カボチャを使った夕食レシピ3選

· 4月 8, 2019
カボチャは、頭に思い浮かべることができるどんな料理にも理想的な野菜です。寝るときまで空腹を満たしてくれる栄養価の高い食べ物です。

つい単調になってしまいがちな毎日の食事。イマジネーションを働かせて創造性を大いに発揮すれば、毎日違った料理を楽しむことができます。

カボチャはいろいろなレシピを作るのに最適な食材です。その万能な食感、甘さ、香りのおかげで、世界中の多くのシェフに使われています。

また、ビタミンCやリコピンだけでなく、フリーラジカルの上昇を抑える抗酸化物質も豊富に含まれています。その高いβ-カロテンの含有量のため、目の健康を維持し、脂肪を取り除き、そして便秘を防いでくれます。

こちらもご参考に:かぼちゃの7つの効能

カボチャを使ったレシピ3選

1.カボチャスパゲッティ

カボチャスパゲッティ

このレシピでは、カボチャをスパゲッティの形にするための特別な用具が必要です。ベジヌードルカッターと呼ばれるものです。

材料

  • 小さいカボチャ 1/2個(900g)
  • マッシュルーム 1/2カップ(50g)
  • ニンニク 4片
  • 胡椒 大さじ1(15g)
  • 塩 大さじ2(30g)
  • オレガノ 大さじ1/2(8g)
  • オリーブオイル 大さじ1(15ml)

作り方

  1. カボチャの皮を剥き、よく洗ったら、カボチャを半分に切ります。
  2. ベジヌードルカッターを使ってカボチャをスパゲッティ状にします。
  3. カボチャのスパゲッティとマッシュルームをフライパンに入れて、中火で約10分炒めます。
  4. 他の材料も加え、味が混ざるようによくかき混ぜます。
  5. 最後に、火からおろして粗熱がとれたら、美味しいカボチャスパゲッティを楽しみましょう。お好みでパルメザンチーズをかけても美味しいですよ。

2.カボチャサラダ

夜に重い料理を食べたくない場合には、サラダがお勧めです。このレシピは、カボチャをメインの材料として使うだけではなく、ドレッシングとしても使っています。

ぜひ楽しんでくださいね。

カボチャサラダ

材料

  • カボチャ 1/2個(900g)
  • アボカド 1個
  • ブロッコリー(茎なし)
  • 玉ねぎ 1/2個
  • ゴートチーズ 1/4カップ(50g)
  • オリーブオイル 大さじ3(45ml)
  • 野菜スープ 1カップ
  • 水 コップ2杯(400ml)

作り方

  1. カボチャの皮を剥き、よく洗ったら、細かく切ります。半分より少し多めにドレッシングに使い、残りをサラダに使います。
  2. まずはドレッシングから作ります。チキンスープとオリーブオイルを火にかけ、弱火で煮ます。沸騰し始めたら、火からおろし、粗熱が取れたら、水切りします。それからクリーミーになるように少量の水とともにミキサーに入れます。
  3. 玉ねぎは千切り、ブロッコリーは細かく切ります。そしてアボカドはさいの目に切ります。1で切ったカボチャと一緒に材料をボールにいれます。
  4. 材料をよく混ぜたら、ゴートチーズを加えます。
  5. 最後にカボチャのクリームドレッシングをサラダにかけたら完成です。

こちらもご参考に:

自宅で簡単!カボチャスープのレシピ

3.カボチャクリーム

このレシピもまた、夕食のための軽めの料理としてぴったりです。とても簡単で家にあるもので作ることができます。低カロリー、低炭水化物にもかかわらず、寝るときまでお腹を満たしてくれます。

カボチャクリーム

材料

  • カボチャ 1/4個(400g)
  • スキムミルク コップ1/2杯(100ml)
  • コーンスターチ 大さじ2(30g)
  • 葱 1/2本
  • 塩 大さじ2(30g)
  • 胡椒 大さじ1(15g)
  • コリアンダー 大さじ1/2(盛り付け用)(8g)
  • 水 コップ1/2杯(100ml)

作り方

  1. カボチャの皮をむき、よく洗ったら、中くらいの大きさに切ります。
  2. カボチャ、水、スキムミルクを鍋にいれて沸騰させます。
  3. 柔らかくなったら、火からおろします。粗熱が取れたら、軽く水切りをします。
  4. 3をミキサーにいれます。クリーミーな濃度となるように、カボチャの煮汁を少し加えます。
  5. 最後にコリアンダーとともに盛り付ければ完成です。軽くて美味しいカボチャクリームをお楽しみください。