血糖値を下げる食品

3月 16, 2016
ニンニクは血糖値を安定させます。また、インスリンと同様の効果を持つ成分を含んでいます。

あなたの体が十分なインスリンを生産できなかったり、効率的に処理できない場合、血糖値が上昇します。その結果、めまいや疲労などの症状が発生し、極端な場合や 、それが長引いた場合は、糖尿病の発生につながる可能性があります。

高血糖値につながる様々な要因がありますが、糖や炭水化物の過剰摂取という偏った食生活が主な原因です。

高血糖値は、ストレスによる場合もありますが、運動不足、遺伝、特定の疾患、その他の結果としても生じ得ます。幸いなことに、高血糖値を低下させるために推奨されている、いくつかの食品があります

シナモン

このスパイスは、高血糖に非常に良い結果をもたらします。 栄養士であるリチャード・アンダーソンによると、1日小さじ1杯の粉末シナモンで、糖尿病患者の血糖値を減少させることができます。

シナモンを食べることで細胞のインスリン受容性が高まり、血糖をエネルギーに変換します。

脂肪分の多い魚

サーモン

脂肪分の多い魚は、心臓と心臓血管系全体の適切な機能に不可欠なオメガ3脂肪酸が豊富なので人気です。

それはまた、糖尿病患者のインスリン感受性を高めて、血糖値をコントロールする助けとなります。脂肪分の多い魚の中でお勧めは、サケ、イワシ、マグロ、サバ他です。

食物繊維

テキサス大学サウスウェスタンメディカルセンターの研究者が行った研究では、一日24〜50g食物繊維を摂取する人々の血糖値が大幅に改善することが分かりました。

実際、研究の参加者の一部で、食物繊維を多く含む食事は、糖尿病薬の服用と同様に効果がありました。

食物繊維は、様々な食品に含まれますが、果物、野菜、豆、玄米、全粒穀物を1日13品目食べることが推奨されます。

ニンニク

にんにく2

ニンニクは体の血糖の代謝を向上させ、インスリンと同様に作用する他の化合物が含まれています。日常的に生のニンニクを食べることは、1型または2型糖尿病患者の血糖値を低下させます。

野菜

より多くの野菜を食べることは、食物繊維、タンパク質、そして低カロリー低脂肪で血糖値のコントロールを助けるビタミン、ミネラルを体に供給し、糖尿病や心血管障害を防ぐのに役立ちます。

緑茶

研究によれば、脂肪分の多い食生活や座りがちな生活により引き起こされる慢性的な炎症は、心臓発作のリスクを増加させ、血糖を吸収する体の能力を阻止していると示しています。

緑茶は、インスリン感受性を増加させるため、糖尿病の患者によく見られる心血管障害を防止するのに役立ちます。

ナッツ

ナッツ

ナッツを定期的に食べることは、糖尿病患者の心臓の問題や心血管疾患のリスクを軽減します。ナッツには、血流内の過剰なグルコースを取り除くのを助ける、オメガ3必須脂肪酸が含まれています

さくらんぼ

サクランボは、インスリン抵抗性の問題を改善するアントシアニンを含み、血糖レベルを減少させ、炎症を軽減します。

炎症は、インスリンが体全体で正しく機能できないようにします。サクランボを定期的に食べると、インスリン生産を最適化し、時間をかけて血糖レベルを下げます。

赤ワイン

ワイン

適量の赤ワインは、腸によるグルコースの吸収を阻止することにより、血糖値を減らします。しかし全ての人に当てはまるとは限らないため、医者のアドバイスの下、適量を飲むことが重要です。

 

あなたへおすすめ