体重を増やさない!夕食におすすめの6つの食品

体重を増やさずに美味しく夕食を食べるコツの一つが、食べるものと食べる量の管理です。消化の良い軽めの夕食を心がけましょう。

体型を維持したいけれど、夕食を抜いたり厳しい食事制限をしたくない人と考えたことはありませんか?

今回ご紹介するのは、栄養士や科学者も認めるおすすめの方法です。体重を増やさないだけではなく、消化器系の問題を避けながら質の高い睡眠を促進する食品を使って美味しい夕食を食べましょう。

体重を増やさない食事法で大切なのが、何を食べるのか、そしてどのくらいの量食べるのかを事前に計画することです。

そして最も大切なのは、食事にストレスを感じないことです。

体重を増やさないために夕食を抜く人もいますが、それがストレスになっては本末転倒です。

軽めで低カロリーの夕食を用意し、必ず座って食べることで「夕食を食べた」という満足感が得られます。

日中に夕食を準備して食べる時間がある人は、健康的な体重を維持することができると証明されています。

そのため、軽めの夕食から、野菜や果物に含まれるビタミンやタンパク質を体内に供給することが大切です。そして就寝の2時間前までには夕食を終えてください。

また夕食を抜いて「食事をしない時間」が長くなりすぎると、次の食事に過食する傾向があり、血糖値とインスリンの相互作用により、2型糖尿病の発症のリスクが増す可能性があります。

夕食の量に注意

体重を増やさないための夕食のコツは、食べる量と何を食べるかを自分でしっかりとコントロールすることです。

夕食に何を食べるかを事前に考えず、非常に空腹の状態で夕食を食べようとすると、過食をする傾向があります。

事前に、何をどの程度の量食べるのか計画し、皿や容器に取り分けておくことも「ポーションコントロール」と呼ばれる食べる量のコントロールに効果を発揮します。

甘いお菓子、ケーキ類そしてクッキー、または揚げ物などは、自宅からすべて取り除くことも体重を増やさないためには大切です。

こちらの記事もご参考に:食後に避けるべき7つのこと

夕食に食べるべき食品

1. 卵

卵

卵にはタンパク質と必須アミノ酸が豊富に含まれているため、すぐに満腹感が得られる食品です。

卵を最も健康的に食べる方法は、ゆで卵です。オムレツやスクランブルエッグなどの卵料理が好きな方は、オイルやバターなどを使わずに仕上げてください。

2. ナッツとチーズ

少量のチーズは約100カロリーです。そのため、チーズがおすすめだからといって食べすぎるのは危険です。

チーズにはトリプトファン、たんぱく質、そして代謝を上昇させることがいくつかの研究から明らかになっているカゼインが豊富に含まれています。

チーズにナッツ類とぶどうを組み合わせると、入眠効果があることでも知られるメラトニンが豊富な夕食や夜間のおやつになります。

3. 七面鳥とかぼちゃのピューレ

ピューレ

七面鳥とかぼちゃのピューレは低カロリーながら、体に必要な栄養素を補給するおすすめの食品です。

七面鳥には、トリプトファンと健康的なたんぱく質が豊富に含まれていますが、鶏肉よりも消化されやすいという利点があります。

七面鳥にかぼちゃのピューレを添えると、体重を増やすことなく栄養価の高い夕食が完成します。

4. 野菜とハムスディップ

ひよこ豆で作るハムスには、メラトニンの生成を助けるビタミンB6が豊富に含まれています。

ハムスと最も相性がいいのが野菜です。ニンジンやキュウリにお好みの野菜を加えてください。

5. とうもろこし

とうもろこし

缶入りのコーンではなく、とうもろこしを夕食におすすめします。

とうもろこしには、過剰なコレステロールを体外に排出しながら脂肪の蓄積を抑制する効果があります。

また、体重を増やさない夕食としてとうもろこしを食べる場合は、塩やバターなどで調理をしないで、そのままの味を楽しんでください。

6. 白身魚

白身魚は、体重を増やさずに健康的で栄養価の高い夕食を食べたいときに欠かせない食品です。脂身の多い魚には脂肪分が多く含まれているので、昼食に食べるように心がけ、夕食には白身魚を選びましょう。

カテゴリ: 健康習慣 タグ:
あなたへおすすめ