あなたを10歳老けさせる食べ物10種

4月 21, 2016
人工甘味料には食欲を刺激して脂肪の蓄積を促す働きがあります。つまり、私たちが求めているのとは全く逆の結果を招くのです。

私たちの健康維持の基盤といえば、もちろん食事です。しかし私たちが口にするものの中には、体の機能を妨げ、日々の活動を邪魔してしまうものもたくさんあります。

西洋のことわざに「人間を形作るのは食である(We are what we eat)」とあるように、カギとなるのは食事です。それは、私たちの健康が私たちが食べるものに大きく左右されるからです。だからこそ、バランスの取れた食事を欠かすことは出来ません。体の機能を妨げてしまう毒素や物質でいっぱいの食品が様々あり、それらを避けなければならないのです。

あなたを老けさせる食べ物

ここで紹介するのは、普段私たちが口にしている10種類の食べ物です。この10の食べ物が、実は体の機能に悪影響を与え、体や健康のバランスを崩してしまいます。

加工肉

コールドミートと呼ばれる加工肉(ハム、モルタデッラ、ソーセージ、サラミ等)に多く含まれているのが、脂肪、特に飽和脂肪酸です。100gの食べ物に対する飽和脂肪酸含有量が1.5gを超えると肥満の原因となり、最終的には心臓血管系や脳のトラブルへとつながります。

それに加えて、コールドミートには硝酸塩が多く含まれているのも特徴です。硝酸塩はがんの原因になると信じられていた時期がありましたが、これを否定する研究も存在します。

ソフトドリンク、炭酸飲料

Gaseosa

次に、肥満や糖尿病と関係しているとされるのが、砂糖を大量に含んだ飲み物です。それにもかかわらず、私たちはこういった飲み物をたくさん飲んでしまいます。

糖分そのものは、体の機能に欠かせない栄養分ではあるものの、市販の飲料に添加されている大量の砂糖は健康の大敵であり、体の臓器が正しく機能するのを妨げ、体調を崩してしまいます。

フライドポテト

フライドポテトは、多くの家庭で一般的にみられるスナックになってきました。しかし、フライドポテトには飽和脂肪酸、トランス脂肪、コレステロールが含まれています。更に、アクリルアミドと呼ばれる成分も多く含まれています。

このため、この食品は健康に害があるのです。それだけではなく、100g中のカロリー量は500 kCalにも上り、肥満になる可能性が高くなります。

ピザ、ハンバーガー

hamburguesa-mcdonalds

飽和脂肪酸、ナトリウム、砂糖を大量に含んだ体に悪い食べ物代表といえば、ピザとハンバーガーです。世界中で食べられていますが、健康に大きなリスクを与えます。

どちらも様々なところで売られている食べ物です。更に、どんどんと安くなっていく値段が、特に若い人の間で頻繁に食べられている理由になっています。

アイスクリーム

バラエティ豊富でみんなが大好きなアイスクリームですが、飽和脂肪酸、トランス脂肪、コレステロールと砂糖を含んでおり、カロリーもとても高いのが難点です。

幸いにも、より自然で、オーガニックで、手作りのオプションが最近増えてきています。例えば野菜ジュース、生のフルーツ、自然の甘味料を利用したアイスクリームなどがあります。

お菓子

Dulces-500x333

お菓子は砂糖を大量に含んだ食べ物なので、大量に食べれば肥満や糖尿病のリスクを高め、インスリンの働きを妨げます。

甘いものへの欲求を別のもので補うように心がけるべきです。生のフルーツやドライフルーツなどは、お菓子の代わりとして体に優しいオプションでしょう。

毎日の料理に使われる塩や市販の食品に含まれている塩分量は、一日に必要な塩分量に見合っていないものです。塩分は摂りすぎやすく、摂れば摂るほどもっと欲しくなります。

塩は大量にとると体液が滞留してむくみを引き起こす原因になります。更に、塩には様々な化合物が含まれており、体に有害となり得ます。

  • 一日の推奨塩分摂取量は6gです。

人工甘味料

la-amarga-verdad-sobre-splenda

砂糖については触れましたが、人工甘味料にも注意が必要です。人工甘味料には食欲を刺激して脂肪の蓄積を促す成分が含まれており、太る原因になります。

身体によい代替品は、精製されていない自然の砂糖や甘味料です。ステビア、甘蔗糖、黒砂糖、はちみつ、ココナッツシュガー、キシリトールなどが挙げられます。

赤肉

肉が好きな人は、赤肉には飽和脂肪酸が多く含まれていることを知るべきです。そのため心疾患を発症するリスクが上がり、消費量を減らすことが望まれます。

一方で、消化に時間がかかるために、体への負担も大きくなります。そのため、食べる時には野菜も一緒に食べるようにしましょう。

精製炭水化物食品

精製食品はその過程で栄養分を失ってしまうため、最終的には体に有害なものになります。例えば、穀物には体に良い成分がたくさん含まれていても、精製の過程で有益な部分が取り除かれていきます。

精製された炭水化物食品を食べすぎると、血糖が上がり脂肪を蓄積しやすくなり、健康を大きく害します。そのため、できるだけ全粒を使ったものに変えることがお勧めです。

健康的な生活習慣を形作る上で重要なのが食事です。体の様々な機能を調節して正常に保つのを助けてくれる食べ物を供給しなければなりません。こうすることで健康な体を作り上げ、毎日の生活の質を向上することができます。

  • Cross, A. J., Ferrucci, L. M., Risch, A., Graubard, B. I., Ward, M. H., Park, Y., … Sinha, R. (2010). A large prospective study of meat consumption and colorectal cancer risk: An investigation of potential mechanisms underlying this association. Cancer Research. https://doi.org/10.1158/0008-5472.CAN-09-3929
  • Drewnowski, A., & Rehm, C. D. (2013). Sodium intakes of US children and adults from foods and beverages by location of origin and by specific food source. Nutrients. https://doi.org/10.3390/nu5061840
  • Ritchie, L. D., Spector, P., Stevens, M. J., Schmidt, M. M., Schreiber, G. B., Striegel-Moore, R. H., … Crawford, P. B. (2007). Dietary Patterns in Adolescence Are Related to Adiposity in Young Adulthood in Black and White Females. The Journal of Nutrition. https://doi.org/10.1093/jn/137.2.399
  • Qi, Q., Chu, A. Y., Kang, J. H., Jensen, M. K., Curhan, G. C., Pasquale, L. R., … Qi, L. (2013). Sugar-sweetened beverages and genetic risk of obesity. Obstetrical and Gynecological Survey. https://doi.org/10.1097/01.ogx.0000428186.98260.df