なぜムダ毛は生えてくるの?/どうやって処理する?

6月 13, 2016
あなたは敏感肌ですか? もしそうならムダ毛の処理方法にも気を使いましょう。ムダ毛処理方法の中には肌にとって負担が大きく、肌を傷つける可能性があるものもあります。

ムダ毛は学名で多毛症と言い、様々な原因があり体の様々な部位にたくさんの毛が生えてきます。多毛症は女性でもなり、悩みの種になりますがこの記事ではこのムダ毛がどうして生えてくるのか、またどうやって処理すれば良いのかを説明していきます。どうぞ最後までお読みください!

毛が多い vs ムダ毛

女性の中には脚や腕、背中、顔の毛が普通よりも濃い人がいます。これは健康に問題があるわけではありませんが、美意識や美容に影響し、より念入りなケアや気配りが必要になってきます。

毛が多いという事と”ムダ毛”は別である事を知っていましたか? ムダ毛の場合、首や顎、胸、脚、背中、腕、おへその下など体のいろいろな部位に生えてきます。

これは男性が持つ男性型脱毛症の状態と関連しているのですが、一方こちらは多毛症と呼ばれ女性に影響を及ぼし、悩みの種になります。もしくは非常に稀なケースですが日常生活を楽しむ事が難しくなるくらい深刻な場合もあります。

taimou

体に存在する毛

女性が除毛やワックス等を使って余分な毛を処理しようとする時、脚や脚の付け根部分そして脇の下をはじめ体の大部分に毛が生えている事に気づくと思います。(手の平や足の裏、粘膜は除きます。)

毛には皮脂腺がなく、非常に短く細い(2mm以下)毛母細胞から作られています。その大きさが大きくなってくるに従ってアンドロゲンという男性ホルモンの働きにより毛は太くなります。この男性ホルモンは女性に比べ男性の方が多く分泌されるのですが、これが男性の方が体毛が多く濃い理由です。しかしながら女性でも体がこのアンドロゲンを多く製造し、それによって長く濃く太い体毛を持つ人もいます。

女性が多毛症かどうかを決定づける他の要素は、遺伝です。髪の毛包は様々なホルモンに反応します。例としてはテストステロン(他のタイプの男性ホルモン)があります。これらのホルモンの影響を一番受ける場所が恥骨のあたりです。そのため、恥骨周りには男性女性ともに多量の毛が生えるのです。同じ事が脇の下にも言えます。脇の下の毛もまた、太くて密度が高く生えていますね。

1-natural-wax

男性は女性に比べて濃く長い毛が生える代表的な場所は胸や背中、お腹です。女性の多くもこの場所に毛は生えますが、それは短く柔らかい毛でほぼ見えない、もしくは手で触ってもわからないくらいのものです。しかしながらアンドロゲンの分泌が増えると、毛は太く長くなり多くの場合男性のような外見になっていきます。

なぜアンドロゲンの数値が増える女性がいるの?これにはいくつかの理由があるのですが、例えば生まれつき副腎皮質過形成(副腎に影響し、コルチゾールや性ホルモンなどを多く作り出す遺伝子の病気)や多嚢胞性卵巣といった問題を抱えている場合があります。多毛症は緊張や精神的ストレス、太り過ぎ、痩せすぎが原因になることもあります。

ムダ毛の処理方法

ムダ毛の処理方法や特定のホルモン分泌を抑える方法はいろいろな方法がありますが多毛症は今では医学的な問題とは捉えられていません。今日では”美容”の部類になっています。しかしながら体毛の増加は女性の自己評価、自信喪失、落ち込みなどの問題の原因になる場合があります。

もしも体毛が今までよりも濃くなり始めたら、それはもしかしたらホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。医師の処方が必要ですが体毛を薄くする、といったホルモンも存在しますが、もし薬などに頼りたくないというのであれば下にご紹介するような方法をとってみてください。

ワックス

これはヨーロッパやアメリカの国々で最も人気のある方法です。家で自己処理することもできますし、エステなどで処理してもらうこともできます。ワックスでのムダ毛処理は他の方法にはないような利点があります。例えば次の毛が生えてくるまでの周期が長い(個人差がありますがだいたい4〜5週間)などです。ワックス処理を続けるうちに毛根は弱くなっていき、毛の密度も少なくなり毛自体も細くなっていきます。悪い点はなんと言っても痛み、特にデリケートゾーンなどの毛が多く生えている部分は痛みが強くなります。

mudageshori

除毛

除毛にはカミソリを使ったり電気カミソリを使ったりする方法があります。男性が使うものと同じですね(男性用と女性用で売られている物の中には色だけが違って他にはなにも違いがない、というものもあります)。この方法だと毛が太く、濃くなると言われていますが確証はありません。この方法の良い点は痛くない事ですが多毛症でお悩みの方だと少なくとも週に一回、頻繁に処理をしなければなりません。毛穴が開くのでお風呂に入っている時などがおすすめですが、顔などの敏感な部分へはこの方法はあまりお勧めしません。

毛抜きを使う

一回で少しの脱毛しかできないため、毛抜きを使っての処理は多毛症の女性にはお勧めできません。

レーザー脱毛

この方法はクリニック等に行く必要があります。女性のムダ毛の悩みを解消するには良い手段かもしれませんが値段が高いのと100%成功する、というわけではないのが難点です。

除毛クリーム

mudageshori2

こちらはとても簡単で痛みもなくムダ毛処理をする事ができます。しかしながら、場合によっては肌荒れの原因になる事もあります。除毛クリームを使う前には脚などに少し塗って、かゆくなったり肌荒れしたりしないかをテストする事をお勧めします。もしもクリームを塗った場所が赤くなってかゆくなったり焼けるような感じがしたら、すぐに洗い流しクリームの使用を中止してください。

あなたへおすすめ