最も体に良くない食べ物

07 11月, 2018
食べ物は私たちの体を作ります。健康な食生活を送ることで健やかな体作りをしましょう。

すでにご存知のように、栄養素は私たちの健康の鍵となります。食べると体がすっきりし気分が良くなるものもあれば、その逆もあります。さらには、特に食べ過ぎた場合、深刻な健康トラブルを引き起こす食べ物もあるのです。今日は最も体に良くない食べ物について見ていきましょう。

ソーセージ

加工された肉(ボローニャ、ソーセージ、サラミ、チョリソー)は体に良くない食べ物です。加工された肉には飽和脂肪酸が非常に多く含まれているからです。通常、ソーセージ100gには10%ほどの飽和脂肪酸が含まれています。これは1日の摂取基準量を大幅に越えた量なのです。摂取量は、100gならば約2%以下が望ましいとされています。

ソーセージを定期的に食べると肥満、高血圧、脳卒中や心臓発作など心臓の病気を引き起こす可能性があります。したがって、ソーセージを食べる際は、量を減らしたり回数を減らす等できるだけ限られた場合だけにしましょう。

フライドポテト

フライドポテトは最も体に良くない食べ物の一つです。確かに美味しいのですが、飽和脂肪酸、トランス脂肪酸コレステロールを多く含むため、食べると体は深刻なダメージを受けます。計算をしてみると、フライドポテト100gには500カロリー、36gの脂肪が含まれています。また、フライドポテトの塩分も非常に高く、体液貯蓄や他の問題を引き起こす可能性があります。

最も体に良くない食べ物

アイスクリーム

アイスクリームはとっても美味しいのですが、食べ過ぎてはいけません。アイスクリームは脂肪分(飽和脂肪酸、トランス脂肪酸共に)、コレステロール、糖分が非常に高い食べ物です。したがって、アイスクリームを食べ過ぎていると、肥満や糖尿病のような状態を引き起こす可能性があります。どうしても食べたいが少しでもヘルシーにしたい方は、糖分や脂肪分が低いタイプのアイスクリームを選びましょう。

ジュース、ソフトドリンク、砂糖を多く含む飲み物

一般的に砂糖を多く含む飲み物は、私たちの健康、特に子どもの健康にダメージを与えます。これらの飲み物は糖分を非常に多く含み、体に深刻な影響を与えます。一番大きなリスクは、砂糖の過剰摂取によって体重の過剰な増加や肥満を引き起こすことです。さらには糖尿病のような深刻な病気を引き起こす場合もあります。

こちらの記事もご参考に:あなたを10歳老けさせる食べ物10種

最も体に良くない食べ物

ハンバーガー

ハンバーガー、特にハンバーガーチェーン店で販売されている物は最も体に良くない食べ物の一つです。ハンバーガーには飽和脂肪酸や塩分が非常に高く含まれているからです。先に述べたように、この2つの要素は心臓のダメージや体重増加、肥満などを引き起こす可能性があります。これを防ぐには、自宅で脂肪分の少ないハンバーガーを手作りするのが一番でしょう。

こちらの記事もご参考に:人生を生き辛くする悪習慣6選

ピザ

ハンバーガーと同じく、ピザも飽和脂肪酸やトランス脂肪酸、塩分、糖分が非常に高い食べ物です。これは、特にチーズやソーセージなどがピザに含まれるからです。さらに、ピザ生地に使われている小麦粉には脂肪やその他体に良くない材料が使われています。

  • Organización Mundial de la Salud, O. (2015). Carcinogenicidad del consumo de carne roja y de la carne procesada. Web Page, 1. Retrieved from http://www.who.int/features/qa/cancer-red-meat/es/
  • Moss, M. (2013). The Extraordinary Science of Addictive Junk Food. The New York Times, online. https://doi.org/10.1109/TAP.2018.2869256
  • Payab, M., Kelishadi, R., Qorbani, M., Motlagh, M. E., Ranjbar, S. H., Ardalan, G., … Heshmat, R. (2015). Association of junk food consumption with high blood pressure and obesity in Iranian children and adolescents: The CASPIAN-IV Study. Jornal de Pediatria91(2), 196–205. https://doi.org/10.1016/j.jped.2014.07.006
  • French, S. A., Story, M., Neumark-Sztainer, D., Fulkerson, J. A., & Hannan, P. (2001). Fast food restaurant use among adolescents: Associations with nutrient intake, food choices and behavioral and psychosocial variables. International Journal of Obesity25(12), 1823–1833. https://doi.org/10.1038/sj.ijo.0801820
  • Powell, L. M., Nguyen, B. T., & Dietz, W. H. (2015). Energy and Nutrient Intake From Pizza in the United States. PEDIATRICS135(2), 322–330. https://doi.org/10.1542/peds.2014-1844