ワックス脱毛って良いの?

· 10月 3, 2015

ワックス脱毛は最も一般的に使われる脱毛方法の1つです。基本的には、肌の表面よりも下から毛を引き抜くことで毛根から離れやすくする技術です。次々と新しい技術が登場する中、カミソリなどを使った他の脱毛方法よりも長持ちし、簡単に行うことができるため、ワックス脱毛は未だに人気があります。

ワックスを塗る

ワックスは使用前に融かされ、肌の上に1つの層を作るように塗られます。数秒待つと固くなり始めるため、特別な布を使って、その場所にあてた布を毛の生える向きと反対にすばやく引っ張ることで、脱毛することができます。ワックスが溶け過ぎたり、肌にやけどをさせたりするため、ワックスの温度は42度を超えないようにしてください。

ワックス脱毛は、毛質や生え方によって、それぞれの女性で違ってきます。しかし、3週間に1回行うのがオススメで、脱毛後すぐに日光に当てたり、刺激の強いクリームなどを塗ったりしないように、注意してください。脱毛後には、肌が赤みを帯びたり、かぶれたり、痛くなったりしますが、これは全く普通のことです。数分もしないうちに脱毛した部分の炎症などを和らげてくれる、ワックス脱毛後用のクリームもあります。

きれいに脱毛を行うためには、清潔さや利用する製品の品質に注意する必要があります。脱毛する前に肌をしっかり清潔にするために、使用する器具を消毒したり、家の中の清潔で整理された場所を使ったりすることも大切です。これらのことが、感染症や事故などを防ぐことになります。

利点と欠点

お肌には様々なタイプがありますので、すべてのワックスがすべての人に合うわけではありません。この方法には、利点と欠点があります。

利点

ワックス脱毛の効果は長続きしますので、多くても1ヶ月に1回か2回行えば十分です。そのおかげで、肌を休ませることもできますし、新しく生えてくる毛にもカミソリの切り口がないため、そのせいで肌がかぶれることもありません。

もう1つの利点は、肌のすべすべ感じが得られることです。毛が毛根から完全に抜かれるため、申し分のない肌になります。

さらに、この方法はお金がかからず効果的です。最近では、様々な形や大きさのものがあります。肌のタイプや好みに合わせて、熱いワックス、ぬるめのワックス、冷たいワックスを選べます。

欠点

ワックス脱毛の第一の欠点は、人によっては大きな痛みを伴う可能性がある方法であることです。しかし、繰り返し行うことで肌は次第に慣れてきますし、痛みもだんだん消えていきます。

ワックス脱毛がきちんと行われないと、埋没毛を引き起こす可能性があります。かぶれやアレルギーが起こりやすくなる人もいます。

特に敏感な肌の人は、引き抜く動作で、あざができたり、小さな腫れができたりします。

オススメ

クリーム

  • ワックス脱毛の前に、肌を清潔にし、乾燥させる。
  • ワックス脱毛の直前や直後に、肌を日光に当てない。
  • 自分の肌のタイプを知ることで、自分に合ったワックスを選ぶ。
  • 3週間に1度、または月に1度行う。
  • ワックス脱毛の後に、肌の水分補給をする。アロエベラがとても効果的です。

適切な方法で行えば、ワックス脱毛はとても効果的で、オススメできるものです。レーザー脱毛のような最新の技術はあるものの、なるべく天然の製品をシンプルな方法で使う方が良いですから、ワックス脱毛は今でも多くの人にとって選ばれているのです。