不眠症を克服する4つのアドバイス

3月 30, 2019
不眠症を克服したいなら、無理に寝ることにこだわらず、代わりにリラクゼーションと瞑想を試すことがおすすめです。

不眠症は一日の終わりに発生する非常に厄介な問題です。仕事で長い1日を過ごした後は、誰しも元気に朝を迎えられるように、ぐっすりと眠りたいものです。しかしそうはうまくいかないことも多々あります。

不眠症を解消したい場合は、今回ご紹介するアドバイスを参考にしてみてください。

不眠症の原因

肥満女性

不眠症は体調が悪かったり、ライフスタイルや環境が影響していたり、様々な原因によって引き起こされます。

以下に不眠症の原因を4つのカテゴリーに分類しました:

  • 感情的な問題。憂鬱な考えや不安が不眠症や睡眠障害を引き起こします
  • 偏った食事。喫煙や多くの炭酸飲料やカフェインを含む飲み物を摂取するなど不健康な習慣は、眠りにつく妨げとなります。
  • 多すぎる仕事。1日中仕事をすると多くのストレスを抱える場合があります。長い仕事の後、家に帰っても仕事をしなければならない場合、不眠になる可能性もあります。
  • 人間関係によるトラブル。誰かとの人間関係に悩んでいる場合も不眠症を起こす恐れがあります。

多くの場合、原因はさらに複雑に絡み合っているでしょう。次に不眠症を克服するための5つの方法をご紹介します。

ご存知でしたか?:
不眠症を自然に解消する健康的な夕食のメニュー6選

睡眠習慣の改善

睡眠を習慣づける事は非常に大切です。起きていたいと思っても、睡眠パターンを優先しなければなりません。いつ寝るか時間を設定しそれを守ってください。

睡眠習慣を改善する1つの良い方法は、寝る直前に気が散るすべてのものを取り除くことです。SNSやテレビを消して寝室に安らぎと静けさを作り出してください。

睡眠習慣によって概日リズムが異なることも忘れないでください。就寝する時と起床する時に体内時計を合わせるようにしましょう。

不眠に打ち勝つ4つのアドバイス

1. 夕食なしで寝ない

不眠症の原因の1つは胃に問題がある可能性があります。毎日しっかり夕食をとることが重要です。夕食を抜いてはいけません。脂肪を多く含む食品は他の健康問題を引き起こす可能性があるので、健康的な食事を心がけてください。

冷蔵庫を覗く

食事は人生の非常に重要な部分です。適切な時間に朝食、昼食、夕食をとる事で定期的な生活習慣を守り体の生物学的リズムを乱すことがなくなるでしょう。

適切なタイミングで食事をとれば、体は健康になりぐっすり眠ることができるようになります。

2. 寝る前に瞑想する

寝る前にリラックスする良い方法に瞑想があります。静かな場所で行うことで、心を静め心の中の平和を築くことができます。

音楽を使って瞑想を行うと、寝室に静かな環境を作りだすことができるでしょう。静けさは重要ですが、音楽もまた瞑想の効果を高めることができます。

瞑想は感情が安定するのを助け、頭の中の考えを整理するのにも役立ちます。不眠症を克服するだけでなく、不安やうつ病、日常生活のあらゆる面を改善するのに役立つでしょう。

こちらもご参考に:
バナナとシナモンのお茶で不眠症を撃退!

3. 食生活を改善する

食生活から炭酸やカフェイン入りの飲み物、タバコを排除して下さい。

コーヒーも飲む回数を減らした方が良いでしょう。カフェインは神経系を刺激し、ナーバスになったり不安になります。ぐっすりと眠りたいのであればカフェインを避けるのが最善です。

喫煙もまた睡眠に影響を及ぼすことを覚えておいてください。不眠症を克服したいならば生活の質を向上させなければなりません。不眠症と健康は非常に深いつながりがあるので、生活スタイルを変え健康を維持することが不眠を解消する重要な鍵となるでしょう。

リラックスする

4. リラックス

落ち着いて仕事の際も頑張り過ぎないようにしてください。仕事はオフィスに置いて、寝室まで問題や悩みを持ち込まないでください。そして落ち着きを乱す可能性のあるものは全て忘れて眠りにつくことが大事です。

またマッサージを試すのもオススメです。

日中に生じた緊張を軽減するため円を描くように背中をマッサージしてください。

今回のアドバイスが不眠症を克服する助けになることを願っています。ただし、不眠症になったからと言って、この世の終わりではありません。絶望しないで、ただリラックスしてベットに入りましょう。

長期の間不眠症に苦しんでいる場合は専門家に相談してください。不眠症によって日々の生活をかき乱されないように、効果的な治療を見つけることが大切です。

  • Varkevisser, M., van Dongen, H. P. A., van Amsterdam, J. G. C., & Kerkhof, G. A. (2007). Chronic insomnia and daytime functioning: An ambulatory assessment. Behavioral Sleep Medicine. https://doi.org/10.1080/15402000701557425
  • Krakow, B., Ulibarri, V., Melendrez, D., Kikta, S., Togami, L., & Haynes, P. (2008). A daytime, abbreviated cardio-respiratory sleep study (CPT 95807-52) to acclimate insomnia patients with sleep disordered breathing to positive airway pressure (PAP-NAP). Journal of Clinical Sleep Medicine.
  • S. D., S. (2012). Stress management through ‘yoga practices’ in the corporate sector. AFRICAN JOURNAL OF BUSINESS MANAGEMENT. https://doi.org/10.5897/AJBM11.314