顔面紅潮を防ぐ5つの方法

· 4月 7, 2019
顔面紅潮(顔が赤くなること)を治し、その頻度を減らすためには、この記事でご紹介する家庭療法に加えて、運動やヨガや太極拳などのリラクゼーションエクササイズを行うことも効果的です。

顔面紅潮は、熱のために大量の発汗、皮膚の紅潮、心臓の動悸などを伴うことがあります。

女性が閉経する時などに経験するホルモンバランスの変化に関連して起こりますが、気候や病気が原因となることもあります。

一般的に、顔面紅潮は突然起こり、数秒から数分の間続きます。特に睡眠を妨害する傾向があるため、問題視されています。

この症状に苦しんでいる人の中には、定期的に発症する人もいますし、そうではない人もいます。顔面紅潮が日々の生活に悪い影響を与えないよう、それを抑えるための家庭療法があります。

この記事では、そんな家庭療法を5種類紹介します。

 

1、リンデンフラワー・ティー

リンデンフラワー・ティー

リンデンの花は、夜間に顔面紅潮が起こった時にそれを抑えるのに最適です。安静な状態を促進する鎮静作用があり、熱また発汗が原因となる睡眠の妨害を抑えることが出来ます。

材料

・乾燥したリンデンの花 小さじ1(5g)

・水 250ml

作り方

・水を沸騰させて、リンデンの花を加えてください。

・蓋をして、10分間待ちます。

飲み方

・ベッドに行く前に、濾したお茶を飲んでください。

この記事もお読みください:

デリケートゾーンのかゆみやほてりに効く自然療法

2、イラクサとセージのお茶

イラクサとセージのお茶

この2種の植物の組み合わせは、突然のホルモンの変化によって引き起こされる顔面紅潮を抑えるのに優れています。これらに含まれる活性化合物が、ホルモンの働きを調整して、睡眠中に体温が上昇するのを防ぎます。

材料

イラクサ 小さじ1(5g)

・セージ 小さじ1(5g)

・水 500ml

作り方

・材料を全てポットに入れて、火にかけて温めます。

・沸騰したら、火を止めて、室温で冷まします。

・飲めるくらいに冷めたら、お茶を濾します。

飲み方

・朝、一杯飲み、午後の中頃にもう一杯飲んでください。

注意:高血圧や腎不全の方は、この治療法は行わないでください。

3、アルファルファシードとレモンのお茶

アルファルファシードとレモンのお茶

アルファルファの種には、女性のエストロゲン値の低下による影響を抑えるのに最適な活性化合物が含まれています。このため、顔面紅潮を防ぐための補助剤として使用することが出来ます。

材料

・アルファファルファシード 大さじ2(30g)

・水 250ml

・レモン汁 小さじ1(5ml)

作り方

・アルファルファシードを水に加えて、加熱します。

・沸騰したら、火を止めて、15分間置いておきます。

・そしてお茶を濾し、レモン汁を加えます。

飲み方

・午後、または夕食後にこのお茶を飲んでください。

4、ダミアナのお茶

ダミアナのお茶

ダミアナは、私たちの体にエネルギーを与えてくれる効果から、人気が高まっている薬用植物の一つです。それだけでなく、閉経によって起こる様々な症状に対して効果を発揮する治療薬でもあります。

ダミアナの抽出液は、夜間に起こる顔面紅潮の頻度を減らし、睡眠の質を改善します。

材料

・乾燥したダミアナ 大さじ1(15g)

・水 250ml

作り方

・水を沸騰させて、ダミアナを加えます。

・蓋をして、10分間待ち、お茶を濾します。

飲み方

・顔面紅潮が良くなるまで、毎晩このお茶を飲んでください。

注意:この治療法は、神経バランスの乱れ、肝臓の問題または心臓血管の問題を抱える人には適していません。薬を服用中の方は、医師に相談するようにしてください。

この記事も参考にしてください:

植物の力で安眠を手に入れよう

5、カモミール、ノコギリソウ、ダイダイのお茶

カモミール、ノコギリソウ、ダイダイのお茶

これらの植物の組み合わせにはいくつかの効能があります。まず、ホルモンバランスが変化することによって起こる悪影響を緩和してくれます。また、飲むと落ち着かせてくれる効果があり、神経系の働きを調整するのを助けてくれます。

材料

・水 500ml

カモミール 7g

・ノコギリソウ 5g

・ダイダイ 5g

作り方

・水を火にかけて温めます。

・沸騰したら、火を止めて材料を加えます。

・蓋をして、10分間待ち、お茶を濾します。

飲み方

・このお茶を午後の中頃、そして寝る前に飲んでください。

健康的なライフスタイルを維持すること、そしてゆったりとした服を着ることもまた顔面紅潮の症状を和らげるのに効果があります。自分に会うと感じる方法を選び、その効能を利用してみてください。

  • Freeman, E. W., Sammel, M. D., Lin, H., Gracia, C. R., Kapoor, S., & Ferdousi, T. (2005). The role of anxiety and hormonal changes in menopausal hot flashes. Menopause. https://doi.org/10.1097/01.GME.0000142440.49698.B7
  • Ee, C., Xue, C., Chondros, P., Myers, S. P., French, S. D., Teede, H., & Pirotta, M. (2016). Acupuncture for menopausal hot flashes. Annals of Internal Medicine. https://doi.org/10.7326/M15-1380
  • Hanisch, L. J., Hantsoo, L., Freeman, E. W., Sullivan, G. M., & Coyne, J. C. (2008). Hot Flashes and Panic Attacks: A Comparison of Symptomatology, Neurobiology, Treatment, and a Role for Cognition. Psychological Bulletin. https://doi.org/10.1037/0033-2909.134.2.247
  • Imai, A., Matsunami, K., Takagi, H., & Ichigo, S. (2013). New generation nonhormonal management for hot flashes. Gynecological Endocrinology. https://doi.org/10.3109/09513590.2012.705380