食品専門家が絶対に口にしない10の食品

4月 26, 2018
信じられないかもしれませんが、私たちが毎日口にしている食品の中には、私たちの健康に有害なものや食べ方を間違えると健康に悪影響を与えるものがあります。

食品の専門家が決して口にしないような、適切な安全管理がされていない食品がいくつか存在します。

米国疾病対策センターで実施された調査によると、食品に媒介する病原菌が原因で何百万人もの人々が毎年病気になっていることが明らかになりました。

病気を発症する人の多くは入院し、中には食品が原因で命を落とす人もいます。

これは、不適切な食品の調理方法や処理方法により食べ物を通じて病原体が体内に侵入することが原因です。

ただし、病気の原因を突き止めるのは困難であり、研究者は一部の病気の原因を見つけることができません。

 

専門家が食べない食品のリスト

1. 未殺菌のジュースと牛乳

牛乳

ジュースや牛乳は、サルモネラ菌、大腸菌およびリステリア菌などのウイルス、または寄生虫および細菌に汚染されている可能性があります。

1993年から2006年の間に、未殺菌の生乳または乳製品を摂取したことが原因で、米国では約1,500人が病気になりました。

殺菌されていない生乳は、低温殺菌された乳製品よりも病気を引き起こす可能性が150倍高いと言われています。

ジュースや牛乳を飲むときは、製品ラベルに「低温殺菌」と表示されていることを確認してください。

2. 缶詰

缶詰の樹脂コーティングには、心臓の問題、糖尿病、および肥満に関連する毒性化学物質(BPA)が含まれているため非常に危険です。

  • この危険な物質を避けるためには、缶詰食品を避けることが最善です。
  • 新鮮な果物や野菜、特にトマトのような酸性の新鮮な野菜を食べることをお勧めします

3. 未調理のスプラウトともやしアルファルファ

 

いくつかの栄養専門家によれば、スプラウトと呼ばれるアルファルファやもやしは、生や新芽の状態では主にサルモネラおよび大腸菌に感染している可能性があります。

スプラウトと呼ばれる新芽はどのタイプも、種子に付着する細菌感染が拡大します。ただし、調理すれば感染の危険はありません。

4. 砂糖が大量に添加されたソフトドリンク

砂糖が大量に添加されたソフトドリンクは、体重増加を促進して肥満の原因になるだけではなく、空腹感を増長させるリスクが高まります。

世界保健機関(WHO)は、砂糖の摂取は1日に50グラム以内を推奨していますが、ソフトドリンクには、通常35グラムの砂糖が含まれています。

また砂糖の濃度が高いことに加えて、心臓血管の問題や2型糖尿病の可能性などの疾患を引き起こすソフトドリンクは、専門家が口にしない飲み物の一つです。

5. 生牡蠣と軟体動物

生牡蠣

軟体動物そして牡蠣は特に、中毒を引き起こす原因の一つです。

牡蠣は、海中でのすべてを吸収します。つまり海中の多くの細菌を吸収している牡蠣を生のまま食べると、それらの細菌を自分の体内に取り入れることになります。

専門家たちはそこまでのリスクを冒して生牡蠣を食べる必要はないと考えています。

 

6.リンゴ

リンゴの各品種はその特有の風味を維持するため、殺虫剤で燻蒸されることがあります。

  • 燻蒸に使用される農薬や化学物質が、パーキンソン病と関連していることが明らかになっています。
  • 有機栽培のリンゴを食べるのが最善です。
  • 有機栽培ではないリンゴを食べるときは、中性石鹸とブラシでよく洗ってから食べてください。

7. 生卵または半熟卵

生卵

卵の栄養価は生で食べることで増えるという栄養士もいますが、食品の専門家は生や半熟の卵にはサルモネラ菌が含まれているため、感染のリスクを考えると非常に危険だと警告しています。

8.有機栽培ではないジャガイモ

有機栽培ではないジャガイモは、成長期に殺菌剤で処理され、収穫前に除草剤が散布されている可能性があります。また収穫後には発芽を避けるために、再び処理されるものもあります。

このような処理をされたジャガイモは、洗うだけでは表面についた化学物質を落とすことができません。

そのため、有機ジャガイモを購入することをお勧めします。

9. 電子レンジで作るポップコーン

ポップコーン

2009年にカリフォルニア大学で実施された調査によると、電子レンジで作るポップコーンの袋の裏側には不妊症と関連があるとされるパーフルオロオクタン酸(PFOA)などの化学物質が含まれていることが明らかになりました。

  • 様々な検査が実施された結果、肝臓に損傷を与え、精巣の問題や膵臓癌を引き起こす化学物質が検出されました。
  • 電子レンジで作るポップコーンの問題点はマイクロ波が化学物質を蒸発させてポップコーンを作ることで、 この化学物質は何年もの間、体内に蓄積されます。
  • 有機栽培のポップコーンを使用し、フライパンで調理することで、この問題は回避することができます。

10.遺伝子組み換え大豆

健康的な食品として知られている大豆の問題点は、米国で栽培されている大豆の94%が遺伝子組換えであることです。

大豆、特に遺伝子組み換え大豆に多く含まれると言われるグリホサートは、哺乳動物のDNAおよび染色体ならびにヒト細胞の損傷を引き起こす可能性があることで知られています。

そのため、発酵させるなどの処理方法でない限り遺伝子組換え大豆の消費はお勧めできません。

あなたへおすすめ