健康を気にするなら食べない方が良いもの6つ

· 7月 15, 2018

一見そうは見えなくても、私たちの健康にとって深刻な悪影響を及ぼす食品があります。健康のために食べない方が良い食べ物です。

残念ながら、スーパーマーケットでは様々な不健康な食品が販売されています。

広告では、それらの食品は準備が簡単で”健康的”であると宣伝されています。確かに、事前に調理されていて、いくつかの栄養素は含まれています。

問題は、私たちは食品ラベルをあまり注意して見ません。そのため、多くの食品が食品添加物を含んでいるということを見過ごしがちです。添加物は徐々に私たちの健康に悪影響を及ぼします。

多くの人が、食品がオーガニックかどうかよりも、そのカロリーを気にする傾向があります。これが、近年大きな問題になっている肥満や代謝疾患に影響を与えています。

どうやって食品の安全性を確かめれば良いのでしょうか?なぜそれらの不健康な食品を食べない方が良いのでしょうか?ぜひこの機会に食品の安全性について考え、特に6つの代表的な健康によくない食べ物を例に考えましょう。そして、あなたの食生活について見直してみてください。

1、加工肉

生にく

加工肉はその新鮮な見た目と美味しさから、消費者にとっては非常に魅力的な食品です。様々な料理とよく合い、調理時間も短く済むので使いやすく、人気があります。

しかし、加工肉に多く含まれるナトリウムを過剰摂取するとむくみや高血圧の原因になります。

また、加工肉は例えば亜硝酸塩や硝酸塩など、発がん性のある化学物質を含んでいます。

アドバイス

・加工肉の代わりに、新鮮な鶏肉、七面鳥、魚などを食べましょう。

2、フライドポテト

フライドポテトはとても美味しく、ちょっとお腹が空いた時に最適な食べ物です。しかし、フライドポテトは、飽和脂肪酸とナトリウム含量が非常に高いため、食べない方が良い食品の一つです。

フライドポテトを定期的に食べていると、コレステロール値が上昇し、新陳代謝も乱れてしまいます。さらにフライドポテトは非常にカロリーが高く太りやすい食べ物です。

アドバイス

・できれば、健康的にフライドポテトを楽しみたいですよね?油を減らしたり、焼いたりして、ぜひ自分で作ってみてください。

こちらもお読みください:ヘルシーで低カロリーなフライドポテトの作り方

3、シリアルバー

シリアルバー

シリアルバーは、空腹時に素早く食べることができ、”健康的”な食品として長年人気があります。

シリアルバーが穀物をたくさん含んでおり、栄養素も高いです。しかし、シリアルバーには多量の砂糖と化学成分が使われていることも事実です。これは、私たちの健康状態に悪影響を与える恐れがあります。

アドバイス

シリアルバーの代わりに、ナッツ、オーツ麦、種などを食べましょう

4、精製された植物油

植物油の過度な使用が世界中で広がっています。植物油の使用を完全にやめることはもはや不可能でしょう。

全ての植物油が悪いという訳ではありませんが、市場で宣伝されているようなものはほとんど精製されています。精製された油は、心臓血管や代謝の機能に悪影響を与える可能性がある危険な脂肪を含んでいます。

使わない方が良い油は、

・大豆、ヤシ、またはトウモロコシ油

・マーガリン、です。

アドバイス

・できる限り、植物油を使わなければならないレシピは避けた方が良いでしょう。代わりに、オリーブオイルを使ったり、食材を蒸したりしてみてください。

5、精白粉

小麦粉

精白粉は、そのまま売られているだけではなく、多種多様な食製品に使われ、販売されています。

消費者はそれが精製されたものであるということをあまり深くは考えません。しかし、これは栄養価に多大な悪影響を及ぼしています。

少量を消費する分にはあまり問題はありませんが、たくさん消費すると、体重増加、腹部の炎症、およびグルコース値が上がるなどの可能性があります。

アドバイス

・精白粉の代わりに、全粒小麦後およびそれを使った製品を使いましょう。または、ライ麦、ひよこ豆、ココナッツなどの粉を試してみてください。

6、缶詰食品

缶詰食品は、料理をする時間がない時にとても便利な製品です。準備がとても簡単で、美味しく、普通は賞味期限もとても長いです。

とても便利ですよね?でも、缶詰食品が通常どのように作られているのかをよく考えると、食べるのを躊躇してしまうかもしれません。

食品業界は、缶詰食品の栄養価の低さについてはもちろんあまり公にしていません。しかし、特に腸の健康状態に危険な化学物質を含んでいます。

アドバイス

・食事のプランを前もって考えて、オーガニックや新鮮な食材を買うようにしてください。

・缶詰食品を使うのはたまに、にしましょう。

缶詰食品をよく使っているという人は、ぜひ食習慣を考え直してくみてださい。缶詰食品の消費を減らして、より健康に良い食材に切り替えましょう。