糖尿病予備群の人のための食事:食べてよいものと悪いもの

· 8月 5, 2018
糖尿病予備群とは、血糖値が糖尿病と診断されるほどには高くはないものの上昇した状態であることが特徴の病気です。様々な食べ物を選り合わせた健康な食事がこの病気の進行を防ぐ鍵になります。

糖尿病予備群の人のための食事はバランスが取れており、2型糖尿病に発展するリスクを負っている人の血糖値を下げる健康な食品が組み合わされています。

糖尿病予備群の人のための食事療法のことを考えると、通常食べる食品には血流に過剰な糖分を蓄積させるような成分やインシュリンが十分に作用しない成分が含まれていることから、普段食べている食事について考え直すきっかけになります。

この食事療法を適用することで、血糖の消費を増やせるだけでなく、代謝を高め、糖尿病の進行を遅らせることもできるため、健康面や体重の維持において素晴らしい効果を得ることができます。

では、どんなことを変えるべきなのでしょうか?何が一番いい食べ物なのでしょうか?

今日の記事では、糖尿病予備群の人にとって良い食生活をご紹介したいと思います。糖尿病予備軍と診断されている人にも糖尿病予備軍になりたくない人にも役立つ食生活ですよ。

血糖値

糖尿病の人が摂って良い栄養分

糖尿病予備群は、血糖値が正常値よりは高いものの2型糖尿病と診断されるには至らない病態を言います。

糖尿病予備群の人のための食事は、糖尿病のリスクがない人も高い人も、誰にでもメリットがある食事です。

高血糖の人は特定の医療ガイドラインに従う必要がありますが、合併症を予防するには食生活を変えることが一番いい方法です。そのため、どの食品が血糖管理に役立ち、どの食品が有害であるかを知ることが大切です。

糖尿病予備群の人が食べても良い食べ物

オート

糖尿病予備群状態で高血糖値をコントロールするのに一番いい食べ物は、血糖指数が低い食べ物です。そうした食べ物は一般的に必要な食物繊維やタンパク質、必須脂肪酸が沢山含まれているものです。

以下のような食べ物が糖尿病予備群の人のためのメニュー例です。

  • オートミール
  • 全粒穀物製のパン
  • にんじんや緑豆のようなでんぷんの少ない野菜
  • マメ類
  • サツマイモ
  • 全粒小麦のパスタ
  • 皮を取り除いた鶏肉
  • 冷水魚
  • 低脂肪のプレーンヨーグルト
  • 卵白
  • フルーツ
  • キノア、または大麦

食べてはいけない食べ物

ジャンクフード

血糖値を正常値に戻すには、血糖を増やす可能性のある食べ物は避けるのがベストです。いくら健康な食材を食べていても、炭水化物や糖分を摂取しすぎていては意味がありません。

絶対に避けるべき食品や飲み物には以下のようなものがあります。

  • お菓子、商用焼き菓子
  • アイスクリームやチョコレート
  • 糖分が含まれたソーダやエナジードリンク
  • 加糖されたフルーツジュース
  • プルーンやナツメヤシの実
  • 糖分が高い食べ物(イチジク、バナナ、シロップ漬けのフルーツ)
  • ファーストフード、及び冷凍食品
  • マーガリンや有害な脂肪分
  • 脂肪分が多く含まれた乳製品
  • 動物性脂肪
  • 缶詰食品、または塩分の高い食品
  • アルコール飲料

こちらも読んでみませんか:知っておくべき糖尿病の6つの事柄

糖尿病予備群の人のための食事メニュー

糖尿病予備群と診断されたら、通常、糖尿病が進行するのを防ぐために医師が調整すべき点をアドバイスしてくれます。その際、年齢や体重、妊娠性糖尿病といった他の症候群も考慮されます。

患者のニーズに沿っているため、メニューには個人差があるのが普通です。以下は、食生活を変えるモデルとなるメニューの例です。

健康な食事

朝食

  • 全粒穀物製パン一切れ、低脂肪チーズまたは低脂肪ヨーグルト、紅茶
  • フルーツサラダ、固ゆでのゆで卵、紅茶
  • 全粒穀物製クラッカー、アボカドまたはトマト、グレープフルーツジュース

昼食前の軽食

  • 全粒穀物製クラッカー、絞り立ての新鮮なオレンジジュース
  • フルーツティー
  • オートミール、またはアーモンドミルク

昼食

  • ニンジン、ツナ、玄米のサラダ
  • 赤身の肉、グリーンサラダ、フルーツ
  • 鶏の胸肉のグリル、玄米、野菜のソテー、無脂肪ゼリー

午後の軽食

  • ギリシャヨーグルトのブルーベリー添え
  • 全粒穀物製パンのトーストにターキーミートを一切れ添えたもの
  • グリーンスムージー

夕食

  • 焼き魚と蒸し野菜
  • グリルチキンと野菜スープ
  • 玄米、カボチャのピューレ、ゼリーまたはフルーツ

糖尿病予備状態をコントロールできる食事はたくさんあります。ですが、その効果を最大限にするためには、食生活の変化と共に定期的な運動をルーティンとして行うのが良いでしょう。

糖尿病のことが心配ですか?今日から予防を始めましょう!