血糖値とコレステロール値を正常化するレシピ

5月 3, 2019
パンプキンジュースを飲む前と飲んだ後の血液検査をして比べてみてください。きっと良い結果が出ていますよ。

糖尿病と心血管疾患は「静かな」病気として知られています。ですのでしっかりと体調管理をしましょう。血糖値とコレステロール値を正常値に保つことは、このような病気の合併症の予防するのに繋がるのでとても重要です。今回はそれをサポートする家庭で出来るシンプルなレシピをご紹介します。

この治療法は糖尿病や心血管疾患に関連する化合物やホルモンレベルを制御するのに必要な場合に役立ちます。もちろん、この治療法は、体のコンディションに合った質の良い栄養素が必要となります。

こちらもご覧ください: ナッツを食生活に加える効果とは?

 

糖尿病とその原因について

血糖値

真性糖尿病は、インスリンが生産される時にすい臓がうまく機能できないことで起こる慢性疾患です。体に必要な量のインスリンが生産されていないか、もしくはすい臓が効率的にそれを使用していない状態です。

インスリンは体内の糖分を調整します。ですのでこれが減ると血糖値が上昇します。つまり糖尿病は血糖値が高いという事を意味するのではなく、すい臓がインスリンを上手く管理できていないという事を意味するのです。

糖尿病をしっかり管理しないと、体のあらゆる臓器やシステムに害を及ぼします。ひどくなると四肢の末端を切断しなければならないこともあります。

世界保健機関(WHO)によると、高血糖値は2012年における220万人の死亡の原因となっており、2014年の時点で8.5%の成人が糖尿病を患っています。

2030年には世界の7大死亡要因の一つになると考えられています。ですので血糖値をしっかりコントロールすることは大切なのです。

こちらもご覧ください: 知られざる妊娠糖尿病の症状

 

コレステロール値を制御すべき理由は?

健康のためにはコレステロール値の制御も重要となります。コレステロールは組織内に見られる成分で、体の機能が適切の働くためには必要なものです。ですが、過剰に存在すると他の成分と結合し血管をふさいでしまいます。

血管が詰まるとアテローム性動脈硬化になります。つまり深刻な心血管疾患を引き起こすのです。

WHOによると心血管疾患は世界中で最も高い死亡原因となっており、1700万人の人が亡くなっています。また高コレステロール血症と診断された人の多くが、適切な治療や管理を受けていません。

心血管疾患を予防したいのなら、食生活に気を付けなければなりません。座りっぱなしの生活を避け、体を動かし、生活の質を向上させましょう。

 

血糖値とコレステロール値を正常化するパンプキンジュース

材料

かぼちゃもしくはスクワッシュ  100g

・水  200ml

手順

・生のかぼちゃを小さく切って水と一緒にブレンダーに入れてよく混ぜます。

・お好みの濃さに水で調整してください。レシピの水の量は目安にしてください。

・最も良い方法は、1か月間毎日朝ごはんの前に飲むことです。砂糖は入れないでください。甘みが欲しい時ははちみつか甘味料を使いましょう。

 

かぼちゃはなぜ体に良いのか?

パンプキン

かぼちゃには繊維、ビタミンA、B6、E、カリウム、鉄分、リボフラミン、リンを多く含んでいます。このドリンクは血糖値とコレステロール値だけでなく、トリグリセリドの値も正常化します。

ではどのようにこのドリンクが作用するのでしょう?

このドリンクは血流の毒素を取り除き、動脈をきれいにします。悪玉コレステロール(LDL)を排除し心血管疾患を予防します。

含まれる繊維が便秘を予防し消化系の機能を強化します。また不要なものを体から排出するので体全体の機能を改善します。

 

かぼちゃと糖尿病

かぼちゃの血糖値に与える影響に関しては、いくつかの研究でラットのインシュリンの調整において好ましい結果が出ています。糖尿病患者にも同じような成功が見られたことから、科学者たちはかぼちゃの有効性を認めています。

ジュースまたはスープにしてかぼちゃを食事に加えると体に様々な効果を得ることが出来ます。もちろんバランスの良いヘルシーな食生活が大切です。血糖値とコレステロール値を変えるような食材を食べすぎないようにしましょう。

また、健康状態をチェックしホルモンやその他成分の値を確認するため、専門医の診察を定期的に受けるようにしましょう。値が変わっていないか知っておくことが必要です。

早期治療または合併症を予防するためにも、これら臓器の異常を適時に見つけることが重要です。また毎日の生活に運動を加えることも忘れないでください。座りっぱなしの生活は良くありませんよ。

Adams, G. G., Imran, S., Wang, S., Mohammad, A., Kok, S., Gray, D. A., … Harding, S. E. (2011). The hypoglycaemic effect of pumpkins as anti-diabetic and functional medicines. Food Research International. https://doi.org/10.1016/j.foodres.2011.03.016

YOSHINARI, O., SATO, H., & IGARASHI, K. (2009). Anti-Diabetic Effects of Pumpkin and Its Components, Trigonelline and Nicotinic Acid, on Goto-Kakizaki Rats. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. https://doi.org/10.1271/bbb.80805

Bayat, A., Heydaribeni, M., Feizi, A., Iraj, B., Ghiasvand, R., & Askari, G. (2014). The effect of pumpkin and probiotic yogurt consumption separately or/and simultaneously on type II diabetes. Journal of Isfahan Medical School.