エストロゲンを摂取する利点

· 3月 15, 2019
バランスよく食事を取っているつもりでも、実は体が必要としている成分を十分に摂取できていない場合も少なくありません。今日はそんな事を防ぐために、エストロゲン豊富な食生活を紹介します。

健康的な食生活はライフスタイルになったと言っても過言ではないでしょう。しかし体と精神が本当に何を必要としているのかを知るのはなかなか難しい事です。今日はエストロゲンを食べ物から摂取する利点を紹介します。

今日はエストロゲンを体に与えてくれる食べ物を取り上げます。エストロゲンは性また、生殖に関わる臓器の働きを最大限に引き出してくれ、他の臓器の働きも向上させてくれるホルモンです

エストロゲンの利点

エストロゲンは女性ホルモンです。少量ですが男性にも存在します。女性では月経閉止期に生殖機能が落ち、深刻な症状が現れることもあります。

暑そうな女性 エストロゲン

エストロゲンの働きには

  • 月経周期の規制する働き
  • 女性らしさを育てる働き
  • 心臓、筋肉、骨、生殖、性のシステムを健康的に保つ働きがあります。

ですから、エストロゲンの値を一定に保つことが大切で、エストロゲンを多く含む食べ物を摂取することが大切です。

エストロゲンが不足した体

エストロゲンの値をチェックしないでいると、エストロゲン不足が原因で起こる問題を防ぐことはできません。しかし、よくイライラするようになったり、眠れなかったり、抜け毛がひどい時はエストロゲンが不足している証拠です。

エストロゲンが豊富な食べ物を生活に取り入れる

この記事を読む前よりも、エストロゲンの働きが少しわかったところで、エストロゲンの値を保つために役立つ、エストロゲン豊富な食べ物を紹介していきましょう。

果物と野菜

果物と野菜は健康にかんする問題を解決するには欠かせません。どういった食生活にも必要で、エストロゲン摂取を考えた食生活にももちろん欠かせません。植物性エストロゲンという、女性の体のエストロゲンを生産を刺激する成分が含まれています。

野菜100グラムには94〜604ミリグラムの植物性エストロゲンが含まれています。りんご、梅、トマト、ナツメヤシ、パパイヤなどに特に多く含まれます。

野菜 エストロゲン

下記の野菜も摂取するようにしましょう。

シード類や穀類

シード類や穀類も植物性エストロゲンを多く含みます。ビタミンやミネラルも豊富で、他の食品とも合わせやすい食べ物です。

フラックスシードやごまなどのタネ類や、小麦、コメ、オオムギ、オーツ麦などの穀類を取りましょう。

こちらもお読みください:減量におすすめのシード5選

大豆とナッツ類

大豆は植物エストロゲンの大事な源です。100グラムの大豆はおおよそ103マイクログラムの植物エストロゲンを含んでいます。大豆ヨーグルトや豆腐などの大豆食品を食すようにしましょう。

ナッツ類も植物エストロゲンを豊富に含んでいます。特に良いのはピスタチオですが、アーモンド、ヘーゼルナッツやピーナッツも忘れず摂取しましょう。

こちらもお読みください:ピスタチオを毎日食べるべき理由

エストロゲンの値を高めてくれる3つの習慣

エストロゲンを豊富な食品を食生活に取り入れるほかに、下記に紹介する習慣も実行し、エストロゲンの値を高く保ちましょう。

1、有酸素運動をする

有酸素運動をすると良いホルモンの生産が促されます。最低でも30分の有酸素運動に時間を取りましょう。

2、6時間以上の睡眠を取る

睡眠時間が6時間をきると、エストロゲンの生産が減少するため、性欲が減少します

寝ている女性 エストロゲン

3、サプリメントを摂取する

サプリメントの摂取は、必ず医師に相談の上行ってください。プロテインやハーブなどは、エストロゲンや、ほかの女性ホルモンの生産を助けてくれます。プロテインは最終手段として摂取するようにしてください。

エストロゲンの摂取を気にかけた食生活は、体内のエストロゲンの値が低いことが原因でおこる症状を予防するのが目的です。この変化は更年期に顕著になります。しかし、前もって対処しておくと、リスクが少なくなります。

化学的に、女性の体が更年期時に、どのような反応をするかを示すパターンがあるわけではありません。しかし、その変化の影響を少なくする方法はいくつかあります。その一つがエストロゲンを意識して摂取することです。

複雑なことではありません。果物、野菜、穀物はおそらくどの家庭のキッチンにもあることでしょう。そこに少しの大豆とナッツ類を足すだけです。7、8時間の睡眠をとり、運動する時間を作りましょう。シンプルですが、健康には必要な習慣です。

考えてみると簡単ですよね。時間をたくさんさいたり、そのための場所を確保しなくてもいい健康的な生活です。家族とのいい関係も長続きするでしょう。

  • Bartrina, Javier Aranceta, et al. "Guías alimentarias para la población española (SENC, diciembre 2016): la nueva pirámide de la alimentación saludable." Nutrición hospitalaria: Organo oficial de la Sociedad española de nutrición parenteral y enteral33.8 (2016): 1-48.
  • Casanueva, Esther. "Nutrición de la mujer adulta." Nutriología médica. 1995. 99-120.
  • Martínez Álvarez, J. R., et al. "Recomendaciones de alimentación para la población española." Nutrición Clínica y dietética hospitalaria 30.1 (2010): 4-14.