肌の乾燥を防ぐための4つのポイント

お風呂に入りすぎると肌には害となり、肌を乾燥させてしまうことを知っていましたか? 肌の乾燥を防ぐには、お風呂やシャワーは一日に一度までとし、体の内側から肌に水分を与えるためにも十分に水を飲みましょう。

潤いのある、生き生きとした美しい肌を手に入れようと多くの女性が努力しています。あなたは自分が望んだような肌を手に入れていますか?

皮膚は体の中でも一番大きな面積を持つ器官です。生きていくために欠かせない、以下のような機能を携えています。

  • 紫外線から体を守る
  • 体温を適切に保つ

また、体の中で何かが正常ではなくなった時、一番最初に症状として現れる器官の一つが皮膚でもあります。

そのため、肌を健康に、そして潤いを保たなくてはいけないのは単に見た目だけの問題ではないのです。体を健康に保つためでもあるのです。乾燥肌を防ぐには、以下のポイントを押さえておきましょう。

1. 水を十分に飲む

生き生きとした健康な肌のために必要なことの一つに、を十分に飲むということが挙げられます。

高価なクリームを顔に塗りこむことが、肌をパーフェクトな状態に見せてくれる方法だと信じている人は多いでしょう。しかし、クリームや肌ケア製品は、肌の表面に水分を与えるだけなのです。

実際、乾燥肌を改善するには、1日あたり8カップ以上の水を飲みましょう。水を飲む量を増やせば、すぐに肌のトーンやなめらかさに変化が見られるでしょう。

クリームは肌の第一層を保湿するだけだということを忘れないでください。これは質の良いクリームにも言えることです。逆に、水は内側から保湿します。内側から保湿することによって肌の層を変化させるのです。

そして、すばやく肌に潤いを与える方法があります。それは、クリームを使用することと水を1日8カップ飲むことを平行して行うことです。

2. 入浴しすぎない

肌が乾燥している時は、長時間ゆっくりとお風呂やシャワーに入るのが良いと考えている人が多いようです。そうすることで体に水分が補給されると思っているのです。しかし、これはコスメ業界や美容業界がバス関連商品を売り込もうとする神話なのです。

実際は、入浴しすぎると肌の乾燥がひどくなってしまうでしょう

これは、入浴時に使う入浴剤や化粧品類には化学物質がたくさん含まれているためです。

石鹸やボディソープを使うと日中の汚れが取り除かれるのは確かです。でも、同時に肌の保護層まで取ってしまうのです。

この保護層は熱すぎるシャワーを浴びた時にも影響を受けます。熱すぎるシャワーを浴びるのも肌を乾燥させる原因となるのです。

入浴で肌の乾燥をひどくしないために、以下のことに気をつけましょう。

  • エクササイズなどで汗をかいた場合以外は、体を洗うのは基本的に一日に一度にしましょう。
  • 水の中で長時間過ごさないようにしましょう。
  • できるだけ温かいお湯を使いましょう。
  • のデリケートゾーンを洗う時は、 中性ソープを使いましょう。
  • 体を拭く時は、擦らず優しく拭きましょう。
  • 肌が乾いたら、保湿オイルを塗って肌に栄養を与え、毛穴を塞ぎましょう。

3. ムダ毛の処理は適切に行う

カミソリでムダ毛の処理をすることで、肌の乾燥は加速してしまうでしょう。ムダ毛を剃ると、必要な皮脂まで取り除いてしまうからです。

この状態を防止するには、シャワーの後にムダ毛を剃ることをおすすめします。シャワーの後はムダ毛も柔らかく、剃りやすくなっているのです。

とはいえ、剃る時は必ずシェービングクリームやジェルを使いましょう。そして、埋没毛を避けるため、必ず毛の流れに沿って剃りましょう。

カミソリはキレの良い刃のものを使用します。終わったら、保湿クリームを塗りましょう。この手間で肌の乾燥が改善されるでしょう。

シェービングクリームやジェルを持っていないという方は、ココナッツオイルを代わりに利用するという方法もあります。ココナッツオイルには保湿効果もあるのでおすすめですよ。

ココナッツオイルを使った場合は、毛の処理をした後に保湿クリームを塗る必要はありません。

4. 肌を保護する

紫外線は、乾燥肌、シミ、シワなどの原因の一つでもあります。

しかし、一年を通してUVA、UVBを共に防ぐブロード・スペクトラム日焼け止め(SPF 30)を塗ることでこのダメージを軽減することができます。

寒い時期に日焼け止めなど必要ないのではないかと思う人もいるかもしれません。冬はSPF 30の日焼け止めをSPF 15のものに変えても構いません。

素早い気候の 変化は私たちの肌を変えてしまいます。気温が高くなってきたら、体に熱がこもったり、汗を過剰にかくのを避けるために薄いレイヤーの服を着るようにしましょう。

冬、唇が乾燥し皮がめくれるのを避けるには、SPF 15のリップクリームを塗ると良いでしょう。

夏、日差しの下にいる時には軽くてゆったりとした長袖のシャツを着ましょう。またつばの広い帽子(3.5cm程)をかぶり、首や耳、目を紫外線から保護しましょう。

肌は私たちの体を守っているのだということを忘れないでください。しかし、無敵というわけではありません。肌の乾燥を防ぐためにできるだけのことをしてあげなくてはいけないのです。