胃潰瘍を予防するのに役立つ方法

07 1月, 2021
胃潰瘍を予防するには、生活習慣を変え健康的なライフスタイルに役立つ推奨事項を実践する必要があります。今回の記事では、胃潰瘍を予防するのに役立つ最高のアドバイスをご紹介します。ぜひこのまま読み続けてください!

胃・十二指腸潰瘍はとても一般的な病気であり、実際に、患者においては高い再発率が観察されています。そのため、胃潰瘍の予防が重要です。

少数ながら胃潰瘍の患者は、出血や穿孔などの合併症を発症する可能性があり、これは生命を脅かす可能性があります。これは深刻な問題です。

胃潰瘍とは何?

胃潰瘍は、胃または十二指腸(胃と小腸を結ぶ消化管)の内層が傷ついたりただれた状態で、消化性潰瘍とも呼ばれます。

胃潰瘍は、胃酸が活性化することで発症して進行します。胃潰瘍は、ヘリコバクターピロリ菌感染症と非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の使用という2つの主な要因に関連しています。

胃潰瘍を患っている人のほとんどは、症状が現れないか消化不良のみを患っています。

  • 胃のくぼみの痛み
  • 灼熱感または胸焼け
  • げっぷと腹部膨満を伴う食物不耐性
  • 吐き気と嘔吐

胃潰瘍の合併症には、出血、貫通、穿孔、閉塞などがあります。 ピロリ菌の発見と治療により、胃潰瘍の有病率は過去数十年で減少しています。

胃潰瘍を予防するのに役立つ方法 ピロリ菌
ピロリ菌は、胃潰瘍および十二指腸潰瘍の発症を決定する要因です。

こちらもご参考に:胃潰瘍の時に食べたい6つの食品

胃潰瘍のリスクを高める要因

決定要因の1つは、ヘリコバクターピロリ菌(通称ピロリ菌)による胃の感染症です。胃・十二指腸潰瘍の患者の85%から100%が、ピロリ菌の検査を行うと、胃または十二指腸でこの細菌が検出され陽性になります。

同様に、アスピリン、イブプロフェン、インドメタシン、ジクロフェナク、ピロキシカム、ナプロキセンなどの非ステロイド性抗炎症薬を、タバコやアルコールなどの他の薬と一緒に使用することも胃潰瘍の危険因子です。これらの使用が長期になるほど、次第にリスクが高まります。

専門家は、潰瘍に関しては家族歴という素因があると指摘しますが、この素因は、病気を発症する要因となる不健康な習慣と組み合わせることが原因です。たとえば、胃の不快感を引き起こす可能性のある特定の食品や飲料の摂取です。これは、果物、野菜、食物繊維を多く含む健康的な食事をとることで、胃潰瘍に苦しむリスクを軽減することができます。

さらに、潰瘍の形成におけるストレスが果たす役割については議論の余地があります。ストレスが、胃潰瘍が進行する引き金となっていたり再発のリスクを高めると同時に、ストレス管理により部分的に治癒できるといういくつかのエビデンスがあります。

胃潰瘍を予防する方法

胃潰瘍を予防するのに役立ついくつかの推奨事項をご紹介します。このアドバイスは、エビデンスと呼ばれる科学的証拠に基づく健康的な生活習慣と医学的な治療法で構成されています。

  • できる限りアスピリンの使用を避けてください。医療専門家は、特に胃潰瘍の病歴のある患者へのアスピリンの処方は慎重に行うべきだと考えています。同様に、できる限り低用量を選ぶべきであり、服用する場合は必ず食事と一緒にするべきです。鎮痛剤が必要な場合は、アセトアミノフェンを選択する必要があります。
  • アスピリンまたは別の非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を継続して服用しなければならない人で、潰瘍の病歴のある患者の場合、専門家は、これらの薬を服用している間は、プロトンポンプ阻害剤(オメプラゾールなど)との併用治療を推奨します。
  • 抗生物質を用いて、ピロリ菌による感染を根絶します。複数の抗生物質を検査した結果、抗生物質の多くはピロリ菌という細菌を殺すことができませんでした。治療計画を決定する場合、細菌の耐性パターンを考慮しなければなりません。このため、医療専門家が選択する治療オプションの1つは、クラリスロマイシンとアモキシシリンを14日間併用することです。
  • タバコを避け、アルコール摂取を制限してください。
  • 食生活を改善してください。チョコレート、脂っこい食べ物、揚げ物、コーヒー、柑橘系の果物、過度に味付けされた、または辛い食べ物は避けてください。これらが胃潰瘍を引き起こす直接の原因ではないというのが大方の専門家の見解ですが、胃潰瘍を悪化させる可能性があります。したがって、これらの食品の摂取を減らすことが推奨されています。
  • 太りすぎないように注意してください。
胃潰瘍を予防するのに役立つ方法 痛みを感じる女性
消化不良は、潰瘍の兆候を示す上部消化器系に起こる一連の症状です。

