栄養満点!朝食に食べたいかぼちゃレシピ4選

かぼちゃはスウィーツにも普段の料理にも使える栄養満点の野菜です。朝食に食べて1日に必要なエネルギーを作りましょう!

かぼちゃは色んな料理に使うことが出来るウリ科の野菜です。

使えるレシピが幅広いうえに、栄養も豊富です。

また減量メニューにもたびたび登場します。カロリーがとても低く、ビタミンとミネラルを含んでおり代謝を改善します。

手軽に手に入り、ヘルシーレシピでも他の材料とうまくマッチしてとても良いフレーバーをプラスしてくれます。

ここでは朝食にかぼちゃを加える事の出来る4つのレシピをご紹介します。栄養をたっぷり摂り入れて1日に必要なエネルギーを確保しましょう。

 

1.かぼちゃのマフィン

かぼちゃのマフィン

マフィンはエネルギーが詰まっていて朝ご飯にピッタリです。

炭水化物と天然の繊維は、腹持ちが良く消化を助けます。

材料

・かぼちゃピューレ 210g

・スライスしたりんご  110g

・アーモンドミルク  62㎖

・全粒粉  400g

・はちみつ  75g

・ベーキングパウダー  5g

・塩  2g

・オイルスプレー  適量

作り方

・材料全てをボウルに入れ、なめらかになるまでしっかり混ぜます。

・マフィンの方にオイルスプレーを吹きかけ生地を入れたら180℃に温めたオーブンで20分焼きます。

 

2.かぼちゃスープ

かぼちゃスープは低カロリーなのに栄養満点で、1日を元気に過ごすエネルギーを摂取するのに最適なレシピです。

ランチやディナーにはもちろん、朝食を食べるペースをゆったりとしたものにするのにも良い食べ物です。

材料

・かぼちゃピューレ  420g

・鳥のだし汁  750ml

・低脂肪牛乳  125ml

・パウダーオニオン  2g

・塩  1g

作り方

・牛乳以外の材料全てを鍋に入れます。

・中火にかけて混ぜながら15分から20分煮ます。

・牛乳を加えたら更に約2分煮込みます。

・もっとなめらかにしたければミキサーにかけてもよいです。

 

3.かぼちゃのスムージー

かぼちゃのスムージー

このスムージーは忙しい1日を心身ともに元気に乗り越える活力を与えてくれます。またかぼちゃのレシピの中でも最も簡単に作れるものの1つです。

朝食のおともに、または間食としてお腹が空いた時などに飲んでください。

材料

・かぼちゃピューレ  105g

・熟したバナナ  1個

・アーモンドミルク  200ml

・シナモン  2g

・バニラエクストラクト  2g

・氷  お好みで

作り方

・材料全てをブレンダーにいれて塊がなくなるまでしっかり混ぜます。

・お好みで氷を入れて飲んでください。

 

4.ローストパンプキンシード

かぼちゃの種

かぼちゃの種には体が必要とする栄養素がたっぷり含まれています。

抗炎症作用があり消化を改善するので、朝の食欲を取り戻させる効果があります。

材料

・かぼちゃの種  64g

・キャノーラオイル  30g

・オリーブオイル  16g

・シナモン  小さじ1/2

作り方

・種をきれいに洗って汚れを落とします。

・タオルやキッチンペーパーで水分を拭き取り、あらかじめキャノーラオイルをぬったクッキングシートに広げます。

・約180℃で15分から20分焼きます。

・容器に移してオリーブオイルをまぶし、次にシナモンをまぶします。

・シナモン以外のしょうがなどお好きなスパイスを使っても良いです。

ご紹介したレシピをお試しになって、よりヘルシーでより栄養価の高い朝食を取りましょう。とても美味しいのできっと朝ご飯が楽しみになりますよ。ご家族全員のお気に入りレシピになる事間違いなしです!

カテゴリ: レシピ タグ:
あなたへおすすめ