グルコースとコレステロールに効果的なシナモンティー

16 3月, 2019
シナモンは古くから料理用スパイス、また薬として使われていて、様々な効能があると言われています。

シナモンは、グルコースコレステロールを下げるのに役立ちます。また、化学物質を含まないので、自然療法にはピッタリです。

シナモンはどの様にグルコースを下げるのか。

シナモンは世界中で使われているごく一般的な調理スパイスで、焼き物、ケーキやスムージーに加えて使われています。その他にも、様々な病気に効果があるので、自然療法として使うのに、とてもお勧めです。

ある研究で、2型糖尿病患者70人を対象に、一日に約6gのシナモン摂取を40日間続けてもらったところ、それぞれの患者のグルコースが29%下がったとの結果が出ました。

シナモンはコレステロールにどの様に働くのか。

シナモンは、「悪玉コレステロース」に対して優れた効果があります。コレステロールが高い患者が、先で述べた研究と同様、一日に約6gのシナモン摂取を40日間続けたところ、コレステロールが下がったことが実証されました。

シナモンのその他の効用

  • シナモンには弱った胃腸の働きを活発にする働きがあるため、胸焼けや消化不良の症状がある際に効果的です。また、シナモンに含まれる油分によって食物の分解が促されるので、消化が良くなります。
  • 糖質の多い食事にシナモン小さじ1杯を加えると、急激に血糖値が上がるのを防ぐことができます。
  • 抗菌作用があると言われており、風邪やインフルエンザに対する抵抗力が高まります。また、雑菌や細菌の増殖を防ぐ働きがあります。
  • 鼻水の症状を抑える作用がありますシナモン入りの温かい飲み物を飲むと、風邪やインフルエンザの症状、特に煩わしい鼻水の症状を抑えます。しょうがと組み合わせるとより効果的です。

こちらもご参考に:
シナモンハチミツ茶の減量効果

シナモンをどの様に摂取するのか。

シナモン

シナモンは、スパイスなので色々な方法で取り入れることが出来ます。ケーキや飲み物に加えてもいいですし、煎じて美味しいお茶を作っても良いでしょう。

シナモンティーの作り方は、まず、1カップの水を沸かしてシナモンスティックを入れるか、シナモンパウダーをテーブルスプーン1杯加えます。その後、数分間置いてから蜂蜜などで甘みを付けて飲みましょう。

その他の方法として、コーヒー、ジュース、シリアルやいつも飲んでいるその他の飲料に少量加えてもとても美味しくなります。

ご存知でしたか?:
美しく健康な髪を作る4種類のシナモンヘアマスク

シナモンは手軽に購入出来て価格もお手頃なので、常に自宅に置いておくことが可能です。シナモンパウダーよりもシナモンスティックの方が効果があるので、なるべくシナモンスティックを購入するようにしましょう。

ただし、いくらシナモンがグルコースとコレステロールを下げる効果があるからと言って、医師が処方した薬を辞めてはいけません。これは自然療法なので、処方された薬と共に実践していきましょう。

  • Khan, A., Safdar, M., Ali Khan, M. M., Khattak, K. N., & Anderson, R. A. (2003). Cinnamon Improves Glucose and Lipids of People with Type 2 Diabetes. Diabetes Care26(12), 3215–3218. https://doi.org/10.2337/diacare.26.12.3215
  • Mang, B., Wolters, M., Schmitt, B., Kelb, K., Lichtinghagen, R., Stichtenoth, D. O., & Hahn, A. (2006). Effects of a cinnamon extract on plasma glucose, HbA1c, and serum lipids in diabetes mellitus type 2. European Journal of Clinical Investigation36(5), 340–344. https://doi.org/10.1111/j.1365-2362.2006.01629.x
  • Gruenwald, J., Freder, J., & Armbruester, N. (2010). Cinnamon and health. Critical Reviews in Food Science and Nutrition50(9), 822–834. https://doi.org/10.1080/10408390902773052