胃潰瘍の時に食べたい6つの食品

· 3月 14, 2019
胃潰瘍になった場合、アルカリ性の食品や抗炎症作用のある食品が、医師による治療を補完しながら症状を改善するのに役立つ効果が期待できます。

胃潰瘍は、胃液が過剰に分泌されることにより胃の粘膜内層に発生する病変です。

一般的な原因はピロリ菌の増殖と言われていますが、薬の過剰摂取も原因の一つだと言われています。

胃潰瘍の症状が軽い場合は食生活の改善が第一歩となりますが、胃潰瘍が嘔吐や出血を伴っている時には、すぐに医師の診察を受けて適切な治療を開始してください。

胃潰瘍の症状を緩和するのに役立つ食品とは、胃のpH値を正常に保つ食品のことです。

ぜひお試しくださいね。

こちらもご参照を:もしかしてその症状、胃潰瘍かも!?

胃潰瘍に役立つ食品

食生活の改善は、胃潰瘍の治療において決定的で重要な要素です。

体内組織の修復を促進しながら胃潰瘍の症状を改善するのに役立ついくつかの食品があります。

胃潰瘍の痛み

今回ご紹介する食品は、医師によって処方された薬や医師の指導による治療への補完として考え、決して薬の代替え品と考えるべきではありません。

こちらもご参考に:胃潰瘍の痛みを軽減するバナナとジャガイモのスムージー

1.人参

人参は、胃潰瘍を発症している患者にとって最も推奨される野菜のひとつです。

人参はアルカリ性食品であり、過剰な胃酸や胃液によるダメージを修復するのに役立ちます。

人参は、ピューレ、ジュース、サラダ、または加熱などの摂取方法でも、胸焼けや逆流性食道炎による不快感を抑えることもできます。

2.りんご

必須栄養素が豊富に含まれているりんごは、最も人気のある果物の一つで、消化系の機能を正常に保つ調整剤として作用する食物繊維と有機酸を豊富に含んでいます。

りんごは胃潰瘍の症状の緩和、胃炎、便秘、そして下痢の症状の軽減にも役立つと考えられています。

3.アロエベラ

アロエベラの治癒効果と抗菌作用は、胃潰瘍を発症している場合は特に、胃酸の過剰分泌や胃粘膜への刺激を抑えることができます。

胃潰瘍の主な原因であるピロリ菌の過剰増殖を抑制する能力を持つアロエベラは、損傷した組織を修復する成分を体内に供給します。

4. バナナ

バナナは、体内に吸収されると胃のpH値を調整するのを助けます。

澱粉とアルカリ化合物が豊富な果物であるバナナは、胃の粘膜の悪化を抑制しながら、痛みを軽減することができます。

バナナ

胃に優しいバナナは、損傷した組織を治癒するのに役立つため、逆流性食道炎や胃炎によって起こる不快感の緩和にも役立つと考えられています。

5.じゃがいも

最高の制酸食品と考えられているじゃがいもは、胃潰瘍を助ける優れた食品の一つと言われています。

消化機能を最適化するのに貢献するでんぷん質、食物繊維、及び抗酸化物質が豊富に含まれています。

体内の炎症を抑える効果と、胃酸によって刺激された組織の治癒を助ける働きが期待できます。

さらに、腹部の灼熱感を抑え、胃のむくみや胃酸の逆流を防ぎます。

6. フラックスシード

フラックスシードを水に浸すと、胃の中の潰瘍を和らげるのに効果的なゼラチン状の物質が出来上がります。

この液体を摂取することで、体内の炎症などを落ち着かせるのに役立ちます。

特に、オメガ3脂肪酸と食物繊維を豊富に含んでいるため、痛みを伴う場合には、胃の組織の修復を促進するのに推奨されます。

胃潰瘍がある場合は避けるべき食品

胃潰瘍の症状を悪化させる可能性のある酸性食品があり、胃潰瘍からの回復期にこれらを摂取することはお勧めできません。

そのため、避けるべき食品を理解することが胃潰瘍の症状の悪化を防ぐのに効果的です。

ジャンクフード

主な食品は次のとおりです。

  • カフェイン入りコーヒーと飲み物
  • 精製された砂糖を使ったお菓子や食品
  • 炭酸飲料
  • 辛い食べ物
  • アルコール飲料
  • 揚げ物
  • ファーストフード
  • パンと市販の菓子パン

胃潰瘍の初期症状に気づいたら、必ず医師の診察を受けて適切な治療を開始してください。

胃潰瘍の中には軽度のものもありますが、医師の指導のもとで症状を観察することが大切です。

そしてそれらの治療を補完するものとして今回ご紹介した食品をお試しください。

  • Hunt, R. H., Camilleri, M., Crowe, S. E., El-Omar, E. M., Fox, J. G., Kuipers, E. J., … Tack, J. (2015). The stomach in health and disease. Gut. https://doi.org/10.1136/gutjnl-2014-307595
  • Satyanarayana, M. N. (2006). Capsaicin and gastric ulcers. Critical Reviews in Food Science and Nutrition. https://doi.org/10.1080/1040-830491379236
  • Smith, J. L. (2003). The role of gastric acid in preventing foodborne disease and how bacteria overcome acid conditions. Journal of Food Protection.
  • Fromm, D. (2011). Peptic Ulcer Disease. In Modern Concepts in Gastroenterology. https://doi.org/10.1007/978-1-4613-1789-0_2