脂肪肝に効くお茶とコーヒーの効果

· 7月 28, 2015
肝臓に中性脂肪が多く蓄積された状態を脂肪肝と呼びます。この脂肪肝にお茶やコーヒーが効果的なのをご存知ですか?

現代病のひとつである脂肪肝を発症する人の数が増えているため、最新の研究がすすめられています。

その中でも、お茶とコーヒーが脂肪肝の解消に役立つ強い味方であることが分かってきています。

本記事で詳しくご紹介します。

コーヒーとお茶は脂肪肝に効果的?

コーヒー肝臓

かつては、コーヒーを心臓血管系のトラブルと結び付け、医者がコーヒーや紅茶を飲まないように指示することが一般的でした。

しかし現在では、コーヒーとお茶が脂肪肝に効果的だという研究結果が発表されたため、風向きが変わってきました。

アメリカのデューク大学が発表した研究によると、コーヒーとお茶に含まれるカフェインが、肝臓の細胞に溜まった脂肪を解消するのに役立つことが明らかになりました。

この研究は、アメリカ肝臓学会の学術誌Hepatologyに発表されています。

こちらの記事もご参考に:体のデトックスをしてくれる6つのお茶

コーヒーとお茶の摂取目安量

コーヒー2

デューク大学の研究によると、一日4杯が理想的だとされています。

しかしここでいう一杯とは小さいコーヒーカップ一杯なので、一般的な大きめのマグカップの量に換算すると、コーヒーが2杯、お茶が1杯が摂取目安量だと言えます。

コーヒーを朝食に一杯また昼食後に一杯、午後にはお茶を一杯飲みます。

効果的なお茶の種類は紅茶や緑茶ですが、最近では、抗酸化物質の含有量が高い白茶が人気を集めています。

高血圧の場合は、脂肪肝の対策としてコーヒーを飲むのが適切かどうか、必ず医者に相談してください。コーヒーの摂取が高血圧には危険な場合もあります。

ご存知ですか?:コーヒーは1日何杯まで飲んでいい?

脂肪肝の予防と治療の仕方

自転車で出かける

適量のコーヒーを飲むことは、脂肪肝に効果があるだけではなく、糖尿病やパーキンソン病の症状を緩和し、記憶力を高めるのに役立つという研究結果が報告されています。

お茶は、抗酸化物質を豊富に含み、血液の循環を良くして悪玉コレステロール値を下げる効果があります。

コーヒー、お茶、そして健康的な食事

コーヒーやお茶の摂取に加えて、脂肪肝を解消するためには、バランスのとれた健康的な食事が欠かせません。

また揚げ物や加工食品、精製された小麦粉や糖質など、私たちの健康に有害とされる食品を毎日の食生活から取り除きながら、禁酒や禁煙といったライフスタイルの改善を行うことが大切です。

運動を取り入れる

コーヒーとお茶、そして健康的な食生活やライフスタイルに加えて、適度な運動が欠かせません。

運動を行うことで、血液により多くの酸素を供給し、心臓や筋肉の健康を強化するなど運動には多くの健康効果があります。

現代社会の最大の敵である座る時間の長い生活スタイルは、健康を害する危険因子の一つです。

毎日の食生活やライフスタイルを改善し、適度な運動を取り入れ、コーヒーとお茶を飲むことで、脂肪肝を解消するのに役立ちます。

自分を大切にするため、今この瞬間から、新たな一歩を踏み出しませんか?

参考サイト:全日本コーヒー協会