こちらもぜひご覧ください:ピロリ菌と闘うためのハーブ療法

胃潰瘍の再発を防ぐには予防策が重要

胃潰瘍を発症している患者は、今回の記事で推奨したほとんどの予防策が役立つでしょう。特に、喫煙者の非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の服用を避けることが大切です。

また、多くの場合、医師はピロリ菌の根絶を診断します。 これは、患者が自分で決められるものではありません。 医師は、ピロリ菌の存在と抗生物質耐性を裏付けるために、補完的な方法を実行する必要があります。 このプロセスが完了すると、患者に必要なプロトコルが確立されます。

健康的な生活習慣、ストレスの軽減、食事療法などには、決定的な治療や予防とはならなくとも、症状を改善したり消化不良の悪化を予防する効果が期待できます。要約すると、胃潰瘍を防ぐ魔法の方法はありません。 実際には、患者のコミットメントと粘り強さ、そしてライフスタイルの変更が必要とされます。

  • Kasper y col., Principios de medicina interna de Harrison, edición número 19, Editorial McGrawHill.
  • Nimish B., Peptic ulcer disease: Epidemiology, etiology, and pathogenesis, retrieved on 26 July 2020, Evidence-based Clinical Decision Support- UpToDate. https://www.uptodate.com/contents/peptic-ulcer-disease-epidemiology-etiology-and-pathogenesis?search=%C3%BAlcera%20g%C3%A1strica&source=search_result&selectedTitle=4~150&usage_type=default&display_rank=4
  • Zambrano-Plata, Gloria Esperanza, et al. “Prevalencia de los factores de riesgo para cáncer gástrico en universitarios.” Revista Ciencia y Cuidado 11.1 (2014): 16-26.
  • Nimish B., Peptic ulcer disease: Clinical manifestations and diagnosis, retrieved on 26 July 2020, Evidence-based Clinical Decision Support- UpToDate. https://www.uptodate.com/contents/peptic-ulcer-disease-clinical-manifestations-and-diagnosis?search=%C3%BAlcera%20g%C3%A1strica&source=search_result&selectedTitle=2~150&usage_type=default&display_rank=2
  • Nimish B., Peptic ulcer disease: Treatment and secondary prevention, Evidence-based Clinical Decision Support- UpToDate. https://www.uptodate.com/contents/peptic-ulcer-disease-treatment-and-secondary-prevention?search=%C3%BAlcera%20g%C3%A1strica&source=search_result&selectedTitle=1~150&usage_type=default&display_rank=1
  • Fallone C. and cols., The Toronto Consensus for the Treatment of Helicobacter pylori Infection in Adults, Gastroenterology 2016;151:51-69.
  • Ganfornina Andrades, Ana. “El estrés y el sistema digestivo.” (2017).
  • Morilla Morilla, Ana. “Epidemiología, diagnóstico molecular y estudio de resistencias de Helicobacter pylori.” (2018).
  • Ichiyanagui Rodríguez, Carlos Enrique. “Epidemiología de la hemorragia digestiva.” Acta médica peruana 23.3 (2006): 152-155.
  • National Institute for health and care excellence (NICE). Gastro-oesophageal reflux disease and dyspepsia in adults: investigation and management. Clinical guideline [CG184]Published date: 03 September 2014 Last updated: 18 October 2019.
  • NIH Consensus Conference. Helicobacter pylori in peptic ulcer disease. NIH Consensus Development Panel on Helicobacter pylori in Peptic Ulcer Disease. JAMA. 1994;272(1):65-69.
  • Li LF, Chan RL, Lu L, et al. Cigarette smoking and gastrointestinal diseases: the causal relationship and underlying molecular mechanisms (review). Int J Mol Med. 2014;34(2):372-380. doi:10.3892/ijmm.2014.1786.
  • National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases, Tratamiento para las úlceras pépticas (úlceras gástricas), retrieved on 28 July 2020. https://www.niddk.nih.gov/health-information/informacion-de-la-salud/enfermedades-digestivas/ulceras-pepticas/tratamiento#paciente