肝臓の調子が悪くなった時に/見られる症状

6月 7, 2016
肝臓を解毒するには、100%果汁ジュースや野菜スムージーなどの飲み物をたくさん摂るのが良いでしょう。こういった飲み物にはビタミンやミネラルがたくさん含まれているためです。これに加え、なるべく食物繊維をたくさん摂り、脂っこい食べ物を避けるようにした方が良いでしょう。

あなたもいつか肝臓肥大にかかるかもしれないということを心に留めておかなくてはいけません。この唯一無二の物言わぬ臓器が不調になったり肥大してしまうこと、それは誰にも起こりうることです。そして、もしかしたら自分もそうかもしれない、と疑うべき症状がいくつかあります。そこでこの記事で、あなた自身だけではなく家族のためにも、この病気について一度詳しく見ていきましょう。

そもそもなぜ肝臓が腫れてしまうのか?

fukutsuu

よく知られていることではありますが、肝臓は私たち人間の体にとって根幹をなす重要な役割を果たしています。例を挙げると、ビタミンの体内生成、有害物質の除去や解毒、アミノ酸と脂肪の体内レベルの最適化、などです。こういった働きは私たちの体が正常に機能するためにはとても重要な役割を果たしており、このおかげで私たちは健康な毎日を送ることができているのです。

でも時には、この働きが肝臓に過度の負荷をかけてしまい、うまく機能しなくなってしまう事があります。その結果、様々な不具合が起こるのです。

肝臓が腫れてしまう、いわゆる肝腫大になってしまう原因としては次のようなものが挙げられます。まず、ウィルスやバクテリアによるものです。他には栄養不足、脂肪の過剰摂取、飲み過ぎ、あるいは加工食品の摂りすぎ、過度の薬の服用、といった事が要因の時もあります。

ですのでこの機会に、肝臓肥大の原因について知り、どのような点に注意して生活すればよいか知っておくと良いでしょう。では以下に、具体的にその症状を見ていきましょう。

肝臓不調の症状

isha

1.風邪のような症状が長引く

肝臓が不調な時はまさにこのように、最初の数日はあたかも風邪を引いたかのような症状が続きます。具体例を挙げると、激しい疲労感、微熱がずっと続く、筋肉痛、吐き気…などです。ですが風邪と違うのは、日を追っても良くなるどころか悪化の一途をたどるという点です。

2.お腹が張って硬くなる

肝臓が腫れてきているせいでお腹も膨れてきて腹部が硬くなってきます。腹部の痛みに悩まされるようになり、食後満腹になってしまい、胃が重く不快な感じになります。吐き気がしたり消化不良だと感じる時もあるでしょう。

3.腸の不調

次によく見られるのが、便の色の変化で、白っぽくなってきます。これはウィルスが原因の場合に見られる症状です。そして尿の色に関しても、濃くなってきます。これは医師も良く指摘しているポイントです。

4.口の中が変な味がする

口の中が金属のような、苦い味がするようになります。今までなんともなかったごく普通の食物やその他の匂いが耐え難くなってしまい、そのために食欲も落ちます。食べなくなってしまったために唾液の分泌量が減った結果、口臭がひどくなってきます。これはとてもよく見られる症状です。

5.痛みと不快感

先に挙げた疲労感に加え、肋骨の辺りに強い不快感を感じるようになります。お腹の周りにホットプレートを常に抱えているようで、このせいで無気力になったり疲れやすく、そしていつも眠気がするようになってしまうのです。

6.肌の色の変化

これは危ない、という肝腫大の症状は、肌や白目の色が急に黄色味を帯びてきた場合です。こうなると黄疸症状が出ているということなので、何をおいても医者に急行しなければなりません。

肝臓不調か確かめるために受けるべき検査は?

ご心配に及びません。大抵の肝臓の不調は治す事ができるものです。まず医者は、あなたの肝臓がどのくらい腫れているのかを探ろうとするでしょう。次にレントゲン撮影をして、実際にどれほど肝臓が肥大しているかを確かめます。場合によっては腹部超音波検査を受けることもあります。ですがこういった検査には特に痛みや不快感はありません。

さらなる検査としてはMRI*(磁気共鳴画像)検査があります。この場合、病原を特定するために造影剤を注射しなければなりません。ですがこれもご心配には及びません。昨今の医師は肝臓の疾患を治すためのより良い治療法を様々に学んでいるからです。

肝臓の腫れを改善するちょっとした知恵tanpopocha

医師による治療以外にも、日常生活の中でできる肝臓治癒のためのちょっとした工夫がありますので、そちらもご紹介しましょう。心に留めておくと良いでしょう。

・果汁100%のジュースや野菜スムージーなどの食物繊維と水分を十分に摂ると良いでしょう。そして赤身の肉、牛乳、油分が多過ぎる食べ物、調味料や添加物の多過ぎる食物を避けましょう。

オオアザミの摂取:ある種の薬草は肝臓疾患に薬効作用があり、その一つがオオアザミです。解毒し、細胞を再生化するとともに肝臓の腫れを軽減するのです。自然食品店でサプリメントやティーバッグのタイプで売っているので、毎日飲むようにすれば肝臓の調子が良くなるでしょう。

緑茶:緑茶には驚くほどたくさんの健康に良い効能があることはよく知られています。消化を助ける作用、利尿作用、炎症の抑制、抗酸化作用などです。そして手軽にティータイムに飲めますので、習慣にするにはもってこいです。

タンポポ:どのお家の庭にもタンポポはあるのではないでしょうか?実はこの植物には肝臓の解毒作用があるのです。あたかも香油のようで、毎昼食後に摂ると良いでしょう。疑うなかれ、シンプルですが確実に効果のある治癒法の一つなのです。

あなたへおすすめ