カルシウム欠乏症の対処法

カルシウム欠乏症は、体内に十分な量のカルシウムがないときに発症します。カルシウムは身体全体に大切なミネラルですが、特に、骨、歯、そして、心拍に重要な意味を持ちます。さらに、このミネラルは筋肉の収縮、神経やホルモンの働き、血圧の制御にも、とても重要です。

カルシウムの不足は何か症状を引き起こすのか?

一般的に、カルシウム欠乏症の症状は人によって違いますし、不足具合によっても違います。欠乏症を起こす原因とその要因について、説明します。

ごく稀に、カルシウム欠乏症が初期に症状を表すことがありますが、骨が弱くなり、骨折などが発生するようになってから気づくことが一般的です。

ほとんどの場合、症状は気づかないようなものであることもあり、気づくまでに何年もかかることもあります。気づいた頃には、骨粗しょう症が進行していることは、むしろとてもよくあることだと言えるでしょう。

症状の一例

  • 脊椎の骨折に伴う非常に大きな首や背中の痛み
  • 軽くぶつかっただけでも起こる深刻な骨折
  • 身長が減少し、その人はどんどん背が低くなっていきます
  • 背中が丸まり、脊柱の不自然な湾曲が起こります

カルシウム欠乏症の治療法

骨の中のカルシウム

最善の治療法は、体内に蓄えられたカルシウムを様々な方法で入れ替えることです。

  • カルシウム欠乏症だとわかったときに、まずすべきことは、カルシウムが豊富な食べ物を摂取することで、カルシウムの量を増やすことです。例えば、葉物の野菜、豆、ナッツ、シーフード、オレンジジュースなどです。
  • 服薬している薬を変えることも、利尿薬によって起こりがちな、継続的なカルシウムの喪失に関連していることがあります(これに関しては、自分の判断で行わず、必ず専門家に相談してください)。
  • 疲れすぎないような穏やかな運動を行う。
  • カルシウムのサプリメントを、ビタミンDリンとともに摂取する。栄養補助食品を摂取するときには、医療的なアドバイスを受けてください。自分の判断で行うと、健康を損なうとても深刻な合併症を引き起こすことがあります。