体に良くない4つの高カロリーな飲み物

· 8月 13, 2015

不健康だと知りながらもついつい甘いジュースを飲んでしまう…そんなことはありませんか?ですが、糖分がたっぷり入ったドリンク類は、飲みすぎると実際に深刻な健康問題を引き起こしかねません。カロリーは心配すべき要素の1つで、様々な健康問題を起こします。代表的なものは肥満で、世界的な問題となっています。また、心循環系の病気も起こしかねません。

そこで今回は、健康に悪い飲み物の中でも特に高カロリーな飲み物を4種類ご紹介します。

ソフトドリンク

コーラやソーダなどのソフトドリンクは間違いなく健康を害する飲み物です。なぜなら、ソフトドリンクは非常に多くの糖分とカロリーを含むからです。これらは肥満の原因となり、糖尿病も引き起こします。ソフトドリンクはできるだけ控えましょう。

こちらもお読みください『胃が痛いのはなぜ? 胃痛を通して体が出すSOS

アルコール

お酒を飲み過ぎるのも深刻な健康問題を引き起こします。お酒を飲むと、体内で化学反応が起こりアルコールが糖分へとかわります。従って、肥満を引き起こすのです。アルコールをソフトドリンクと混ぜてカクテルにして飲むことがありますが、どちらもカロリーや糖分が高く、とても体に悪いのです。

しかし、ワインなどのお酒は適度に飲むことで体に良い効果をもたらすという研究もあります。どうしてもお酒を飲み過ぎてしまう人は、おかわりの時に水を挟むことで消費を減らすことができるでしょう。

こちらもお読みくださいダイエットのためにお酒をやめるべき・・・?『』

ビール

ジュース

ジュースは本来健康的なものですが、糖分を多く含むものもあるので注意が必要です。オススメは、砂糖を加えずに自分で天然果汁のジュースを作ることです。どうしても甘さを加えたい方は、ステビア(ハーブの一種で天然甘味料)を使ったり、バナナやすいかなどの甘みの強いフルーツを使うと良いでしょう。

ミルクシェイク

ミルクシェイクはとてもおいしいですが、糖分とカロリーを多く含んでいます。ミルクシェイクは日本ではあまり飲まれないかもしれませんが、近年コーヒーチェーン店の人気によって、アイスクリームや生クリームをたっぷりと乗せた飲み物が人気となっています。暑い夏や疲れた時に飲みたくなりますが、控えめにしましょう。

ミルクシェイク

コーヒーショップの飲み物

近年のコーヒーショップでは、コーヒーだけでなく様々な種類の飲み物を買うことができます。コーヒー自体はカロリーが低いですが、それにシロップやクリームを加えた甘い飲み物はカロリーが高いので注意が必要です。またトッピングがされている飲み物も多く、日常的に飲む人は健康を害するおそれがあります。

いかがでしょうか。これらの飲み物は、日常的に飲んでいると思います。カロリーが高いということを知ることで、健康に気をつけながら上手に摂取しましょう。