塩素によるダメージから髪を守るためのヒント

18 4月, 2020
プールで過ごす時間を楽しみにしているものの、プールの塩素が髪に与えるダメージについて心配しているのなら、心配は無用です。今回の記事では、塩素による髪へのダメージを予防しながら、楽しい時間を過ごすためのヒントをご紹介します。
 

寒い季節がやってくると、エクササイズを行うためにプールを利用する人が増えますが、プールの塩素による髪へのダメージについて心配する人はほとんどいないかもしれません。

スポーツジムやスパなどのプールがある施設では、通常はスイムキャップの着用が推奨されています。これはプールの水が汚れないようにするためだけでなく、髪を保護する目的があります。

塩素による髪へのダメージを防ぐ方法

現段階で私たちが入手できるすべての情報から、プールの水になぜ塩素が含まれているのかを正しく認識する必要があります。

プールに塩素が使われているのは、塩素が最も広く使われる消毒剤だからという、基本的にとてもシンプルな理由です。

消毒に使用される強い化学物質である塩素が入ったプールに入ると、髪が乾燥してもろくなり、自然な輝きを失うのも不思議ではないでしょう。

幸いなことに、髪へのダメージを防ぐための鍵がいくつかあります。

スイムキャップを使用する

塩素によるダメージから髪を守るためのヒント スイムキャップの女性

水泳に使われるスイムキャップは、水との接触を制限することによって私たちの髪を保護する、とても重要な必須アイテムです。

スイムキャップには、ファブリック、シリコン、ポリウレタン、ラテックスなど様々な種類があります。ラテックス素材は、髪がキャップについたり抜けるというダメージを与える可能性があるため、使用には注意が必要な素材です。

 

大人と子供のどちらも、塩素から髪を保護するためにスイムキャップを着用する必要があります。

オイルを塗る

プールでスイムキャップを着用してるのが自分だけという状況が苦手な場合は、髪が塩素のダメージを受けないための別の方法があります。これは、髪にアルガンオイル、ココナッツオイル、オリーブオイルなどのオイルを塗るだけのシンプルな方法です。

手のひらに少量の油を塗り、髪全体に塗ります。塩素に対する耐性が強化されます。

続きはこちらから:傷んだ髪をいやす4つのオイル

あらかじめ髪を水で濡らす

プール内の塩素から髪を保護するもう1つの方法は、プールに入る前に冷水で髪を湿らせる方法です。必要に応じて洗髪する方法もあります。髪がプールの水を吸収しないようにするための、シンプルな対策です。

この方法は、上記の他の方法と組み合わせて使用​​して、できるだけ髪をしっかりと保護することをお勧めします。

高品質のヘアマスクを塗布する

スイミングキャップをはじめとする髪を保護する対策を講じている場合でも、プールの後はヘアマスクを適用することをお勧めします。市販品を購入する際には様々な選択肢がありますが、自宅で手作りする方法があります。

このタイプのヘアマスクは、髪に優れた効果を提供し、プールで過ごす頻度に関係なく、毎日髪に適用しましょう。

こちらもご参照を:ダメージヘアに効く自然療法5選

ヘアカラーをした時に塩素による髪へのダメージを防ぐ方法

塩素によるダメージから髪を守るためのヒント プールの中の女性
 

ヘアカラーをしている人は、塩素の入った水から髪を保護するための特別な対策を講じるべきです。

髪を染めている人は、どのように髪を保護したら良いでしょうか?

髪を染めている人は、プールに入った後、髪の色が黄色や緑色に変化することに気づくでしょう。これは「スイミングプールの水処理に使用される化合物の、健康への安全性における影響」に関するこの記事が指摘しているように、「髪の特性の変化や特定の染料の変化など」が生じるかもしれません。

これらの問題が起こらないようにするためにも、上記のアドバイスを実践する必要があります。

また、髪タイプに合わせた特定のシャンプーを使用する習慣を身に付けることも大切です。たとえば、ブリーチした髪専用の製品が販売されています。

結論

今回ご紹介したように、ほとんどのプールの塩素から髪を保護することは、それほど難しいことではありません。

髪を保護する方法は数多くありますが、プールに頻繁に行く場合でも年に数回しか行かない場合でも、追加の対策のいくつかに従う必要があります。

最近髪を染めたり脱色した場合は、特に注意してください。プールに入る場合に(少なくとも)1週間待つか、スイムキャップを着用してください。これは、髪の色を変えたくない場合にとても大切です。

プールに行くときには、どのような方法で髪を保護しますか?今回ご紹介した方法を試したことはありますか?

 
  • Babaahmady, E., Mahmudy, M., & CHERAGH, A. (2011). Diagnóstico fúngico de las piscinas públicas cubiertas. Higiene y Sanidad Ambiental11, 815-819.
  • Fernández Luna, Á., Burillo Naranjo, P., Hernández, F., Luis, J., Plaza, M., Sánchez Sánchez, J., & Gallardo Guerrero, L. (2011). Percepción de problemas de salud en piscinas cubiertas con tratamiento químico cloro.
  • Morales-Molina, J. A., Grau Cerrato, S., Jiménez Martín, J., Antonio, M. D., Espona, M., Berges-Fraile, M. J., … & Salas, E. (2006). Quemaduras solares: fotoprotección y tratamiento.