美味しいマッシュルームを使った3つのレシピ

8月 22, 2018
この記事でご紹介する3つのレシピでは、マッシュルームの柔らかい食感とジューシーな風味をお楽しみいただけます。

マッシュルームを使った美味しい料理のレシピをご存知ですか?

この素晴らしい食材を最大限に生かして調理をするのは実は意外と簡単です。

マッシュルームを使って美味しく料理するには、ジューシーにするタイミングが重要です。マッシュルームを調理している間、特にフライパンから目を離さないようにしてください。

マッシュルームにはミネラル(セレン、亜鉛、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、リンなど)が豊富で、ピザやパスタなど様々な料理とよく合います。

また、抗酸化物質が含まれており、貧血の方におすすめですし、利尿作用もあるのです。

これらからご紹介するレシピはとても美味しく、簡単に作ることが出来ます。調理時間は最大で20分です。ぜひ試してみてください!

美味しいマッシュルームのレシピ

1、ベイクドマッシュルーム

マッシュルーム

オーブンで調理することには様々な利点があります。

まず、全ての栄養素を食材の中に留めます。また、オーブンを使うと食材を均一に調理することが出来ます。

このレシピの素晴らしい点は、マッシュルームの美味しさを際立たせる調味料や食材を使っているところです。

調理時間も短いので料理をするのが好きな人も、そうではない人もぜひ一度試してみてください。

材料

・塩 25g

・マッシュルーム 15個(115g)

・パン粉 200g

・粉チーズ 200g

・刻んだパセリ 25g

オリーブオイル 60ml

・刻んだニンニク 4片

作り方

・材料を混ぜ合わせるためのボウルを用意します。

・ボウルにパン粉、粉チーズ、ニンニク、パセリとオリーブオイルを入れて混ぜ合わせます。

・マシュルームの茎を慎重に取り、ボウルのミックスを中に詰めていきます。

・それらを耐熱トレイに置いて、オーブンで200℃で15分間焼いてください。

・15分経ったら、数分間室温で置いておきます。

・時間が経ったらそのままお召し上がりください!

この記事もお読みください:炭水化物を使わない/ベジタリアンのためのレシピ

2、アンダルシアンマッシュルーム

マッシュルーム2

このレシピは、スペインのセビリアという街が発祥です。スペイン料理が好きな人はぜひこのレシピを試してみてください。また作るのもとても簡単で、効果な材料も使いません。

材料

・玉ねぎ 1個

・塩 25g

・マッシュルーム 500g

・アーモンド 50g

・パセリ 2束

・オリーブオイル 30ml

・白ワイン 230ml

・刻んだトウガラシ 25g

作り方

・すり鉢を使って、ニンニク、アーモンド、パセリをよくすります。

・フライパンにオリーブオイルをひいて玉ねぎを炒めます。塩を加えて黄金色になるまで炒めます。

・マッシュルームも加えて、2分間炒めます。火を消す直前にトウガラシも加えて混ぜ合わせます。

・白ワインを加えて、調理します。

・ワインがほとんどなくなったら、最初のニンニク、アーモンド、パセリを入れます。

・10分間、火を通します。

・温かいうちにお召し上がりください。

この記事もお読みください:きのこパワー!/ヒラタケで免疫力をアップしよう!

3、マッシュルームと白ワインソース

マッシュルームと白ワイン

このレシピは少ない材料で作ることが出来ます。白ワインがジューシーなマッシュルームの風味を引き出します。

材料

・塩 25g

・マッシュルーム 200g

・ワイン 110ml

・みじん切りにしたニンニク 2片

・生クリーム 220ml

作り方

・ニンニク→マッシュルーム→白ワインの順にフライパンに加えていきます。

・中火で火を通します。

・材料がよく混ざったら、生クリームを加えてください。

・10分間調理します。

・出来上がったら、お召し上がりください!

  • Jeong, S. C., Jeong, Y. T., Yang, B. K., Islam, R., Koyyalamudi, S. R., Pang, G., … Song, C. H. (2010). White button mushroom (Agaricus bisporus) lowers blood glucose and cholesterol levels in diabetic and hypercholesterolemic rats. Nutrition Research30(1), 49–56. https://doi.org/10.1016/j.nutres.2009.12.003
  • Dikeman, C. L., Bauer, L. L., Flickinger, E. A., & Fahey, G. C. (2005). Effects of stage of maturity and cooking on the chemical composition of select mushroom varieties. Journal of Agricultural and Food Chemistry53(4), 1130–1138. https://doi.org/10.1021/jf048541l
  • Cheung, P. C. K. (2009). Mushrooms as Functional FoodsMushrooms as Functional Foods (pp. 1–259). John Wiley and Sons. https://doi.org/10.1002/9780470367285