自宅で簡単!カボチャスープのレシピ

6月 1, 2018
かぼちゃは、ただの11月のハロウィーンで使う飾りではありません。ご紹介する3つのカボチャスープのレシピは、栄養がたっぷりです。

かぼちゃは、食物繊維がたっぷりで、その上低カロリー。

満腹感もあり、水分が多いので渇きも満たしてくれます。なので、ダイエットにぴったり。しかも、血中のブドウ糖値を下げて、インスリンを増やしてくれます。

かぼちゃに含まれるルテインとゼアキサンチンと呼ばれる強力な抗酸化物質は、白内障防止に役立ちます。また、ウイルス・感染・細菌・菌類とも闘ってくれます。

一方で、かぼちゃのβカロチンは癌の闘病、特に肺癌と前立腺癌に効き、加えて紫外線からも守ってくれます。若々しいお肌を保つのにも役立つのです。

それだけでは終わらず、かぼちゃに豊富に含まれるビタミンCが、風邪の予防と回復に役立ちます。ビタミンは、フリーラジカルから身を守る盾なのです。

さあ、ここからはかぼちゃを使ったレシピをいくつかご紹介します!

かぼちゃのクリームスープ 3種のレシピ

1. ビーガンかぼちゃスープ

カボチャスープ

材料(2人前)

  • 塩 少々
  • ネギ 1本
  • かぼちゃ 1個(450g程度)
  • にんじん 2本
  • 水 5カップ
  • じゃがいも(小)230g程度
  • オリーブオイル 大さじ8

作り方

  1. かぼちゃは皮をむき、さいの目切りにする。にんじんの先と根元を切り、皮をむいて1cmの幅にスライスする。
  2. ネギを洗い、細切りにする。細切りにした1本を取っておく。じゃがいもの皮をむき、フライドポテトのように細切りにする。
  3. お湯を沸かし、野菜を入れる。
  4. オリーブオイルと塩小さじ½を加え、中火で20分間煮込む。
  5. ミキサーでクリーム状になるまで混ぜる。
  6. 仕上げに、取っておいたネギをみじん切りにして、スープの表面にふりかける

 

2. かぼちゃの生クリームスープ

カボチャスープ

材料(4人前)

  • かぼちゃ 1個(450g程度)
  • にんじん(大) 5本
  • ネギの白い部分 1本分
  • 塩とオリーブオイル 少々
  • じゃがいも(中) 1袋(230g程度)
  • 生クリーム

作り方

  1. 洗って切った野菜を、全て圧力鍋に入れる。
  2. かぶるくらいの水を入れ、オリーブオイルと塩を少々加える。
  3. 蓋をして、中火で20分間加熱する。
  4. アクを取る。
  5. 生クリームとオリーブオイルを加え、味が濃すぎる場合は、だし汁を少々加える。
  6. 熱いうちに召し上がれ。

こちらもお読みください:

野菜をたっぷり食べる8つの方法

3. かぼちゃとブロッコリーのクリームスープ

カボチャスープ

材料(4〜6人前)

  • じゃがいも 2個
  • ネギ 2本
  • ズッキーニ 1本
  • かぼちゃ 1個(450g程度)
  • たまねぎ 1個
  • 水 コップ1杯分
  • カレー粉 小さじ1
  • ブロッコリー(茎) 1個分
  • にんじん 1袋分 (115g)
  • 焼きとうもろこし ひとつかみ
  • エクストラバージンオリーブオイル、塩胡椒 少々

ブロッコリーの下準備

  1. ネギとズッキーニにフォークで穴を開け、フライパンに載せる。
  2. ブロッコリーを洗い、茎を何本か取り分け、残りをフライパンに加える。
  3. 皮をむいて切ったじゃがいもも加える。
  4. かぶるくらいの水を入れ、調味料を入れる。
  5. 15分間加熱する。
  6. 混ぜて、塩胡椒をひとつまみ加え、容器に取り分ける。

かぼちゃの下準備

  1. たまねぎ、にんじん、かぼちゃをさいの目切りにし、かぼちゃは一部別に取り分ける。
  2. 残りのじゃがいもの皮をむき、さいの目切りにする。
  3. 材料を全て鍋に入れ、味付けをし、かぶるくらいの水を入れる。
  4. オリーブオイルを少々入れ、15分間加熱する。
  5. よく混ぜ、塩胡椒を少々加え、取り分ける。

コーンドレッシング

  1. すり鉢で焼きとうもろこしを砕く
  2. 皿に乗せ、カレー粉とオイルを少々加える。よく混ぜて置いておく。
  3. 下準備したブロッコリーとかぼちゃを、沸騰したお湯で数分沸かし、こしておく。
  4. ボウルに両方のスープを両側から入れ、真ん中で合わさるようにする。
  5. 取り分けて置いたかぼちゃとブロッコリーを、それぞれのスープの上に散らす。
  6. コーンドレッシングを、スープの真ん中に垂らし、スープを分けるラインにする。
あなたへおすすめ