夜のドカ食い:夜食症候群とは何ですか?

夜食症候群を発症すると、夕食後から就寝までの間に食欲が止まらなくなり、いわゆる「ドカ食い」をしてしまいます。また、不眠症に苦しむケースも見られます。
夜のドカ食い:夜食症候群とは何ですか?
Elisa Morales Lupayante

によってレビューと承認されています。 体育教育学者、栄養士 Elisa Morales Lupayante.

によって書かれた 編集チーム

最後の更新: 06 12月, 2022

夜間に食欲が止まらなくなったことはありませんか?

もし答えが「イエス」なら、夜食症候群を発症している可能性があります。

夜食症候群を発症すると、夕食後から就寝時まで、そして夜中に起きて何かを食べます。

特に就寝時には、自分の力では抑制できないほどの食欲を感じて目が覚め、何かを「ドカ食い」します。

この過剰な食欲は夜間にだけ起こり、朝や日中には食欲がないか、ダイエットなどをしているために食事をほとんどしないことが多くあります。

夜間のドカ食いは一般的な摂食障害の一つで、100人に1人が夜食症候群だと言われています。

夜食症候群とは何ですか?

過食は深刻な摂食障害であり、以下のような2つの特徴があります。

  • 同じ状況において、他の人よりもはるかに多い量の食べ物を食べます。
  • 食欲を制御することができず、食べるのをやめたり過食を自分では制御できません。

夜食症候群の特徴

夜のドカ食い:夜食症候群とは何ですか? 過食

拒食症や過食症などの摂食障害について耳にしたことがある人も多いでしょうが、夜食症候群に悩む人の数は多く、とても一般的な摂食障害です。

夜食症候群を発症する人は、自分の感情をコントロールするのに苦労し、次のような形でその影響が現れます。

  • 不安感
  • うつ病
  • 不眠症
  • 自己評価の低さ

夜食症候群を発症している人の多くは、体重に問題を抱えている人が多いと定義づける一部の心理学者がいます。

本来眠るべき時間を食べることに使うため、体重が増えてしまうのも不思議ではないでしょう。

さらに肥満に分類される人の20%は、夜に食事をするとより気分が良く満足すると認めており、このうちの75%以上が夜間の食欲に従って好きなように食べています。

夜食症候群は、肥満や太りすぎの人によく見られるとはいえ、誰にでも起こりうる問題と言えます。

夜食症候群の症状

夜食症候群のの症状とパターンは明確で、再発を繰り返すケースもあります。

前述したように、夜食症候群の人の多くは一日中ほとんど食事をしないか何も食べません。

これは、夜食症候群の患者が、日中の食欲を欠いている可能性があるからです。

朝は元気でも食事をしないため、徐々にエネルギーが衰え、不眠症などの睡眠障害を併発することがあります。

夜食症候群の人がよく食べるものは、菓子パン、クッキー、ケーキなどの甘いものや、精製された小麦粉や白米などの炭水化物です。

夜食症候群を発症している人は、自分が摂食障害であることに気づいているため、自分を恥じて落ち込んだりストレスを感じますが、これが症状を悪化させる原因になります。

夜食症候群の予防と治療のヒント

摂食障害の治療
治療では、不健康な食習慣の正確な原因を見つけて、それを解消します。

夜食症候群の正確な原因と、その治療法の解明は現在も続いています。

夜食症候群の治療で大切なのは、オーバーウエイトという観点から夜食症候群を対処しないことです。

体重はとても敏感な問題であり、夜間に過食を行う人は体重が増えたり理想体重を超えているという事実を認識し、罪悪感を覚えています。

他の摂食障害とは異なり、必ずしも体重や自己イメージが原因ではない場合もあります。

つまり、自分の体に不満があるわけではない人が、夜食症候群を発症する場合があります。

この場合は、過食の原因となる不安感の根本的な原因を見つけて、なぜその不安感を食べ物で落ち着かせようとしているのかを見つけることが大切です。

一般的には、心理学、精神医学、栄養学の専門家の介入による多岐的なアプローチが必要になります。

ここからはいくつかの観点を考慮に入れたアドバイスをご紹介します。

栄養面へのアドバイス

  • 夜食症候群の人は、健康的でバランスの良い食生活を送りながら、自分の症状に食生活を順応させる必要があります。
  • 1日30分以上運動する必要があります。
  • 十分な休息と睡眠は、人間の健康維持に不可欠です。不眠症などを併発している場合は特に、十分な睡眠を得るためのテクニックを取得する必要があります。
  • 自分が楽しいと感じる趣味やアクティビティーを見つけて、できる限りストレスを解消するように心がけましょう。社会生活や誰かと一緒に行う行動などは、健康維持に欠かせません。

心理的観点からのアドバイス

認知行動療法は、夜食症候群に悩む人の行動を、徐々に変えるのに役立ちます。

思考を整理しながら、夜に過剰な食欲が起こるという状態に結びつく、ストレスや不安をコントロールするのにも役立つでしょう。

結論

夜食症候群は、拒食症や過食症よりもはるかに多くの人が発症する摂食障害です。

夜食症候群の治療には、過剰な食欲の原因となる不安障害の治療にまずは焦点を絞り、そこから多岐にわたる専門的なアプローチで治療法を確立することが大切です。

何かを過剰に食べたいと感じる時や、不安感が高まる時には、すぐに専門家に相談してください。

こちらの記事もおすすめです。
感情に任せて食べる「エモーショナル・イーティング」について
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
感情に任せて食べる「エモーショナル・イーティング」について

空腹を満たすため、そして栄養補給を行うための食事ですが、時には感情に任せて食べてしまう「エモーショナル・イーティング」が起こります。 自分の中で消化仕切れない感情を解消するために何かを食べてしまうことを「エモーショナル・イーティング」と呼びます。これは「感情的摂食」と訳されることがあります。



  • Lopez Minguez J., Gómez Abellán P., Garaulet M., Timing of breafkast, lunch, and dinner. Effects on obesity and metabolic risk. Nutrients, 2019.
  • Hannou SA., Haslam DE., McKeown N., Herman MA., Fructose metabolism and metabolic disease. J Clin Invest, 2018. 128 (2): 545-555.
  • Lao XQ., Liu X., Deng HB., Chan TC., et al., Sleep quality, sleep duration, and the risk of coronary heart disease: a prospective cohort study with 60,586 adutls. J Clin Sleep Med, 2018. 14 (1): 109-117.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。