Diabulimia:糖尿病と過食症

08 7月, 2020
新しく作り出されたメディア用語であるdiabulimiaは、正確な日本語訳はまだありませんが、糖尿病と過食症の二つの語を合わせた言葉です。糖尿病と摂食障害のリスクを含む健康状態を示します。
 

ホルモン不足に加えて摂食障害も抱えていたらどうなるでしょうか? とても深刻な状態になってしまうでしょう。例えば、Diabulimiaです。

では、Diabulimiaとは何でしょうか?

Diabulimiaは、ある2つの病気の組み合わせからくる、比較的最近の病気です。この2つの病気とは、インスリン依存の糖尿病と過食症です。残念ながら、どちらもとても深刻な病気です。

Diabulimiaにおける糖尿病

まず、1型糖尿病についてお話ししましょう。1型糖尿病の患者は、膵臓が必要な量のインスリンを合成できない為、インスリン投与が必要です。

1型糖尿病患者にとって、体重の減少の大きな要因はインスリンの欠乏です。これは、正常に機能する為にはブドウ糖分子が細胞インスリンが欠かせないからです。インスリンがないと、糖が血流に留まります。腎臓は普通これを処理しますが、時には体重が減ってしまいます。

通常の状態では、若い1型糖尿病患者は再び体重を取り戻します。これは、診断され、慢性のインスリン治療が行われるからです。ですが、Diabulimiaの患者は、理想の体重や健康状態を取り戻す代わりに、代謝の中のインスリンの活動を利用して、激しい体重減少を維持するのです。

嘔吐する女性 Diabulimia:糖尿病と過食症

こちらも合わせてどうぞ:ケトジェニックダイエットの欠点と利点

 

患者のタイプ

Diabulimiaは、男女どちらもが抱える可能性のある健康問題です。ですが、患者のほとんどは女性です。患者は、以下のような特徴は持っていることが多いでしょう。

  • 幼い頃に1型糖尿病だと診断された若い女性である。
  • 若くて学歴があり、完璧主義者の傾向にある。
  • 自己肯定感が低いことが多い。
  • 問題解決力に欠ける、要求が高い、コミュニケーションの欠如などの複雑な家庭環境を持つ。
  • 抗うつ症の特性が見られることが一般的。Diabulimiaとうつ病のどちらが先に現れたのかは不明なことが多い。

つまり、1型糖尿病であり、かつ過食症を抱える人が、食べ物を食べ続け、自己嘔吐をし、インスリンを使って過剰な運動をし、体重を減らし始めるのです。投与量が十分ではなく、時には高血糖性昏睡になることもあるでしょう。命に関わる場合すらあります。ですが、痩せたい、細くなりたいという気持ちの方が強いのです。このインスリンの乱用によって、症状が進んでしまっても抜け出すことのできない状態になるのです。

こちらも合わせてどうぞ:夜のドカ食い:夜食症候群とは何ですか?

合併症

足の裏を持つ人

想像できると思いますが、この危険な状態からは様々な合併症が起こり得るでしょう。その中の一部を挙げてみましょう。

  • 腎臓にダメージを与えるリスクが上がる。透析が必要となる場合もある。
  • 網膜に影響を与える。失明する恐れもある。
 
  • 末梢血流に影響を与え、糖尿病足になることもある。糖尿病足の深刻なケースでは、切断しなければいけない場合もある。
  • 糖尿病足の痛みが悪化する。
  • 生理が遅れたり生理が止まってしまう
  • 発育不全
  • 抜け毛や皮膚トラブル不可逆的細胞傷害やその後の昏睡につながり得る。
  • 抜け毛や肌のトラブル高血糖からくるケトアシドーシス
  • 神経の代謝性アシドーシスのせいで神経傷害が現れることが多い。
  • Diabulimiaを抱える人の平均寿命は45歳

ご覧のように、Diabulimiaの予後は良いものではありません。

Diabulimiaの可能性を示す要因

1型糖尿病を抱える患者の家庭環境や医療環境から特定の要因を観察することが推奨されています。例えば、以下のような要因です。

痩せすぎの女性 Diabulimia:糖尿病と過食症

  • 糖尿病のコントロールができない期間
  • 激しい体重減少
  • 高血糖症による入院
  • 検査結果と患者のデータからわかる摂食障害

Diabulimiaは、専門の医療従事者でない人でないと、未だにはっきりとせず診断の難しい疾患です。予後はとても悪いため、即座の治療が行えるよう早期の診断が必要です。

治療

この治療は、一つの科だけの受診では解決できないでしょう。以下のような、様々な分野の専門医が必要になります。

  • 主治医
  • 精神科医
  • 栄養士
  • 内分泌科医

各分野の専門医が関わる場合は、関わる医師の間での情報の交流が欠かせません。また、どの方法が患者にとってベストなのかは、家族ともきちんとコミュニケーションをとらなくてはいけません。

 

Diabulimiaは、単独の糖尿病や単独の摂食障害以上のものです。もし、あなた自身や、あなたの愛する人がこの病気を抱えているかもしれないと思ったら、すぐに専門医を受診しましょう。

 
  • Larranaga A, Docet MF, Garcia-Mayor RV. Disordered eating behaviors in type 1 diabetic patients. World J Diabetes. 2011;2(11):189-95.22.
  • Orit Pinhas-Hamiel, MD, Uri Hamiel, ,Yuval Greenfield, Valentina Boyko, Chana Graph-Barel, Marianna Rachmiel, Liat Lerner-Geva, Brian Reichman. Detecting Intentional Insulin Omission for Weight Loss in Girls with type 1 Diabetes Mellitus. International Journalof Eating Disorders 46:8 819–825 201323.
  • Sancanuto C, Tébar FC, Jiménez-Rodríguez D, Hernández-Morante JJ. Factores psicosociales en la diabetes mellitus tipo1 y su relación con el riesgo de desarrollar trastornos alimentarios en la infancia y la adolescencia. Avances en Diabetología. 2014; 30,5; 156-16224.
  • Jessica T. MarkowitzDeborah A. Butler, Lisa K. Volkening, Jeanne E. Antisdel, Barbara J. Anderson, Lori M.B. Laffel. Brief Screening Tool for Disordered Eating in Diabetes. Internal consistency and external validity in a contemporary sample of pediatric patients with type 1 diabetes. Diabetes Care 33:495-500; 2010.25.
  • Custal N, Arcelus J, Agüera Z, I Bove F, Wales J, Granero R, Jiménez-Murcia S, Sánchez I, Riesco N, Pino Alonso, Crespo JM, Virgili N, Menchón JM, and Fernandez-Aranda F. Treatment outcome of patients with comorbid type 1 diabetes and eating disorders. BMC Psychiatry. 2014; 14: 140.