糖をチェックする糖尿病のコントロールデバイス

糖尿病を患っている人にとっては、エクサアイズや継続した血糖値測定が欠かせません。今日は、糖尿病をコントロールするためのデバイスをいくつかご紹介します。
糖をチェックする糖尿病のコントロールデバイス

最後の更新: 31 1月, 2020

糖尿病を患っている人にとって、糖尿病をコントロールすることは欠かせません。主治医のアドバイスに従い、健康的な生活習慣を送ることも大切です。これには、毎日の適度なエクササイズや、適切な水分補給、食事も含まれます。

目標は適切な習慣を維持することです。いろいろな情報が溢れているかと思いますが、鵜呑みにせず、疑問があれば何でも主治医に相談しましょう。そして自分が取り入れるべきこととそうでないことを明確にしましょう。

糖尿病のコントロールデバイス

グルコメーター(血糖テストストリップ)

血糖値を調べる

グルコメーターは糖尿病の人たちの間で広く使われています。糖尿病のコントロールを自宅で行う時に欠かせません。血糖濃度に関する情報をすぐに知ることができます。

グルコメーターの使い方は、まず毛細血管からの血液サンプルを採ります。数秒(5〜6秒)で結果がmg/dL(1デシリットル中のミリグラム)で表されます。

病院で行われる検査とは違い、測定するために血糖を上げようとする必要はありません。その代わり、サンプルを取った時の血液に見られる値を読み取ります。

ですが、高血糖症の検査をするには、患者はまず空腹時にある一定の量のブドウ糖を摂取しなくてはいけません。通常、数時間後に結果が出ます。

 

こちらも合わせてどうぞ:糖尿病がもたらす11の合併症

 

埋め込み型モニター

ブドウ糖モニター

グルコメーターの他に、埋め込み式モニターといった別のタイプのデバイスを使用し始める患者も増えています。埋め込み式モニターは、皮膚の下に入れ、継続してモニタリングしてくれるデバイスです。”リアルタイムでわかるブドウ糖モニター”と呼ばれています。

他のデバイスとは違い、このタイプのセンサーは、間質液を測定します。間質液は、皮膚の下の組織の細胞の周りの液体です。そのため、グルコメーターの完全な代用とはなりませんが、補完的なツールと言えるでしょう。

継続したブドウ糖センサーはとても有益です。様々なデバイスから得た情報を集めることでよりはっきりとしたことがわかりますし、患者にアラームで知らせることができます。このアラームは、低血糖または高血糖のピークの10〜30分前に鳴ります。また、患者が低血糖、高血糖のピークをコントロールし、生活の質を維持する助けとなることでしょう。

アキュチェックは腕に装着するセンサーが付いています。センサーは年に2度取り替えなくてはとういけません。また、市場で販売されている残りのブドウ糖メーターは毎週、または隔週取り替える必要があります。つまり、このメーターは患者にとって安心でき、長期的に使えるものだと言えるでしょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:糖尿病患者に起こる性機能障害について

 

スマホアプリ

ほとんどのモニターにはコントロールアプリが付いていて、モバイルからのデータを収集するセンサーと連動しています。これは、特に以下を通しても情報を得ることができます。

  • 1日を通し、遠くに離れても使える
  • 身体的活動中のエネルギー支出

糖尿病のコントロールにモバイルアプリがとても使えると証明されています。これは、アプリがデータの収集を行うからです。そのため、自分の健康状態について深く分析することができるでしょう。

ぜひアプリの機能を利用してみてください。

血糖値を最小値に抑える

血中糖度を調べる人

糖尿病をコントロールし、血糖値の動きを最小限に抑えるには、毎日のルーティーンを維持する必要があります。例えば、

  • エクササイズの前後、途中の血糖値をモニタリングしましょう。
  • エクササイズは前もって計画しましょう。前もって計画することで炭水化物の量を調節し、インスリンの投与を調節しましょう。
  • 最後に、エクササイズ中(特に長時間の時)に炭水化物を摂取しましょう。

継続的なブドウ糖メーターを装着しているなら、血糖値の状態を知るにはモバイルのスクリーンをチェックするだけです。リアルタイムで知ることができますよ。こういったデバイスを利用するのは、生活の質を改善する上でプラスになるでしょう。

 

こちらの記事もおすすめ
何を食べたらいい?糖尿病患者の食生活
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
何を食べたらいい?糖尿病患者の食生活

糖尿病の最も難しい点の一つが、食生活です。血糖値を正常に保つために炭水化物の摂取に注意することが大切です。糖尿病を発症したり、家族の誰かが糖尿病の場合は、様々な食品グループについて詳しく理解し、患者の血糖値に応じて正しい食品を選ぶことができるようにする必要があります。



  • Kittah NE, Vella A. MANAGEMENT OF ENDOCRINE DISEASE: Pathogenesis and management of hypoglycemia. Eur J Endocrinol. 2017 Jul;177(1):R37-R47. doi: 10.1530/EJE-16-1062. Epub 2017 Apr 5. PMID: 28381450.
  • Grajower MM, Horne BD. Clinical Management of Intermittent Fasting in Patients with Diabetes Mellitus. Nutrients. 2019 Apr 18;11(4):873. doi: 10.3390/nu11040873. PMID: 31003482; PMCID: PMC6521152.
  • Westman EC, Tondt J, Maguire E, Yancy WS Jr. Implementing a low-carbohydrate, ketogenic diet to manage type 2 diabetes mellitus. Expert Rev Endocrinol Metab. 2018 Sep;13(5):263-272. doi: 10.1080/17446651.2018.1523713. PMID: 30289048.