危険なダイエットと体からの警告サイン

15 12月, 2019
危険なダイエットは、過度な食事制限や低カロリーであることが多いです。このようなダイエットでは短期間で体重を落とすことができるかもしれませんが、実は健康へのリスクを伴っているのです。

最近では、科学的根拠がなく、短期間で体重を落とす危険なダイエットがたくさんあります。しかし、1つの食材に偏ったダイエットは、あなたを助ける代わりに深刻な健康問題を導く可能性があります。

今日はこのような危険なダイエットと警告サインについてご案内します。

流行しているダイエットが危険な理由

危険なダイエット

危険なダイエットとは、バランスが悪く、体が必要としている栄養素のすべてを摂取できないダイエットのことを指します。それどころか、良い点について過剰に紹介されているかもしれません。ダイエットに使用されている食材が悪いというわけではなく、問題は1つの食材の過剰摂取が体に良くないのです。(水でさえも、飲みすぎは体に良くありません。)

残念ながら、インターネット上では無責任な情報が出回っています。信じ難いほどに良いものには、実際裏があることが多いのです。早く体重を落とすほど、より早くリバウンドする傾向があります。ヨーヨーのように体重の増減を繰り返しているので、このような方法を「ヨーヨーダイエット」と言います。

長期間で考えた場合、このようなダイエットを実施している人は脂質異常症になる可能性があります。これは、血液中に含まれる脂質が多すぎる状態または低すぎる状態です。

奇跡のダイエットには、通常科学的根拠がありません。単に意見や主張であるだけで、その多くは危険なものです。

こちらもご参考に:鉄分不足が引き起こす症状

危険なダイエットの警告サイン

体から送られてくる警告サインにより、行っているダイエットが危険であるとすぐに気づくことができるでしょう。

  • 過剰な空腹:このようなダイエットでは過度な食事制限があり、常に満腹感を感じることがありません。
  • 抜け毛:ビオチンビタミンB7)不足であるサインです。さらに、白髪、赤くかさかさした肌、もろい爪、筋肉痛も引き起こされる可能性があります。
  • エネルギー不足:ビタミンCやビタミンB不足の場合、代謝がうまくいかなくなり無気力や眠気を伴います。
  • 頭皮のかゆみやフケ:体の潤滑剤として機能しているオメガ3脂肪酸などの必須脂肪酸不足であるサインです。
  • 口内炎:口内炎が繰り返しできる場合には、ビタミンB12不足を意味しています。この場合、鶏肉、赤身の肉、卵を食べましょう。
  • 手足のしびれ:葉酸(B9)などのビタミンB群不足であるサインです。さらに、B6とB12は不安、うつ、ホルモンの不安定さを引き起こす抹消神経の問題に関連しています。

危険なダイエットの結果

このように、食事制限がある低カロリーダイエットは、短期間で体重を落とす以上に失くすものがあります。

さらに、次のような健康リスクを伴います。

  • メタボリックシンドロームのリスクを高める。
  • 栄養失調およびビタミンとミネラル不足になる。
  • 食欲不振や過食症などの摂食障害を引き起こし、体重が増えるよりもさらに悪い結果をもたらす。

こちらもご参考に:砂糖への欲求をコントロールするための5つのヒント

健康的なダイエット

危険なダイエット

効果的で健康にリスクを与えないダイエットには、いくつかの特徴があります。

  • 体型、年齢、性別に応じて、ゆっくり減量できる計画を立てます。栄養不足にならずに減量するには、体重1キロあたり28カロリーを摂取しましょう。
  • 健康的に減量をするには、バランス良く栄養素を摂取する必要があります。
  • 神経系(脳、神経)、心臓、血液細胞(赤血球、白血球、血小板)が適切に機能するために、最低でも摂取カロリーの40~50%は炭水化物から摂取しましょう。
  • 摂取カロリーの20~30%は、肉、魚、卵、チーズ、ヨーグルト、ナッツ類などのタンパク質から摂取します。
  • 残りのカロリーは、動物性脂肪または植物性脂肪から摂取します。良質な脂質であれば、脂質は敵ではありません。そのため、硬化油(マーガリン、ショートニング、その他のトランス脂肪酸)は摂取しないようにしましょう。

まとめ

ダイエットを成功させるためには、時間をかけて段階的に行いましょう。短期間でのダイエットは健康に悪影響を及ぼします。

適切な材料で作られたものであれば、ケーキでさえも食べることができます。

また、ライフスタイルも変えてみましょう。ちょっとした習慣の変化が、人生を変えるのです。また、希望通りにダイエットが進まなくても、希望を失くさずに挑戦し続けましょう。

  • Carr AC, Maggini S. Vitamin C and Immune Function. Nutrients. 2017 Nov 3;9(11):1211
  • Langan RC, Goodbred AJ. Vitamin B12 Deficiency: Recognition and Management. Am Fam Physician. 2017 Sep 15;96(6):384-389.
  • Baladia E., Manera M., Basulto J., Las dietas hipocalóricas se asocian a una ingesta baja de algunas vitaminas: una revisión. Actividad Dietética, 2008.