りんごのメリットをたっぷり堪能する9つのレシピ

· 6月 25, 2018

りんごはサラダに入れるなど、様々なレシピに使えるフルーツの一つです。とても食べやすく、栄養価も高いので、良いことづくめです。

栄養士の多くが、りんごを食べることを勧めています。「1日1個のりんごが医者を遠ざける」とまで言われています。りんごは、私たちの健康にとって素晴らしい効能をたくさん隠し持っています。この記事では、9つのりんごの食べ方とその利点をご紹介します。

りんごを食べるメリット

りんごには、私たちの健康にとって素晴らしいメリットがたくさんあります。それらは、:

・りんごがもつ抗酸化物質は、癌の発生を促進すると言われているフリーラジカルという成分と戦います

・コレステロール値を下げ、動脈硬化を予防します。

・抗がん作用があるカロテンという成分を含んでいます。

・肝臓や胆嚢の機能を改善し、毒素の排出を促します。

・スキンケアにも効果があります。

・例えば、血糖値を下げるなど、動脈性高血圧に効果があります。

・アルカリ化する働きがあります。

・口や歯茎、そして歯を清潔で健康的な状態に保ってくれます。

脳の機能を改善し、記憶力と集中力を高めます。

・これらの効果から、りんごはパーキンソン病、そしてアルツハイマーのような神経疾患の予防をしてくれます。

りんごの食べ方

1、皮ごと丸かじり

りんご

りんごは、1日のうちでいつ食べてもその効果を発揮します。どこにいても食べることができるので、軽食・スナックとして最適です。また、りんごを食べることで、口の中と歯をきれいな状態に保ってくれます

オーガニックのりんごは、皮をむかずに食べましょう。りんごの皮には多くの栄養素と食物繊維が含まれています。オーガニックではないりんごは、よく洗って、皮をむいてから食べた方が良いでしょう。

この記事も合わせて、読みましょう。:

知っているようで知らない/リンゴのすばらしい効能とは?

2、りんごとにんじんのジュース

健康的で定番のレシピは、りんごとにんじんのジュースです。この組み合わせは、お肌、髪そして爪にとても良く、味も美味しいです。

この甘く爽やかなジュースは、1日の間でいつ飲んでも大丈夫です。食事の30分前に飲むのも効果的です。

3、りんごと緑色野菜のスムージー

りんごスムージー

グリーンスムージーは、一時の流行り物ではありません。実は、グリーンスムージーに使われれる野菜は、毎日食べるべきものばかりです。スムージーにすると美味しく、簡単に緑色野菜を摂取することができます。

・作り方は、とても簡単で、シンプルにりんごと緑色野菜(ほうれん草、ビーツの葉、大根の葉、セロリ、クレソンなど)をミキサーで混ぜるだけです。

・甘くしたい場合は、はちみつやバナナなどを加えましょう。

・これだけでとても美味しくて健康的なスムージーの完成です!

この記事もおすすめです!

パパイヤ、りんご、オーツ麦のスムージーで胃腸を整える

4、ナッツとレーズンを加えたアップルソース

りんごのレシピは、他にもたくさんあります。

一番シンプルで簡単なレシピは、少量の水を加えて鍋で甘く柔らかくなるまで煮るものです。レーズンを加えても美味しいです。

・さらにナッツを加えると食感も良くなり、タンパク質と食物繊維も補充してくれます。

5、焼きりんご

焼きリンゴ

もう一つのとても実用的なレシピは、シナモン、生姜、ハチミツで味をつけて焼くというものです。果物の天然の甘さが凝縮されているので、砂糖を加えることなく、甘くて美味しいデザートができます。

お客さんにこのデザートを出すときは、生クリームやバニラアイスクリームを付け合わせるのもおすすめです。とても豪華なデザートの完成です!

6、スライスしてサラダに加える

りんごの収れん作用と抗炎症作用を強めたい場合は、スライスして1分そのまま置いて酸化させると良いです。

それをサラダに加えて、オリジナルのレシピにしましょう

7、冷製スープ(ガスパチョ)

冷製スープ

ガスパチョは、野菜とパンで作る冷たいスープで、パンによって濃厚になります。野菜の代わりにりんごを使って作ることもできます

りんごを使うとその甘さのおかげで、クリーミーなスープになります。

8、肉や野菜につけ合わせる

焼きりんごやりんごソースは、肉や魚料理のつけ合わせとしても使えます

美味しい風味を加えるだけでなく、食事の消化も助けてくれます

9、りんごのパンケーキ

りんごのパンケーキ

りんごのパンケーキにチャレンジしたことはありますか?このパンケーキは、調理したりんごを使って作ります。

甘くて美味しい、エネルギーをチャージしてくれるパンケーキです。ぜひお試しください。