アルツハイマー病を予防する食べ物

4月 11, 2017

アルツハイマー病の原因は未だ判明していません。様々な研究によると、老人斑の出現と、神経細胞間のコミュニケーションを可能にする化学物質の喪失が関係しているのではないかと言われています。では、この脳の退化はどのようにして防ぐことができるのでしょうか。アルツハイマー病予防の鍵となるのは、行動習慣、精神的な刺激、正しい食生活です。

心血管系疾患発症リスクを減らす効果のある食べ物は幾つかあります。言い換えると、これらの食べ物に含まれる天然の物質には、恐ろしいアミノロイド班の出現を抑える可能性があるかもしれないのです。つまり、これらの食べ物には、アルツハイマー病を自然に予防する効果があるのです。もちろん、食べれば必ずアルツハイマー病にならないということではありません。栄養価の高い食べ物を食べ、健康的な食生活を送ること、行動習慣や認知習慣に気をつけること、つまり脳のエクササイズを行い、できるだけ好奇心旺盛に生活することが大切なのです。

アルツハイマー病を予防する食べ物

1. 柑橘類

柑橘類が良い理由

レモン、オレンジなどの柑橘類、イチゴ、マンゴー、ブルーベリーなどはビタミンCが非常に多く含まれており、抗酸化作用が豊富な為、アルツハイマー病を予防する食べ物として是非とも取り入れたいフルーツです。害のある物質が脳に蓄積されるのを防いでくれる効果があるのです。浄化作用、保護作用に優れています。

 

2. カレー

カレーが良い理由

カレー、特にイエローカレーを食べましょう。ターメリックが多く使われているからです。ターメリックには血液にかすかに混ざってしまうことがあるプラークの増加の影響を抑える抗炎症作用がありますので、脳リスクを抑える効果があるのです。

3. ワイン

ワインが良い理由

ワインには抗炎症作用があり、脳組織の炎症を抑えます。また、アルツハイマー病のような神経変性疾患や認知症のリスクを抑える効果があると考えられています。ワインは1日1杯飲むことをお勧めします。

4. ビタミンD

ビタミンDが良い理由

ビタミンDは、日光や食べ物から摂取することができるビタミンです。免疫系を促してベータアミロイドタンパク質を取り除きます。このベータアミノロイドタンパク質は、アルツハイマー病を引き起こす脳のダメージの元となるのです。ビタミンDはサプリメントで摂ることもできますし、脂肪の多い魚、大豆、卵、ビタミンD配合のシリアルなどを食べるのも良いでしょう。

5. コーヒー

コーヒーが良い理由

『Journal of Alzheimer’s Disease』で発行された最近の研究では、アルツハイマー病の出現を予防する効果があると述べています。コーヒーは脳の神経にダメージを与えるタンパク質の蓄積を予防し、すでに最初の症状が出てしまっている人々の病気の進行をも遅らせるかもしれないとしています。

6. ビタミンB

ビタミンBが良い理由

ビタミンBは健康に欠かすことのできないビタミンです。骨、髪、歯の為にはビタミンBを十分な量摂取することが必要となります。また、PMSの予防にも効果があります。ビタミンBを摂取することで血液中のホモシステイン値が下がります。ホモシステインは脳に対し害のある物質で、脳の退化を引き起こし、神経細胞の機能を奪うのです。ビタミンBは上の写真のような食べ物に含まれています。クルミ、全粒粉、バナナ、ブロッコリー、パイナップル、パプリカ、りんご、卵、大豆…是非あなたの食生活に取り入れてくださいね。

あなたへおすすめ