もしかしてその症状、胃潰瘍かも!?

· 1月 8, 2016
胃潰瘍 - この病名を聞いたことが無いという人はいないのではないでしょうか。これは潰瘍とよばれるできものが胃や腸に浸食して起こる病気です。

潰瘍は激しい痛みをもたらし、時としてストレスを感じる状況に置かれたときに発症することもあります。しかし、必ずしもそうというわけではありませんので、きちんとした情報を知っておくことが大切なのです。

今日は消化性潰瘍としても知られる胃潰瘍についてみていきます。特に、その代表的な症状に注目しましょう。

消化性潰瘍/胃潰瘍って何?

胃潰瘍は珍しい病気ではありません。例えば不健康な食生活や生活習慣などが原因で発症することもあります。胃や小腸、十二指腸の上部の粘液壁に痛みを伴うできものが出来てしまうのです。

この痛みを伴うできもの、潰瘍は、体の消化過程に突然の変化が起こった場合に発生します。例えば、胃酸過多などが原因として挙げられるでしょう。実は、驚くべきことに、世界の人口の約20%の人がこの病気に苦しんでいるのです。治療をせずにほっておくと、より深刻で複雑な病状を引き起こしますので、小さなサインも見逃さないように気をつけましょう。

胃潰瘍の原因

胃潰瘍2

  • 胃潰瘍の原因として最もよく知られているものは、ピロリ菌による感染です。胃潰瘍と聞くと、まずストレスが原因と考えたり、体のコルチゾールの値を変えてしまう新陳代謝の変化(消化器系のトラブルを引き起こすこともある)に関連していると考える人は多いと思います。しかし、必ずしもそうではなく、バクテリアが潰瘍の原因となるケースの方が多いのです。
  • 鎮痛剤としてイブプロフェンを定期的に服用していますか? もしそうであれば、長期的なイブプロフェンの服用によって胃酸の分泌量が変わってしまい、潰瘍の原因となっている場合があります。
  • タバコも潰瘍の大きな原因となります。まずは自分の健康を第一に考えてください。禁煙することをお勧めします。
  • 定期的にお酒を飲む、酸っぱい料理や辛い料理を定期的に食べることもいずれ胃潰瘍の原因となり得ます。
  • ストレスも胃潰瘍の原因の一つです。しかし、上記で説明したように100%ストレスが原因ということにはなりません。例えストレスや不安感をほとんど感じない生活を送っていても胃潰瘍にはなるのです。

こちらの記事もご覧ください:ストレスを解消するナチュラルジュース

胃潰瘍の症状

胃潰瘍.胃の痛み

痛みや全般的な不快感に加え、消化不良を引き起こす胃酸の逆流も胃潰瘍の主な症状です。もし治療をしていない胃潰瘍があるのなら、その潰瘍はいずれ胃壁や小腸壁に浸食し内部出血を起こしたり、膵臓など付近の内臓に影響を及ぼすということを忘れない様にしてください。

こちらの記事もお読みください:胃酸の逆流に効く6つの自然療法

潰瘍は深刻な病気です。以下に挙げた代表的な症状を心に留め、不快感、痛み、心配などはある場合はすぐに医師に相談しましょう。

  • 膨満感を感じる:もしかすると食べた直後で胃がいっぱいなのかもしれません。しかしこの状態が頻繁に、長く続くようであれば、医師に相談してください。
  • しゃっくり、ゲップ、オナラが出る:食事の後、しゃっくりに始まり止められないゲップが出、数時間後にはオナラが出るということはありませんか? もしかすると胃潰瘍かもしれません。
  • 下腹部痛:おへそ周りを中心にお腹がキリキリと痛んだり、燃えるような感じを受けたりしませんか? 薬を飲んでも痛みは治まらないと感じていませんか? この状態が一週間以上続くのであれば、医師に相談しましょう。
  • すぐにお腹が空く:胃潰瘍の奇妙な症状の一つとして、食後から数時間は胃の“膨満感”を感じるのに、その後すぐに空腹を感じるというものがあります。これは実際には空腹状態なのではなく、胃酸が過剰に分泌されることによって潰瘍を刺激し、起こる症状なのです。
  • 吐き気や体重の減少:胃潰瘍がかなり進行してしまった時の症状です。理由も無く体重が減少する人はいません。体が必要とする栄養を摂取できていない、もしくは消化器系が上手く機能していないという明らかなサインです。吐き気や嘔吐を伴う場合も深刻な胃潰瘍の症状です。すぐに医師の診断を仰ぎましょう。
  • 喀血:これは潰瘍がすでに胃壁や十二指腸壁に浸食してしまっているという印です。喀血してしまった場合は、すぐに救急治療室へ行きましょう。胃潰瘍は治る病気ですので、落ち着きましょう。正しい薬剤を服用し、食生活や生活習慣を改善すれば、早く回復できるでしょう。大切なことは、症状をきちんと認識し、すぐに適切な行動を取ることでしょう。