フルーツの皮って食べるべき?

フルーツの皮って食べるべき?
Eliana Delgado Villanueva

によって書かれ、確認されています。 栄養士 Eliana Delgado Villanueva.

最後の更新: 12 10月, 2018

リンゴ、ナシ、柑橘系フルーツ、ブドウなどのフルーツは皮も食べることができますが、フルーツの皮を食べるかどうかについては、様々な意見があります。バナナ、パイナップルに関して言えば、食べられるなんて想像もしていなかった方が多いのではないでしょうか。

今日は、フルーツの皮を食べるプラス面、マイナス面について、そしてフルーツが持つ栄養について見ていきましょう。

フルーツの皮に含まれる栄養とは?

かつて、フルーツは皮ごと食べられていました。例えばレモンやオレンジの皮はある種の病気にも良いという説もあります。

フルーツの皮も果実の一部です。そして、日光を直接浴びているという点、中の果肉を厳しい天候から守っているという点から、より多くの食物繊維や栄養、エネルギーを持っているのです。

 

皮をむいたりんご

フルーツの皮を食べてはいけない時とは?

フルーツや野菜が今日抱える一番大きな問題は、とてつもない量の農薬が使われているという点です。何十年も前に私たちが食べていたフルーツや野菜とは全く変わってしまっています。

フルーツを洗った後でも、農薬は残留しています。フルーツの種類によっては、残留農薬高いものがあれば、低いものもあります。そのため、今日ではフルーツの皮はむくことが推奨されているのです。

フルーツの皮の栄養をしっかりと摂りたいという方は、オーガニックのものや自分で育てたものを、重曹と水でよく洗い、ナイフで少し削り落として食べることをお勧めします。

厚生労働省のホームページによると、

食品中に残留する農薬などが、人の健康に害を及ぼすことのないよう、厚生労働省は、全ての農薬、飼料添加物、動物用医薬品について、残留基準を設定しています。
残留基準は、食品安全委員会が人が摂取しても安全と評価した量の範囲で、食品ごとに設定されています。農薬などが、基準値を超えて残留する食品の販売、輸入などは、食品衛生法により、禁止されています(いわゆる「ポジティブリスト制度」)。

だということです。

フルーツの皮のオススメとは?

オーガニックのフルーツであれば、以下のフルーツの皮を食べてみるのも良いでしょう。もちろん十分に洗ってからにしましょう。

  • リンゴ:リンゴの皮にはウルソール酸が含まれています。ウルソール酸には抗炎症作用があり、高コレステロールを予防し、コラーゲンの生成を助けます。ペクチンや食物繊維が便秘対策にもなります。
  • 洋梨:皮全体にビタミンCが含まれているため抗酸化作用に優れています。また、水溶性繊維も含まれていますので便秘や大腸がんのような病気を予防してくれるかもしれません。よく洗った皮の内側で歯を擦ると歯を白くする効果があります。
  • 柑橘系のフルーツ:ガン、特に乳ガンや皮膚ガンを予防する効果が期待できるかもしれません。がん細胞に効果があるとされる抗酸化作用を持つフラボノイドが皮には含まれています。また、心臓血管系の病気を防ぐ効果があるかもしれません。さらに、ビタミンCが豊富に含まれていますので、血液強壮、利尿作用、リラックス効果、消化を促してくれるかもしれませんね。
  • ブドウ:ブドウの皮や種にはフラボノイド、アントシアニン色素、リスベラトロールが含まれています。これらは毛細血管や心臓血管の健康を促進する効果が期待できるかもしれません。また、抗酸化作用も豊富です。
  • バナナ:バナナの皮には酵素が含まれ、抗菌、抗真菌性作用があります。生でも、調理しても食べられます。
  • パイナップル:パイナップルの皮を使って健康に良いお茶を作ることができます。体液貯留を予防し、消化を促してくれるかもしれません。
パイナップル

アレルギーについて

ある種のフルーツの皮に対し、アレルギー反応がでる方もいます。また、フルーツの皮についてしまった残留農薬などの化学物質に反応してしまう場合も考えられます。だからこそ、選択できるのであれば、常に無農薬や有機栽培のフルーツを選ぶべきだと言えるのではないでしょうか。

こちらの記事もおすすめです。
健康に良いフルーツベスト8
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
健康に良いフルーツベスト8

強く健康な体を維持するためには、なるべく多くの種類の果物を毎日食べることが大切です。毎日の生活にたくさんの果物を食べる大切さを多くの栄養士が強調しています。どんなフルーツでも良いですが、今回は特に健康に良いフルーツ8種をご紹介したいと思います。これを参考にして毎日の食生活に取り入れてみてくださ...



  • Díaz Varela, J & López Lago, I & Merino, Fuencisla. (1996). La bromelina: una proteasa de interés comercial. Ciencia y Tecnología Alimentaria. 10.1080/11358129609487552.
  • Martín, A.R., Villegas, I., La Casa, C., y de la Lastra, C.A. (2004). Resveratrol, a polyphenol found in grapes, suppresses oxidative damage and stimulates apoptosis during early colonic inflammation in rats.
    Biochemical Pharmacology, 67, 1399-1410.
  • Liu J, Yu H, Ning X (2006) Effect of quercetin on chronic enhancement of spatial learning and memory of mice. Sci China
    C Life Sci 49:583-590.
  • Palomo G, Iván, Yuri S, José Antonio, Moore-Carrasco, Rodrigo, Quilodrán P, Álvaro, & Neira E, Amalia. (2010). EL CONSUMO DE MANZANAS CONTRIBUYE A PREVENIR EL DESARROLLO DE ENFERMEDADES CARDIOVASCULARES Y CÁNCER: ANTECEDENTES EPIDEMIOLÓGICOS Y MECANISMOS DE ACCIÓN. Revista chilena de nutrición37(3), 377-385.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。