ダイエット効果・肝臓を綺麗にする/スムージー

· 4月 22, 2016
家に篭りきりのダラダラした生活を送ったり、悪い生活習慣を持っていると、肝臓が弱くなり、体本来が持つ、肝臓を綺麗にするプロセスが上手く機能しなくなります。今日ご紹介するスムージーでデトックスを行いつつ、肝臓を保護しましょう。

あなたは肝臓の重要性や、健康な肝臓が体の新陳代謝を整え、体をうまく機能させるということを知っていますか?

カナダ肝臓基金によると、肝臓には500以上もの役割があるというのです。その主なものとして、以下のような働きがあります。

  • 感染症と闘う
  • 毒素を中和する
  • タンパク質やホルモンを生成する
  • 血糖値をコントロールする
  • 胆汁を作り出す
  • 血栓を形成する

肝臓は、肝臓自体を綺麗にし機能を調整することができる、という点も肝臓の素晴らしい機能の一つです。しかし残念ながら、肝臓が上手く機能しなくなるまでこのことに気がつかない人は非常に多いのです。

現代の忙しすぎるライフスタイル、栄養の乏しい食生活、エクササイズ不足などにより「肝臓が本来持つ」デトックス効果は失われつつあります。それによって肥満や慢性の病気の発症率が高くなっているのです。

近年は、肝臓の機能を整えるデトックス方法がより多く紹介されています。

ダイエットや肝臓を綺麗にするのにスムージーが良い理由

2-cleanse-the-liver

フルーツや野菜など自然の植物から作ったスムージーは、体内から毒素を取り除いて肝臓を綺麗にし、健康的に体重を減らすダイエット効果があるとして注目を集めています。

効果のあるフルーツや野菜を使ったスムージーを飲むと、肝臓の機能に働きかけ、新陳代謝を活発にし、脂肪が体内に蓄積されるのを防ぎます。

例え飲む量が十分でなかったとしても、含まれている栄養素のおかげで免疫系が強化され、エネルギーが体にみなぎり、様々な病気の予防になります。

肝臓を綺麗にするレモン、セロリ、パセリのスムージー

3-parsley

セロリやパセリといった緑の野菜には、ビタミン、ミネラル、抗酸化作用など大切な栄養素が豊富に含まれています。これらの栄養素がクレンジングを行い、フリーラジカルと闘ってくれるのです。

このレシピでは、まるで薬のような優れた効能のあるシトラスフルーツ、レモンと混ぜることによって免疫系に働きかけ、体の内部を綺麗にします。

材料

  • レモン 3個
  • パセリ(細かく切る) 1カップ
  • セロリ 5本
  • 水 1/2リットル

作り方

  • 全ての材料を入れ、滑らかになるまでブレンダーにかけます。

食事(朝食、昼食、夕食)の前に2杯ずつ飲みましょう。これを2日間続けます。

肝臓を綺麗にするパパイヤとレモンのスムージー

4-papaya-smoothie

パパイヤにはパパインと呼ばれる酵素が含まれており、このパパイン酵素は消化を促し肝機能を改善する作用を持っています。

レモン汁を加えることによって、体から老廃物を取り除き、ダイエット効果もあるデトックススムージーとなります。

材料

  • パパイヤ 1/2個
  • レモン汁 レモン1/2個分
  • 水 1カップ(200ml)

作り方

  • 全ての材料を入れ、滑らかになるまでブレンダーにかけます。

このスムージーは空腹時に飲みましょう。7日間連続で続け、その後10日間休憩します。

肝臓を綺麗にするニンジンと赤キャベツのスムージー

5-carrot-juice

ニンジンは、赤キャベツと組み合わせると素晴らしいデトックス効果が得られます。肝臓を綺麗にし、体が自ら毒素を取り除く力を促進します。

赤キャベツは、様々な慢性の病気から肝臓を守ってくれる野菜です。

材料

  • ニンジンジュース 1カップ(200ml)
  • 赤キャベツの葉 3枚

作り方

  • ニンジンと赤キャベツをを入れて、滑らかになるまでブレンダーにかけます。冷たくして飲みましょう。空腹時に飲むのがベストです。

このスムージーは、少なくとも7日間連続で飲みましょう。1ヶ月に2度行うと良いでしょう。

肝臓を綺麗にするビーツとクランベリーのスムージー

6-beet-juice

ビーツとクランベリーの組み合わせは、肝臓のむくみやもたれなどを解消し、ダイエットにも効果的です。

抗酸化作用とビタミンが肝機能を促進し、フリーラジカルから肝臓を守ってくれます。

材料

  • ビーツ 3個
  • クランベリー 1/2個(60g)
  • レモン汁 レモン1個分
  • 冷水もしくは氷

作り方

  • 皮付きのままビーツをジューサーに入れてジュース状にします。
  • クランベリーとレモン汁をブレンダーにかけます。
  • ビーツのジュースをクランベリーとレモン汁のジュースに加え、さらに数秒ブレンドします。

空腹時に飲むと、より効果的でしょう。