顔のうぶげが濃い:その理由と改善法

女性の顔のうぶげが濃くなるのは、薬の副作用かも知れません。この場合は、自分で何とかしようとする前に必ず医者に相談してください。

顔のうぶげは誰にでもある自然なものなのですが、女性にとっては悩みの種となる時があります。

それが濃くなると、状況は深刻化。男性にとっては気になるものではなくても、女性にとっては嫌な存在です。

そしてそれは美容の敵であるだけでなく、身体的な問題を抱えているサインかも知れないのです。

その原因と、改善法をみていきましょう

男性型多毛症ってなに?

男性型多毛症とは、体毛が全体的に多い女性の事を言います。

体のあらゆる部分にその症状が出ます。

・顔

・足

・胸

・背中

・お腹

これは特定の男性ホルモンのコントロールが効かなくなった時に起こります。

女性の体内でも、バランスを図るため少量の男性ホルモンが分泌されています。分泌量が適切であれば、何の問題もありません。

 

1.遺伝や人種的要因

母と娘

インドや地中海出身の女性は、その他のヨーロッパ圏やアジア、北アメリカの女性と比べて顔のうぶげが濃い傾向があります。

ですがもし家族に男性型多毛症の人がいれば、それが遺伝している可能性もあります。

うぶげの濃い親族がいたら話をして、遺伝によるものか、それとも薬の副作用によるものかを確認してみてください。

病気などによるものなら、それが何の病気なのか聞いておくと良いでしょう。

 

2.多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群は女性にとって非常に一般的な病気です。人によっては何年もそれに気づかず過ごす人もいます。

一方で、明らかな症状が現れる人もいます。その1つがあごのうぶげが濃くなることです。

もしこの病気にすでにかかっていて、うぶげが濃くなるような症状がまだ現れていないのなら、症状が悪化していないかどうか医師に確認した方が良いでしょう。

この場合に出来るベストな対処法:

・注意して毎日観察する

・症状を確認するため定期的に医師の診察を受ける

・医師の指示に従ってください

 

3.クッシング症候群

クッシング症候群

クッシング症候群とは、コルチゾールが過剰に産生されることで起こるホルモン異常のことです。関節炎や喘息の薬を服用している女性に多く見られます。

これは多毛の原因となる事もあります。脱毛しても良いのですが、一番良いのは医師に相談して薬を調整してもらう事です。

 

顔のうぶげがこれ以上濃くならないようにするには?

顔のうぶげが濃いのはとても気になりますよね? これ以上濃くならないよう、しっかりとお手入れしましょう。

 

1.独断で薬の服用を始めたりやめたりしない

薬

ホルモンバランスの崩れが多毛の原因となる事から、この種の薬の服用をやめてしまう女性も多くいます。

最も原因となっている薬が経口避妊薬です。ですが、医師があなたの体の状態を診たうえで薬を処方しているという事を忘れてはいけません。

独断で薬の服用をやめるのではなく、必ず医師に相談してください

 

2.問題を悪化させる脱毛法を避ける

多毛は不安な気持ちを助長させたり美しさを阻害したりするので、どうにか脱毛をしようと考えたりします。

・この場合、イングロウンヘアー(埋没毛)が出来たり毛が濃くならないような方法を選んでください。

・カミソリは使わないでください。クリームやワックスがおススメです。

 

3.顔のうぶげをブリーチする

うぶげ

顔のうぶげを剃るのが嫌な方は、ブリーチを試してみてください。

これは自宅で、1時間もかからず簡単にすることが出来ます。ただ材料を混ぜて塗るだけというとてもお手軽なキットが販売されています。

副作用を避けるため、外出する時は必ず日焼け止めを塗ってください。

カテゴリ: 美容 タグ:
あなたへおすすめ