知らなかった!砂糖が大量に含まれている食品9選

多くの人に健康だと思われている食品の中にも実は大量の砂糖が含まれている食品があるのをご存知ですか? 砂糖の過剰摂取を予防するためにも、食品ラベルを必ず確認する習慣を身につけてください。

食品によっては、その見た目や名前から健康的な食品だと思われていても、実は大量に砂糖が含まれているものがあります。

適量の糖分は私たちの体に必要ですが、砂糖をはじめとする糖分の過剰摂取には注意が必要です。

世界保健機関(WHO)によると、砂糖の摂取量は、1日の総摂取カロリーの5%未満を目安にするのが良いと言われていますが、砂糖の過剰摂取は年々、健康被害の原因となっています。

また歯を丁寧に磨いていても虫歯になるリスクが高まります。

大切なのは運動を継続しながら、摂取する砂糖の量を正確に理解することです。

本記事では、皆さんが注意を払っていないけれど、実は大量に砂糖が含まれている食品についてご紹介します。

1. コーントルティヤ

 

トウモロコシから作るコーントルティヤは、小腹が空いた時などに食べる人気のメキシコ料理です。

一見するとカロリーは高くないように見えますが、大量の砂糖が含まれているため注意が必要です。メキシコ料理によく使われるこのコーントルティヤを食べる時は、シュガーフリーと呼ばれる砂糖が添加されていない製品を選ぶようにしてください。

2. ブラウンシュガー

多くの人がブラウンシュガーと呼んでいるのは、白色でない砂糖は健康に良いと考えられがちですし、たしかに含まれる栄養素や風味は白砂糖と異なります。しかしどれも「砂糖」です

健康が気になる方はステビアがおすすめです。

3.  アーモンドミルク

アーモンドミルクは健康に良いと評判のアーモンドから作る「ミルク」で、牛乳の代わりに飲む人が増えていますが、低カロリー飲料ではありません。

また砂糖を加えている製品も存在するため、購入前には必ず食品ラベルを確認し、適量を摂取するように心がけてください。

4. トマトソース

市販のトマトソースには砂糖が大量に含まれています。トマトそのものは健康維持に効果的な食品です。トマトソースはご家庭で手作りするのをお勧めします。

5. 全粒穀類のシリアル

シリアル、特に全粒穀類のシリアルは健康的な食品だと考えられがちですが、製品によっては砂糖が大量に含まれているものも存在します。

購入する前に必ず食品ラベルに目を通してください。

6. エナジーバー

エナジーバー、またはプロテインバーと呼ばれる市販の製品の多くには、タンパク質だけではなく砂糖が豊富に含まれています。1本に48g含まれる製品もあります。

そのため、これらの製品を避けるのがおすすめです。

7. クラッカー

塩味のクラッカーには、実は砂糖が大量に含まれているのをご存知ですか?

標準的なクラッカーを1週間に16枚程度食べると、体内には4g以上の砂糖が蓄積されます。

4gなら大丈夫と思うかもしれませんが、私たちはクラッカーだけを食べているのではありません。

他の食品から砂糖を摂取している上にクラッカーを食べると体内に入る砂糖の量が急上昇しますのでクラッカーを食べるときはご注意ください。

8. ナッツ類

ナッツ類は、非常に健康的な食品だと言われていますが、カロリーが高い食品なので食べる量には注意が必要です。

また市販品には、風味や味付けがされているため塩分や砂糖が大量に含まれているものが数多く存在します。ナッツ類を選ぶときは、砂糖が添加されていないものを選ぶように心がけてください。

9. ピーナッツバター

ピーナッツバターはお好きですか?

もちろん適量のピーナッツバターならば問題ありません。

ただしピーナッツバターには、大さじ4杯には砂糖が7g以上含まれている製品も少なくありません。

必ず食品ラベルを確認し、自分の健康を気遣い食べる量を減らしてください。

メインイメージ転載元© wikiHow.com