ダイエットを始める前に注意するべき悪習慣

· 7月 18, 2018

ダイエットを始める時に最も大変なのが「ある特定の食品を我慢する」ことですが、実は過剰な食事制限に従うのは、私たちの健康に有害です。

本記事でご紹介する方法で、バランスのとれた健康的な食事法を取り入れたダイエットを始めましょう。

ミラクルダイエットを避ける

ミラクルダイエットを避ける

辛い思いをせずに驚くべき効果を発揮すると宣伝されているのが、ここで「ミラクルダイエット」と呼ぶタイプのダイエットと食事制限です。

夏を目の前にして「ビキニボディ」を目指す時期になると多くのダイエットを目にしますが、健康に害を与える不健康なダイエットや食事療法がほとんどです。

ミラクルダイエットの例

  • ヘイダイエット:1920年に発表されたダイエット。タンパク質と炭水化物を一食の中に組み合わせてはいけないという食事法で、間違ったダイエットと食事法の一例として引用されることが多い。
  • アトキンスダイエット:穀類、牛乳、豆類、砂糖などを使用した製品による糖質の摂取を極端に減らすダイエットで、アメリカ人のアトキンス博士が考案した。
  • デュカンダイエット:フランスの医学者ピエール・デュカンが生み出したダイエットで、肉類、魚、卵などのたんぱく質に食事のほとんどを依存するので、栄養のバランスが悪く健康被害を生み出すとされるダイエット。

一日の食事の中には、大量の炭水化物を摂るべきではありませんが、私たちの健康を維持するためには必要な栄養素である炭水化物を極端に減らすのは健康的なことではありません。

一般的にミラクルダイエットと呼ばれるタイプの極端な食事制限は、体内により多くの脂肪が蓄積される原因となります。その結果、ある特定のビタミン欠乏が起こり、最終的にはリバウンドを引き起こします。

朝食を抜かない

健康的な朝食

食事を気をつける時に多くの人が陥りがちな間違いの一つが「朝食を抜くこと」です。減量を目的とした正しい食事療法を行う時には、一日の最初の食事である朝食を抜かないことが大切です。

朝食を抜くことで体が「飢餓感」を感じて、最終的には昼食を食べすぎる結果となります。

朝食を食べない食事法ではなく、菓子パンなどの朝食をやめて、健康的な穀類や果物の朝食をしっかりと食べてください。

健康的でバランスの良い食事を摂取することで、体内の栄養バランスが整います。

1日5食を目指す

1日5食

乱れた食生活の主な原因は空腹感です。そのため少量の食事をこまめに食べて空腹感を解消することで、食生活の乱れを解消することができます。

朝昼晩の3食に加えて、午前と午後に1回ずつ軽いスナックを食べましょう。

1日5食を目指すことで、空腹感を感じないだけではなく、体内で食品が消化されやすくなります。

特定の食品を制限しない

特定の食事を制限する食事療法を行うことで、その食品により執着する結果となります。ただし、ベジタリアンやビーガンと呼ばれる信念に従って行う食事療法や、医師の指導による食事制限は別の話です。

最も大切なのは、チョコレート、キャンディー、アイスクリーム、そしてお菓子などの健康に有害な不健康な食品を毎日の食事から取り除きながら、健康的な食品を食べ過ぎないように心がけてください。

いくら健康的な食品でも、食べ過ぎると体に有害な食品となります

また健康的な食生活が維持できたら、1週間の終わりに自分にご褒美をあげましょう。ただしこのご褒美は、食べ物以外のものにしましょう。

お皿を使って食卓の上でゆっくり食べる

お皿を使い食卓の上でゆっくり食べることで、自分の食べている量を把握して食べ過ぎを予防することができます。

また座ってゆっくりと食べることで、すぐに満腹だと感じるため過食を防ぐことができます。特に昼食時に過剰に空腹だと感じる人は、この方法で食事量を正常に保ちましょう。