。あなたの優先することは、諦めることのできない人生の要素なのです。それでもいくつかのことを考慮しておく必要があります。

  • 優先するものがあなたの人生を左右するわけではありません。人生はただの仕事ではありません。パートナーや子どもを振り回すわけでもありません。

たくさんのことを優先するということでもありません。一般的に優先されるのは3つと言われています。家族、仕事、個人の成長です。

2.意識を高める 自分を自己中心的だと思わない

信じるも信じないも、これが人が行き詰ってしまうことなのです。他人があなたを必要とするとき、あなたは自分自身をどのように思いますか?

  • これは正しいアプローチではありません。良いとされている考え方は、「自分のことを考え、自身の幸せのために、自分のできる限りのことを他人に捧げる」とされています。

3. 他人からの批判を現実的に評価する

突然の変化は家族やパートナーを驚かせてしまうこともあるでしょう。

なぜ最近になってオンラインコースを受講し始めたのか?突然の長旅はどういうこと?どうして長年連れ添った旦那と別れることに?

  • 他人があなたをどう評価しようと関係ありません。自分自身に説明するのも一度で十分です。だれもが自分の幸せを築く建築家になる権利があり、自分のしたいこと、考えること、必要とすること、そして、することの中でバランスをとることが必要なのです。

だれもが人生のなかで、こんなことを言うときがくるでしょう。

「感じたままに行動する。後悔はない」

これは、他人だけでなく自分への尊敬の意の外で成熟と自由の方向への一歩なのです。